Lambda を使用するためのツール - AWS Lambda

Lambda を使用するためのツール

Lambda 以外にも、以下のツールを使用して、Lambda リソースを管理したり呼び出したりできます。

AWS CLI

AWS Command Line Interface (AWS CLI) をインストールすると、コマンドラインから Lambda 関数の管理と使用ができます。このガイドのチュートリアルでは、Lambda API オペレーションのすべてのコマンドを含む AWS CLI を使用します。一部の機能は、Lambda コンソールでは使用できません。また、アクセスできるのは AWS CLI または AWS SDK からのみです。

AWS CLI を設定する方法については、AWS Command Line Interface ユーザーガイド の以下のトピックを参照してください。

AWS CLI が正しく設定されていることを確認するには、list-functions コマンドを実行して、現在の AWS リージョンにある Lambda 関数のリストを表示します。

aws lambda list-functions

AWS SAM

AWS サーバーレスアプリケーションモデル ( AWS SAM) は、より高いレベルでサーバーレスアプリケーションを定義できる、AWS CloudFormation テンプレート言語の拡張機能です。AWS SAMでは、関数ロールの作成などの一般的なタスクが抽象化され、テンプレートの作成が容易になります。AWS SAMは AWS CloudFormation によって直接サポートされており、AWS CLI および AWS SAM CLI による追加機能が含まれています。

AWS SAM テンプレートの詳細については、AWS サーバーレスアプリケーションモデル 開発者ガイド の、「AWS SAM の仕様」を参照してください。

AWS SAM CLI

AWS SAM CLI は、AWS SAM アプリケーションの管理およびテストに使用できるコマンドラインツールです。AWS SAM CLI には、AWS CLI で使用可能なアーティファクトのアップロードや AWS CloudFormation スタックの起動に使用するコマンドに加え、テンプレートの検証や、Docker コンテナ内でのアプリケーションのローカルな実行に使用するコマンドが用意されています。.zip ファイルアーカイブまたはコンテナイメージとしてデプロイされた関数のビルドは、AWS SAM CLI を使用して実行できます。

AWS SAM CLI を設定するには、AWS サーバーレスアプリケーションモデル 開発者ガイド の「AWS SAM CLI のインストール」を参照してください。

コンテナイメージ用のツール

コンテナイメージとしてデプロイされた関数の作成とテストは、Docker CLI などのネイティブコンテナツールから行うことができます。

Docker CLI の設定については、Docker ドキュメントウェブサイトの「Docker の入手」を参照してください。AWS で Docker を使用する方法については、Amazon Elastic Container Registry ユーザーガイド の、「AWS CLI により Amazon ECR の使用を開始する 」を参照してください。

コード作成ツール

Lambda 関数のコードは、Lambda でサポートされている言語で記述することができます。サポートされている言語のリストについては、「Lambda ランタイム」を参照してください。コードのオーサリングには、Lambda コンソール、Eclipse 統合開発環境 (IDE)、Visual Studio IDE などのツールが使用できます。ただし、使用できるツールおよびオプションは次の要因によって決まります。

  • Lambda 関数コードの記述に使用する言語。

  • コードで使用するライブラリ。Lambda ランタイムでは、ライブラリの一部が提供されています。他にライブラリを追加したい場合は、それらをアップロードする必要があります。

次の表に、Lambda でサポートされる言語、およびそれらで使用できるツールとオプションを示します。

言語 コードを作成するためのツールとオプション

Node.js

Java

C#

Python

Ruby

  • Lambda コンソール

  • 独自の作成環境

Go

  • 独自の作成環境

PowerShell