AWS Lambda
開発者ガイド

C# の AWS Lambda Context オブジェクト

Lambda で関数が実行されると、コンテキストオブジェクトはハンドラに渡されます。このオブジェクトは、呼び出し、関数、および実行関数に関する情報を含むプロパティです。

コンテキストプロパティ

  • FunctionName – Lambda 関数の名前。

  • FunctionVersion – 関数のバージョン

  • InvokedFunctionArn – 関数の呼び出しに使用する Amazon リソースネーム (ARN)。INVOKER によって、バージョン番号またはエイリアスが指定されたかどうかを示します。

  • MemoryLimitInMB – 関数に設定されているメモリの量。

  • AwsRequestId – 呼び出しリクエストの ID。

  • LogGroupName – 関数のロググループ。

  • LogStreamName – 関数のインスタンスのログストリーム。

  • RemainingTime (TimeSpan) – 実行がタイムアウトするまで待機する時間 (ミリ秒)。

  • Identity – (モバイルアプリ) リクエストを認証した Amazon Cognito ID に関する情報。

  • ClientContext – (モバイルアプリ) クライアントアプリケーションによって Lambda invoker に送信されたクライアントコンテキスト。

  • Logger関数のロガーオブジェクト

次の C# コードスニペットは、コンテキスト情報の一部を表示する単純なハンドラ関数を示しています。

public async Task Handler(ILambdaContext context) { Console.WriteLine("Function name: " + context.FunctionName); Console.WriteLine("RemainingTime: " + context.RemainingTime); await Task.Delay(TimeSpan.FromSeconds(0.42)); Console.WriteLine("RemainingTime after sleep: " + context.RemainingTime); }