AWS Lambda アプリケーション - AWS Lambda

AWS Lambda アプリケーション

AWS Lambda アプリケーションは、Lambda 関数、イベントソース、その他のリソースを組み合わせたもので、協調して動作することによりタスクを実行します。AWS CloudFormation および他のツールを使用すると、アプリケーションのコンポーネントを単一パッケージに収集して、1 つのリソースとしてデプロイし管理できます。アプリケーションは Lambda プロジェクトを移植して、AWS CodePipeline、AWS CodeBuild、AWS Serverless Application Model Command Line Interface (SAM CLI) などの追加のデベロッパーツールと統合できるようにします。

AWS Serverless Application Repositoryでは、数クリックでアカウントにデプロイできる Lambda アプリケーションのコレクションを提供しています。リポジトリには、独自のプロジェクトの開始点として使用できるアプリケーションとサンプルのいずれも含まれています。また、独自のプロジェクトを含めるように送信することもできます。

AWS CloudFormation では、アプリケーションのリソースを定義するテンプレートを作成し、アプリケーションをスタックとして管理できるようにします。アプリケーションスタックのリソースをより安全に追加または変更できます。更新の一部が失敗した場合、AWS CloudFormation は自動的に前の設定にロールバックします。AWS CloudFormationパラメータを使用すると、同じテンプレートからアプリケーションの複数の環境を作成できます。AWS SAMは、Lambda アプリケーション開発に重点を置いたシンプルな構文で AWS CloudFormation を拡張します。

AWS CLIおよび SAM CLI は、Lambda アプリケーションスタックを管理するためのコマンドラインツールです。AWS CloudFormation API でアプリケーションスタックを管理するコマンドに加えて、AWS CLI は、デプロイパッケージのアップロードやテンプレートの更新などのタスクを簡素化する高レベルのコマンドをサポートしています。AWS SAM CLI では、テンプレートの検証やローカルテストを含む追加の機能性を提供します。

アプリケーションを作成するときは、CodeCommit または GitHub への AWS CodeStar 接続を使用して、Git リポジトリを作成できます。CodeCommit を使用すると、IAM コンソールでユーザーの SSH キーと HTTP 認証情報を管理できます。AWS CodeStar 接続を使用すると、GitHub アカウントに接続できます。接続の詳細については、デベロッパーツールコンソールのユーザーガイド接続とはをご参照ください。

Lambda アプリケーション設計の詳細については、Lambda オペレータガイドの「アプリケーション設計」を参照してください。