AWS IoT Analytics の SQL 式 - AWS IoT Analytics

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Analytics の SQL 式

データセットは、データストアのデータで SQL 式を使用して生成されます。AWS IoT Analytics では、Amazon Athena と同じ SQL クエリ、関数、および演算子を使用しています。

AWS IoT Analytics では、ANSI 標準 SQL 構文のサブセットがサポートされています。

SELECT [ ALL | DISTINCT ] select_expression [, ...] [ FROM from_item [, ...] ] [[ INNER | OUTER ] LEFT | RIGHT | FULL | CROSS JOIN join_item [ ON join_condition ]] [ WHERE condition ] [ GROUP BY [ ALL | DISTINCT ] grouping_element [, ...] ] [ HAVING condition ] [ UNION [ ALL | DISTINCT ] union_query ] [ ORDER BY expression [ ASC | DESC ] [ NULLS FIRST | NULLS LAST] [, ...] ] [ LIMIT [ count | ALL ] ]

パラメータの説明については、Amazon Athena のドキュメントの「パラメータ」を参照してください。

AWS IoT Analytics と Amazon Athena では、以下の機能はサポートされていません。

  • WITH

  • CREATE TABLE AS SELECT ステートメント

  • INSERT INTO ステートメント

  • プリペアドステートメント (EXECUTEUSING では実行できません。)

  • CREATE TABLE LIKE

  • DESCRIBE INPUT および DESCRIBE OUTPUT

  • EXPLAIN ステートメント

  • ユーザー定義関数 (UDF または UDAF)。

  • ストアドプロシージャ

  • フェデレーションコネクタ