LF タグの作成 - AWS Lake Formation

LF タグの作成

すべての LF タグは、使用前に Lake Formation で定義される必要があります。LF タグは、キーと、キーに対する 1 つ、または複数の可能な値で構成されます。LF タグを作成できるのは、データレイク管理者のみです。

LF タグは、AWS Lake Formation コンソール、API、または AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して作成することができます。

Console
LF タグを作成する
  1. Lake Formation コンソール (‭‬https://console.aws.amazon.com/lakeformation/‬)を開きます。

    データレイク管理者としてサインインします。

  2. ナビゲーションペイン の[Permissions] (許可) で [LF-Tags] (LF タグ) を選択します。

    [LF-Tags] (LF タグ) ページが表示されます。

    
                  このページには、列の見出しが [Key] (キー)、[Values] (値)、および [Owner account ID] (所有者アカウント ID) になっている 3 列の表があります。テーブルには 3 つの行があります。表の上には、ページの再ロード、[Delete] (削除) (グレー表示)、[Edit] (編集) (灰色表示)、および [Add Tag] (タグを追加) の 4 つのボタンが水平に配置されています。このページには、「Find tag」(タグを検索) というプレースホルダーテキストが表示されている検索フィールドもあります。検索フィールドの右側には、左方向ボタンと右方向ボタンの間に値「1」が表示されたページセレクターと、設定アイコンがあります。
  3. [Add tag] (タグを追加) を選択します。

  4. [Add LF-Tag] (LF タグの追加) ダイアログボックスで、キーと、1 つまたは複数の値を入力します。

    各キーには、少なくとも 1 つの値が必要です。複数の値を入力するには、カンマ区切りのリストを入力してから [Enter] キーを押すか、一度に 1 つの値を入力し、入力するたびに [Add] (追加) を選択します。許可される値の最大数は 1000 です。

  5. [Add tag] (タグを追加) を選択します。

AWS CLI
LF タグを作成する
  • create-lf-tag コマンドを入力します。

    以下の例は、キーが module で、値が CustomersOrders の LF タグを作成します。

    aws lakeformation create-lf-tag --tag-key module --tag-values Customers Orders