AWS IoT Events のベストプラクティス - AWS IoT Events

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Events のベストプラクティス

AWS IoT Events から最大の利点を得るには、これらのベストプラクティスに従ってください。

Amazon を有効にします CloudWatch 開発時のロギングAWS IoT Events検出器モデル

アマゾン CloudWatch のモニタリングAWSリソースおよびで実行しているアプリケーションAWSリアルタイムに把握できます。と CloudWatchを使って、リソース使用率、アプリケーションパフォーマンス、オペレーションの正常性をシステムワイドに把握できます。開発またはデバッグするときAWS IoT Events検出器モデル、 CloudWatch何がわかるか助けになるAWS IoT Events実行中であり、発生したすべてのエラー。

を有効化するには CloudWatch

  1. まだ知識がない場合は、「」の手順に従ってくださいAWS IoT Events の許可を設定するは、作成および管理するためのアクセス許可を付与する、アタッチされたポリシーを持つロールを作成します CloudWatch の ログAWS IoT Events。

  2. AWS IoT Events コンソールで、左上隅にあるメニューアイコンを選択して、ナビゲーションペインを開きます。

    [Getting Started] (スタート方法) ページにいる場合は、右上にある X を選択してそのページを閉じ、[Detector model palette] (ディテクターモデルパレット) へ進んでください。左上隅のメニューアイコンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで [Settings] (設定) を選択します。

  4. [Settings] (設定) ページで、[Edit] (編集) を選択します。

  5. [Edit logging options] (ログ記録オプションの編集) ページで、以下の操作を行います。

    1. [Level of verbosity] (詳細レベル) を選択します。

    2. [Select role] (ロールを選択) で、選択したログ記録アクションを実行するのに十分な許可を持つロールを選択します。

    3. [] を選択した場合デバッグ向けの詳細レベル[] を選択することもできますモデルオプションを追加そして、ディテクターモデル名および (オプション)KeyValueをクリックして、ログに記録する検出器モデルと特定の検出器 (インスタンス) を指定します。

    4. [Update] (更新) を選択します。

    ログオプションが正常に更新されました。

AWS IoT Events コンソールで作業する場合は、定期的に公開してディテクターモデルを保存してください

AWS IoT Events コンソールを使用すると、進行中の作業がブラウザ にローカルに保存されます。ただし、ディテクータモデルを AWS IoT Events に保存するには、[Publish] (発行)を選択する必要があります。ディテクターモデルを発行すると、発行された作業結果は、自分のアカウントへアクセスしているどのブラウザでも利用できるようになります。

注記

作業結果を発行しないと、保存はされません。ディテクターモデルを一旦発行すると、名前を変更することはできません。ただし、その定義を変更し続けることができます。

長期間の非アクティブによるデータ損失の可能性を回避するために、AWS IoT Events データを保存する

AWS IoT Events を長期間使用しない場合、ディテクターモデルを含むデータが自動的に削除される可能性があります。かなりの期間は、例えば、料金が発生せず、ディテクターモデルを作成しないことを意味する場合があります。ただし、少なくとも 30 日前に通知することなく、データまたはディテクターモデルを削除することはありません。長期間データを保存する必要がある場合は、AWS ストレージサービスの利用をお勧めします。