AWS Lambda
開発者ガイド

AWS Lambda を AWS CodeCommit に使用する

AWS CodeCommit リポジトリのトリガーを作成して、リポジトリのイベントから Lambda 関数を呼び出すことができます。たとえば、ブランチまたはタグが作成されたときや既存のブランチに対してプッシュが行われたときに、Lambda 関数を呼び出すことができます。

例 AWS CodeCommit メッセージイベント

{ "Records": [ { "awsRegion": "us-east-2", "codecommit": { "references": [ { "commit": "5e493c6f3067653f3d04eca608b4901eb227078", "ref": "refs/heads/master" } ] }, "eventId": "31ade2c7-f889-47c5-a937-1cf99e2790e9", "eventName": "ReferenceChanges", "eventPartNumber": 1, "eventSource": "aws:codecommit", "eventSourceARN": "arn:aws:codecommit:us-east-2:123456789012:lambda-pipeline-repo", "eventTime": "2019-03-12T20:58:25.400+0000", "eventTotalParts": 1, "eventTriggerConfigId": "0d17d6a4-efeb-46f3-b3ab-a63741badeb8", "eventTriggerName": "index.handler", "eventVersion": "1.0", "userIdentityARN": "arn:aws:iam::123456789012:user/intern" } ] }

詳細については、「AWS CodeCommit リポジトリのトリガーを管理する」を参照してください。