Cassandra .NET Core クライアントドライバーを使用した Amazon Keyspaces へのプログラムアクセス - Amazon Keyspaces (Apache Cassandra 向け)

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Cassandra .NET Core クライアントドライバーを使用した Amazon Keyspaces へのプログラムアクセス

このセクションでは、.NET Core クライアントドライバーを使用して Amazon Keyspaces に接続する方法について説明します。セットアップ手順が環境やオペレーティングシステムによって異なるため、状況によっては手順の変更が必要になることがあります。Amazon Keyspaces では、クライアントとの安全な接続を確保するために Transport Layer Security (TLS) を使用する必要があります。TLS を使用して Amazon Keyspaces に接続するには、Starfield デジタル証明書をダウンロードし、TLS が使用されるようにドライバーを設定する必要があります。

  1. Starfield 証明書をダウンロードしてローカルディレクトリに保存します。その際にパスを書き留めておいてください。以下の例では PowerShell を使用します。

    $client = new-object System.Net.WebClient $client.DownloadFile("https://certs.secureserver.net/repository/sf-class2-root.crt","path_to_file\sf-class2-root.crt")
  2. NuGet コンソールを使用して、NuGet から CassandraCSharpDriver をインストールします。

    PM> Install-Package CassandraCSharpDriver
  3. 次の例では、.NET Core C# コンソールプロジェクトを使用して &MCS; に接続し、クエリを実行します。

    using Cassandra; using System; using System.Collections.Generic; using System.Linq; using System.Net.Security; using System.Runtime.ConstrainedExecution; using System.Security.Cryptography.X509Certificates; using System.Text; using System.Threading.Tasks; namespace CSharpKeyspacesExample { class Program { public Program(){} static void Main(string[] args) { X509Certificate2Collection certCollection = new X509Certificate2Collection(); X509Certificate2 amazoncert = new X509Certificate2(@"path_to_file\sf-class2-root.crt"); var userName = "ServiceUserName"; var pwd = "ServicePassword"; certCollection.Add(amazoncert); var awsEndpoint = "cassandra.us-east-2.amazonaws.com" ; var cluster = Cluster.Builder() .AddContactPoints(awsEndpoint) .WithPort(9142) .WithAuthProvider(new PlainTextAuthProvider(userName, pwd)) .WithSSL(new SSLOptions().SetCertificateCollection(certCollection)) .Build(); var session = cluster.Connect(); var rs = session.Execute("SELECT * FROM system_schema.tables;"); foreach (var row in rs) { var name = row.GetValue<String>("keyspace_name"); Console.WriteLine(name); } } } }

    使用に関する注意事項:

    1. "path_to_file/sf-class2-root.crt" を、最初のステップで保存した証明書へのパスに置き換えてください。

    2. ServiceUserNameServicePassword が、サービス固有の認証情報を生成する の手順に従ってサービス固有の認証情報を生成したときに取得したユーザー名とパスワードと一致していることを確認してください。

    3. 利用可能なエンドポイントのリストについては、「Amazon Keyspaces のサービスエンドポイント」を参照してください。