AWS Lambda
開発者ガイド

コマンドラインツール

コマンドラインから Lambda 関数を管理して使用するために AWS Command Line Interface をインストールします。このガイドのチュートリアルでは、Lambda API アクションのコマンドを含む AWS CLI を使用します。一部の機能は、Lambda コンソールで使用できません。AWS CLI または AWS SDK からのみアクセスすることができます。

AWS SAM CLI は、AWS SAM アプリケーションの管理およびテストに使用できるコマンドラインツールです。SAM CLI には、AWS CLI で使用可能なアーティファクトのアップロードや、AWS CloudFormation スタックの起動に使用するコマンドに加えて、テンプレートの検証や、Docker コンテナ内でのアプリケーションのローカル実行に使用するコマンドが用意されています。

AWS CLI のセットアップ

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、『AWS Command Line Interface ユーザーガイド』の次のトピックを参照してください。

  2. AWS CLI 設定ファイルで管理者ユーザー用の名前付きプロファイルを追加します。AWS CLI コマンドを実行するときに、このプロファイルを使用します。このプロファイルの作成の詳細については、「名前付きプロファイル」を参照してください。

    [profile adminuser] aws_access_key_id = adminuser access key ID aws_secret_access_key = adminuser secret access key region = aws-region

    利用できる AWS リージョンのリストについては、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. コマンドプロンプトで以下のコマンドを入力して、セットアップを確認します。

    • help コマンドを実行して、AWS CLI がコンピュータにインストールされたことを確認します。

      $ aws help
    • Lambda コマンドを実行して、ユーザーが AWS Lambda にアクセスできることを確認します。このコマンドは、アカウントに Lambda 関数がある場合はそれらの関数を一覧表示します。AWS CLI は、adminuser 認証情報を使用してリクエストを認証します。

      $ aws lambda list-functions

AWS サーバーレスアプリケーションモデル CLI

AWS SAM CLI は、AWS SAM テンプレートおよびアプリケーションコードで動作するコマンドラインツールです。AWS SAM CLI を使用すると、ローカルで Lambda 関数を呼び出す、サーバーレスアプリケーションのデプロイパッケージを作成する、サーバーレスアプリケーションを AWS クラウドにデプロイする、などを行うことができます。

AWS SAM CLI のインストールの詳細については、『AWS サーバーレスアプリケーションモデル 開発者ガイド』の「AWS SAM CLI のインストール」を参照してください。