AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda の Amazon CloudWatch ログへのアクセス

AWS Lambda はお客様の代わりに自動的に Lambda 関数をモニタリングし、Amazon CloudWatch を通じてメトリクスを報告します。関数の失敗をトラブルシューティングするため、Lambda は関数で処理されたすべてのリクエストをログに記録し、Amazon CloudWatch Logs ログを通じてコードで生成されたログを自動的に保存します。

コードが予測どおりに動作しているかどうかを検証できるように、ログ記録ステートメントをコードに挿入できます。Lambda では CloudWatch Logs が自動的に統合され、すべてのログを Lambda 関数 (/aws/lambda/<function name> と名付けられます) に関連付けられた CloudWatch Logs グループにコードからプッシュします。ロググループの詳細と、CloudWatch コンソールを通じてロググループにアクセスする方法の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「システム、アプリケーション、カスタムログファイルのモニタリング」を参照してください。

Lambda のログを表示するには、Lambda コンソール、CloudWatch コンソール、AWS CLI あるいは CloudWatch API を使用できます。次の手順は、Lambda コンソールを使用してログを表示する方法を示しています。

注記

Lambda ログの使用には追加料金はかかりませんが、標準の CloudWatch Logs 料金が適用されます。詳細については、「CloudWatch 料金表」をご覧ください。

Lambda コンソールを使用してログを表示するには

  1. Lambda コンソールを開きます。

  2. Lambda コンソール (関数ページ) を開きます。

  3. [Monitoring] を選択します。

    
          イベント

    Lambda 関数のメトリクスが図で表示されます。

  4. [CloudWatch のログを表示] を選択します。