Eclipse を使用したデプロイパッケージの作成 - AWS Lambda

Eclipse を使用したデプロイパッケージの作成

このセクションでは、Eclipse IDE および Eclipse 用 Maven プラグインを使用してデプロイパッケージに Java コードをパッケージ化する方法について説明します。

注記

AWS SDK Eclipse ツールキットには、デプロイパッケージを作成し、それをアップロードして Lambda 関数を作成するための Eclipse プラグインが用意されています。開発環境として Eclipse IDE を使用できる場合、このプラグインにより Java コードの記述、デプロイパッケージの作成とアップロード、および Lambda 関数の作成を行うことができます。詳細については、『AWS Toolkit for Eclipse 入門ガイド』を参照してください。Lambda 関数の記述用のツールキットの使用例については、「AWS Toolkit for Eclipse で AWS Lambda を使用する」を参照してください。

前提条件

Eclipse 用 Maven プラグインをインストールします。

  1. Eclipse を起動します。Eclipse の [Help] メニューから、[Install New Software] を選択します。

  2. [Install (インストール)] ウィンドウで [Work with: (次を操作)] ボックスに http://download.eclipse.org/technology/m2e/releases と入力し、[追加] を選択します。

  3. 手順に従ってセットアップを完了します。

プロジェクトを作成、ビルドする

このステップでは、Eclipse を開始し、Maven プロジェクトを作成します。必要な依存関係を追加し、プロジェクトをビルドします。ビルドでは、デプロイパッケージである .jar を作成します。

  1. Eclipse で新しい Maven プロジェクトを作成します。

    1. [File] メニューから [New] を選択し、[Project] を選択します。

    2. [New Project] ウィンドウで、[Maven Project] プロジェクトを選択します。

    3. [New Maven Project] ウィンドウで、[Create a simple project] を選択し、その他のデフォルトの選択はそのままにします。

    4. [New Maven Project] ウィンドウおよび [Configure project] ウィンドウで、次の Artifact 情報を入力します。

      • [Group Id]: doc-examples

      • [Artifact Id]: lambda-java-example

      • [Version]: 0.0.1-SNAPSHOT

      • [Packaging]: jar

      • [Name]: lambda-java-example

  2. pom.xml ファイルに aws-lambda-java-core 依存関係を追加します。

    これは、RequestHandlerRequestStreamHandler、および Context インターフェイスの定義を提供します。これにより、AWS Lambda で使用できるコードをコンパイルすることができます。

    1. pom.xml ファイルのコンテキスト(右クリック)メニューを開き、[Maven]、[Add Dependency] の順に選択します。

    2. [Add Dependency] ウィンドウで、次の値を入力します。

      [Group Id]: com.amazonaws

      [Artifact Id]: aws-lambda-java-core

      バージョン: 1.2.1

      注記

      このガイドの他のチュートリアル トピックに従っている場合、特定のチュートリアルでは依存関係の追加が必要になることがあります。必ず、それらの依存関係を必要に応じて追加してください。

  3. Java クラスをプロジェクトに追加します。

    1. プロジェクトで src/main/java サブディレクトリのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[New]、[Class] の順に選択します。

    2. [New Java Class] ウィンドウで、次の値を入力します。

      • パッケージ: example

      • 名前: Hello

        注記

        このガイドの他のチュートリアルに従っている場合、特定のチュートリアルでは、別のパッケージ名またはクラス名が推奨されることがあります。

    3. Java コードを追加します。このガイドの他のチュートリアルに従っている場合は、提供されたコードを追加します。

  4. プロジェクトをビルドします。

    [Package Explorer] でプロジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Run As] を選択してから、[Maven Build ...] を選択します。[設定の編集] ウィンドウで、[Goals (目標)] ボックスに「package」と入力します。

    注記

    結果的に生じる .jar、lambda-java-example-0.0.1-SNAPSHOT.jar は、デプロイパッケージとして使用できる最終的なスタンドアロン .jar ではありません。次のステップでは、Apache maven-shade-plugin を追加してスタンドアロン .jar を作成します。詳細については、Apache Maven Shade プラグインの説明を参照してください。

  5. maven-shade-plugin プラグインを追加し、再ビルドします。

    maven-shade プラグインはパッケージの目標 (顧客コード .jar を作成) によって生成されたアーティファクト (jars) を取ります。また、コンパイルされた顧客コードを含むスタンドアロン .jar および解決された依存関係を pom.xml から作成しています。

    1. pom.xml ファイルのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Maven]、[Add Plugin] の順に選択します。

    2. [Add Plugin] ウィンドウで、次の値を入力します。

      • [Group Id]: org.apache.maven.plugins

      • [Artifact Id]: maven-shade-plugin

      • バージョン: 3.2.2

    3. ここで再度ビルドします。

      今回は、以前のように jar を作成し、maven-shade-plugin を使用して依存関係をプルして、スタンドアロン .jar を作成します。

      1. プロジェクトのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Run As] を選択してから、[Maven build ...] を選択します。

      2. [Edit Configuration] ウィンドウで、[Goals] ボックスに「package shade:shade」と入力します。

      3. Run を選択します。

        結果的に生じるスタンドアロン .jar(デプロイパッケージ)は、/target サブディレクトリにあります。

        /target サブディレクトリのコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Show In]、[System Explorer]、の順に選択すると、lambda-java-example-0.0.1-SNAPSHOT.jar が表示されます。