countOver - Amazon QuickSight

countOver

countOver 関数は、ディメンションのリストでパーティション分割されたディメンションまたはメジャーの数を計算します。

構文

括弧が必要です。省略可能な引数については、次の説明を参照してください。

countOver ( measure or dimension field ,[ partition_field, ... ] ,calculation level )

引数

measure or dimension field

計算を実行するメジャーまたはディメンション(例: sum({Sales Amt}))。計算レベルが NULL または POST_AGG_FILTER に設定されている場合は、集計を使用します。計算レベルが PRE_FILTER または PRE_AGG に設定されている場合は、集計を使用しないでください。

partition field

(省略可能) パーティション分割する 1 つ以上のメジャーおよびディメンション。コンマで区切って入力します。

複数の単語の場合は、リスト内の各フィールドを {} (中括弧) で囲みます。リスト全体は [ ] (角括弧) で囲まれます。

calculation level

(オプション)使用する計算レベルを指定します。

  • PRE_FILTER - 事前フィルター計算は、データセットフィルターの前に計算されます。

  • PRE_AGG - 事前集計計算は、集計と上位および下位の N フィルターをビジュアルに適用する前に計算されます。

  • POST_AGG_FILTER - (デフォルト) テーブルの計算は、ビジュアルが表示されるときに処理されます。

空白の場合、この値はデフォルトで POST_AGG_FILTER です。詳細については、「Amazon QuickSight でのレベルアウェア計算の使用」 を参照してください。

次の例では、Sales​ および City​ でパーティション分割された State​ の数を取得します。

countOver ( Sales, [City, State] )

次の例では、{County}​ および City​ でパーティション分割された State​ の数を取得します。

countOver ( {County}, [City, State] )

Billed AmountCustomer Region の数を以下の例に示します。テーブル計算のフィールドは、ビジュアルのフィールドウェルにあります。

countOver ( sum({Billed Amount}), [{Customer Region}] )

この例の結果を次のスクリーンショットで示します。他に含まれているフィールドがないため、各リージョンの数は 1 です。

フィールドを追加すると、数が変化します。次のスクリーンショットでは、Customer Segment および Service Line が追加されています。これらのフィールドのそれぞれに 3 つの一意の値が含まれています。3 つのセグメント、3 つのサービスライン、3 つのリージョンで、計算フィールドには 9 と表示されます。

さらに 2 つのフィールドを追加して計算フィールドでフィールドをパーティション分割 (countOver( sum({Billed Amount}), [{Customer Region}, {Customer Segment}, {Service Line}]) すると、数は行ごとに再び 1 になります。