ListEventSourceMappings - AWS Lambda

ListEventSourceMappings

イベントソースマッピングを一覧表示します。EventSourceArnを指定して、単一のイベントソースのイベントソースマッピングのみを表示します。

リクエストの構文

GET /2015-03-31/event-source-mappings/?EventSourceArn=EventSourceArn&FunctionName=FunctionName&Marker=Marker&MaxItems=MaxItems HTTP/1.1

URI リクエストパラメータ

リクエストでは、次の URI パラメータを使用します。

EventSourceArn

イベントソースの Amazon リソースネーム (ARN)。

  • Amazon Kinesis - データストリームまたはストリームコンシューマーの ARN。

  • Amazon DynamoDB Streams - ストリームの ARN。

  • Amazon Simple Queue Service - キューの ARN。

  • Amazon Managed Streaming for Apache Kafka - クラスターの ARN。

Pattern: arn:(aws[a-zA-Z0-9-]*):([a-zA-Z0-9\-])+:([a-z]{2}(-gov)?-[a-z]+-\d{1})?:(\d{12})?:(.*)

FunctionName

Lambda 関数の名前。

名前の形式

  • 関数名 - MyFunction.

  • 関数 ARN - arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyFunction.

  • バージョンまたはエイリアス ARN - arn:aws:lambda:us-west-2:123456789012:function:MyFunction:PROD.

  • 一部の ARN - 123456789012:function:MyFunction.

完全な ARN にのみ適用される長さの制限。関数名のみを指定する場合、64 文字の長さに制限されます。

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 140 です。

Pattern: (arn:(aws[a-zA-Z-]*)?:lambda:)?([a-z]{2}(-gov)?-[a-z]+-\d{1}:)?(\d{12}:)?(function:)?([a-zA-Z0-9-_]+)(:(\$LATEST|[a-zA-Z0-9-_]+))?

Marker

以前の呼び出しから返されたページ割りトークン。

MaxItems

返されるイベントソースマッピングの最大数。ListEventSourceMappings は、数値を高く設定しても各レスポンスで最大 100 項目しか返さないことに注意してください。

値の範囲: 最小値 は 1 です。最大値は 10,000 です。

リクエストボディ

リクエストにリクエストボディがありません。

レスポンスの構文

HTTP/1.1 200 Content-type: application/json { "EventSourceMappings": [ { "BatchSize": number, "BisectBatchOnFunctionError": boolean, "DestinationConfig": { "OnFailure": { "Destination": "string" }, "OnSuccess": { "Destination": "string" } }, "EventSourceArn": "string", "FunctionArn": "string", "FunctionResponseTypes": [ "string" ], "LastModified": number, "LastProcessingResult": "string", "MaximumBatchingWindowInSeconds": number, "MaximumRecordAgeInSeconds": number, "MaximumRetryAttempts": number, "ParallelizationFactor": number, "Queues": [ "string" ], "SelfManagedEventSource": { "Endpoints": { "string" : [ "string" ] } }, "SourceAccessConfigurations": [ { "Type": "string", "URI": "string" } ], "StartingPosition": "string", "StartingPositionTimestamp": number, "State": "string", "StateTransitionReason": "string", "Topics": [ "string" ], "TumblingWindowInSeconds": number, "UUID": "string" } ], "NextMarker": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

EventSourceMappings

イベントソースマッピングのリスト。

タイプ: EventSourceMappingConfiguration オブジェクトの配列

NextMarker

レスポンスにすべてのイベントソースマッピングが含まれていない場合に返されるページ割りトークン。

型: 文字列

Errors

InvalidParameterValueException

リクエストに含まれているパラメータの 1 つが無効です。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

リクエストで指定されたリソースは存在しません。

HTTP ステータスコード: 404

ServiceException

AWS Lambda サービスで内部エラーが発生しました。

HTTP ステータスコード: 500

TooManyRequestsException

リクエストスループット制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 429

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください。