LF タグの作成 - AWS Lake Formation

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

LF タグの作成

すべての LF タグは、使用前に Lake Formation で定義される必要があります。LF タグは、キーと、キーに対する 1 つ以上の可能な値で構成されます。

データレイク管理者が LF タグ作成者ロールに必要な IAM アクセス許可と Lake Formation アクセス許可を設定したら、プリンシパルは LF タグを作成できます。LF タグ作成者は、LF タグの任意のタグ値を更新または削除したり、LF タグを削除したりする暗黙的なアクセス許可を取得します。

LF タグは、 AWS Lake Formation コンソール、API、または AWS Command Line Interface () を使用して作成できますAWS CLI。

Console
LF タグを作成するには
  1. Lake Formation コンソール (‭‬https://console.aws.amazon.com/lakeformation/‬)を開きます。

    LF タグ作成者アクセス許可を持つプリンシパルまたはデータレイク管理者としてサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[LF タグとアクセス許可] の [LF タグ] を選択します。

    [LF-Tags] (LF タグ) ページが表示されます。

    このページには、[キー]、[値]、[所有者アカウント ID]、[LF タグアクセス許可] という列見出しを持つ 4 列のテーブルがあります。テーブルには 3 つの行があります。テーブルの上には、[削除] (グレー表示)、[編集] (グレー表示)、および [タグの追加] という 4 つのボタンが水平に配置されています。このページには、「Find tag」(タグを検索) というプレースホルダーテキストが表示されている検索フィールドもあります。検索フィールドの右側には、左方向ボタンと右方向ボタンの間に値「1」が表示されたページセレクターと、設定アイコンがあります。
  3. [Add LF-Tag] (LF タグを追加) を選択します。

  4. [Add LF-Tag] (LF タグの追加) ダイアログボックスで、キーと、1 つまたは複数の値を入力します。

    各キーには、少なくとも 1 つの値が必要です。複数の値を入力するには、カンマ区切りのリストを入力してから [Enter] キーを押すか、一度に 1 つの値を入力し、入力するたびに [Add] (追加) を選択します。許可される値の最大数は 1000 です。

  5. [Add tag] (タグを追加) を選択します。

AWS CLI
LF タグを作成するには
  • create-lf-tag コマンドを入力します。

    次の例は、キー module と値 Customers および Orders を持つ LF タグを作成します。

    aws lakeformation create-lf-tag --tag-key module --tag-values Customers Orders

タグ作成者になると、プリンシパルは、この LF タグに対する Alter アクセス許可を取得し、この LF タグの任意のタグ値を更新または削除できます。LF タグ作成者プリンシパルは、この LF タグのタグ値を更新および削除する Alter アクセス許可を他のプリンシパルに付与することもできます。