AWS Lambda
開発者ガイド

Lambda アプリケーションのモニタリングとトラブルシューティング

AWS Lambda はお客様の代わりに自動的に Lambda 関数をモニタリングし、Amazon CloudWatch を通じてメトリクスを報告します。コードの実行をモニタリングできるようにするため、Lambda はリクエスト数、リクエストあたりの実行時間、エラーを引き起こしたリクエスト数を自動的に追跡し、関連する CloudWatch のメトリクスを発行します。これらのメトリクスを利用して、CloudWatch カスタムアラームを設定できます。CloudWatch の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』を参照してください。

Lambda 関数ごとのリクエスト率とエラー率を表示するには、AWS Lambda コンソール、CloudWatch コンソール、および他の Amazon Web Services (AWS) リソースを使用できます。以下のトピックでは、Lambda CloudWatch メトリクスと、それらへのアクセス方法について説明します。

コードが予測どおりに動作しているかどうかを検証できるように、ログ記録ステートメントをコードに挿入できます。Lambda では Amazon CloudWatch Logs が自動的に統合され、すべてのログを Lambda 関数 (/aws/lambda/<function name>) に関連付けられた CloudWatch Logs グループにコードからプッシュします。ロググループの詳細と、CloudWatch コンソールを通じてロググループにアクセスする方法の詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「システム、アプリケーション、カスタムログファイルのモニタリング」を参照してください。CloudWatch ログエントリにアクセスする方法については、「AWS Lambda の Amazon CloudWatch ログへのアクセス」を参照してください。

注記

Lambda 関数コードが実行されているが、数分経過してもログデータがまったく生成されない場合は、Lambda 関数の実行ロールでログデータを CloudWatch Logs に書き込むアクセス権限が付与されていない可能性があります。これらのアクセス権限が付与されるように実行ロールを正しくセットアップしていることを確認する方法については、「AWS Lambda 実行ロール」を参照してください。