AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Toolkit for Visual Studio

AWS Toolkit for Visual Studio への Lambda プラグインを使用して、.NET ベースの Lambda アプリケーションを構築できます。このツールキットは、Visual Studio の拡張機能として利用できます。

ステップ 1: プロジェクトを作成、ビルドする

  1. Microsoft Visual Studio を起動し、[New project] を選択します。

    1. [File] メニューから [New] を選択し、[Project] を選択します。

    2. [New Project] ウィンドウで、[AWS Lambda Project (.NET Core)] を選択してから [OK] を選択します。

    3. [Select Blueprint] ウィンドウでは、サンプルアプリケーションのリストから選択するオプションが表示されます。これは、.NET ベースの Lambda アプリケーションの作成を開始するためのサンプルコードを提供するものです。

    4. Lambda アプリケーションを最初から作成するには、[Empty Function] を選択してから [Finish] を選択します。

  2. プロジェクトの一部として作成される、aws-lambda-tools-defaults.json ファイルを確認します。このファイルでオプションを設定できます。オプションはデフォルトでは Lambda ツールが読み取ります。Visual Studio で作成されたプロジェクトテンプレートは、これらのフィールドの多くをデフォルト値を使用して設定します。次のフィールドに注意してください。

    • profileAWS SDK for .NET 認証情報ファイルにあるプロファイルの名前。

    • function-handlerfunction handler が指定されている場所。これにより、ウィザードで設定する必要はありません。ただし、 関数コードで アセンブリ 名前空間 クラス 関数 の名前を変更するたびに、aws-lambda-tools-defaults.json file の該当するフィールドを更新する必要があります。

      { "profile":"default", "region" : "us-east-2", "configuration" : "Release", "framework" : "netcoreapp2.1", "function-runtime":"dotnetcore2.1", "function-memory-size" : 256, "function-timeout" : 30, "function-handler" : "Assembly::Namespace.Class::Function" }
  3. Function.cs ファイルを開きます。Lambda 関数ハンドラーコードを実装するためのテンプレートが提供されます。

  4. Lambda 関数を表すコードを記述したら、アプリケーションで [プロジェクト] ノードを右クリックし、[Publish to AWS Lambda (AWS Lambda に発行)] を選択してアップロードできます。

  5. [Upload Lambda Function] (Lambda 関数のアップロード) ウィンドウで、関数の名前を入力するか、以前に発行された関数を選択します。その後、[Next] を選択します。

  6. [Advanced Function Details] ウィンドウで、以下のオプションを設定します。

    • Role Name (必須) – AWS Lambda が関数を実行する際に引き受ける IAM ロールです。

    • Environment – Lambda で実行環境に設定するキーと値のペア。環境変数を使用してコードを使用せずに関数の設定を拡張します。

    • Memory – 関数の実行時に使用できるメモリの量。メモリの量を 128 MB ~ 3,008 MB の範囲 (64 MB 単位) で選択します。

    • Timeout – Lambda で関数が停止するまでに許可される実行時間。デフォルト値は 3 秒です。許容されている最大値は 900 秒 です。

    • VPC – インターネット経由で利用できないリソースにネットワークアクセスが必要な場合は、VPC に接続するように設定します。

    • DLQ – 関数が非同期呼び出しされた場合は、キューまたはトピックを選択して、失敗した呼び出しを受け取ります。

    • Enable active tracing – サンプルの受信リクエストと、AWS X-Ray を使用したサンプルリクエストのトレース

  7. [Next] を選択してから [Upload] を選択してアプリケーションをデプロイします。

詳細については、「.NET Core CLI を使用して AWS Lambda プロジェクトをデプロイする」を参照してください。