AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda で使用されるツール

コマンドラインから Lambda 関数を管理して使用するために AWS Command Line Interface をインストールします。このガイドのチュートリアルでは、Lambda API アクションのコマンドを含む AWS CLI を使用します。一部の機能は、Lambda コンソールで使用できません。AWS CLI または AWS SDK からのみアクセスすることができます。

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』の次のトピックを参照してください。

  2. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力して、セットアップを確認します。

    • help コマンドを実行して、AWS CLI がコンピュータにインストールされたことを確認します。

      $ aws help
    • Lambda コマンドを実行して、ユーザーが AWS Lambda にアクセスできることを確認します。このコマンドは、アカウントに Lambda 関数がある場合はそれらの関数を一覧表示します。AWS CLI は、adminuser 認証情報を使用してリクエストを認証します。

      $ aws lambda list-functions

AWS SAM CLI は、AWS SAM アプリケーションの管理およびテストに使用できるコマンドラインツールです。SAM CLI には、AWS CLI で使用可能なアーティファクトのアップロードや、AWS CloudFormation スタックの起動に使用するコマンドに加え、テンプレートの検証や、Docker コンテナ内でのアプリケーションのローカル実行に使用するコマンドが用意されています。

AWS SAM CLI のインストールの詳細については、『AWS サーバーレスアプリケーションモデル 開発者ガイド』の「AWS SAM CLI のインストール」を参照してください。

コード作成ツール

Lambda 関数コードは、AWS Lambda でサポートされている言語で作成できます。サポートされている言語のリストについては、「AWS Lambda ランタイム」を参照してください。コードの作成には、AWS Lambda コンソール、Eclipse IDE、Visual Studio IDE などのツールがあります。ただし、使用できるツールおよびオプションは以下の要因によって決まります。

  • Lambda 関数のコードの作成に選択した言語。

  • コードで使用するライブラリ。AWS Lambda ランタイムはライブラリの一部を提供します。他にライブラリを使用する場合はそれもアップロードする必要があります。

次の表は、言語、および使用できるツールとオプションを示します。

言語 コードを作成するためのツールとオプション

Node.js

Java

C#

Python

Ruby

  • AWS Lambda コンソール

  • 独自の作成環境

Go

  • 独自の作成環境

PowerShell

また、使用する言語にかかわらず、Lambda 関数コードを記述するためのプログラミングモデルがあります。たとえば、Lambda 関数のハンドラーメソッド (AWS Lambda がコードの実行を開始するときに最初に呼び出すメソッド) の記述方法、ハンドラーにイベントを渡す方法、CloudWatch Logs でログを生成するためにコード内に使用できるステートメント、AWS Lambda ランタイムを操作してタイムアウト前終了などの情報を取得する方法、および例外の処理方法などです。

このページの内容: