メニュー
AWS Lambda
開発者ガイド

ステップ 2.1: デプロイパッケージを作成する

[Filter View] リストから、Lambda 関数で使用する言語を選択します。該当するセクションに、デプロイパッケージを作成するためのコードと所定の手順が表示されます。

Node.js

手順に従って、AWS Lambda 関数デプロイパッケージを作成します。

  1. テキストエディターを開き、次のコードをコピーします。

    exports.handler = function(event, context, callback) { console.log("Received event: ", event); var data = { "greetings": "Hello, " + event.firstName + " " + event.lastName + "." }; callback(null, data); }

    注記

    コードサンプルは、Node.js ランタイム v6.10 または v4.3 に準拠しています。詳細については、「プログラミングモデル (Node.js)」を参照してください。

  2. AndroidBackendLambdaFunction.js という名前でファイルを保存します。

  3. AndroidBackendLambdaFunction.js ファイルを AndroidBackendLambdaFunction.zip という名前で ZIP 圧縮します。

次のステップ

ステップ 2.2: 実行ロール (IAM ロール) を作成する

Java

次の Java コードを使用して、Lambda 関数 (AndroidBackendLambdaFunction) を作成します。コードは、ハンドラーへの最初のパラメータとして Android アプリイベントデータを受け取ります。その後、コードはイベントデータを処理します (説明のために、このコードは CloudWatch Logs にイベントデータの一部を書き込み、応答で文字列を返します)。

コードで、handler (myHandler) は入出力に RequestClass および ResponseClass 型を使用します。コードでは、これらの型を実装しています。

重要

次のセクションで、サンプルモバイルアプリケーションを作成するときに、サンプルクラス (POJO) を使用して入出力データを処理します。

package example; import com.amazonaws.services.lambda.runtime.Context; public class HelloPojo { // Define two classes/POJOs for use with Lambda function. public static class RequestClass { String firstName; String lastName; public String getFirstName() { return firstName; } public void setFirstName(String firstName) { this.firstName = firstName; } public String getLastName() { return lastName; } public void setLastName(String lastName) { this.lastName = lastName; } public RequestClass(String firstName, String lastName) { this.firstName = firstName; this.lastName = lastName; } public RequestClass() { } } public static class ResponseClass { String greetings; public String getGreetings() { return greetings; } public void setGreetings(String greetings) { this.greetings = greetings; } public ResponseClass(String greetings) { this.greetings = greetings; } public ResponseClass() { } } public static ResponseClass myHandler(RequestClass request, Context context){ String greetingString = String.format("Hello %s, %s.", request.firstName, request.lastName); context.getLogger().log(greetingString); return new ResponseClass(greetingString); } }

ファイル (HelloPojo.java) に先ほどのコードを保存します。これで、デプロイパッケージを作成できるようになりました。以下の依存関係を含める必要があります。

  • aws-lambda-java-core

デプロイパッケージは、.zip ファイルまたはスタンドアロン .jar とすることができます。デプロイパッケージを作成するために、使い慣れた任意のビルドおよびパッケージ化ツールを使用できます。Maven ビルドツールを使用してスタンドアロン .jar を作成する方法の例については、「IDE なしで Maven を使用した .jar デプロイパッケージの作成 (Java)」および「Maven および Eclipse IDE を使用した .jar デプロイパッケージの作成 (Java)」を参照してください。Gradle ビルドツールを使用して .zip ファイルを作成する方法の例については、「.zip デプロイパッケージの作成 (Java)」を参照してください。

デプロイパッケージ (lambda-java-example-1.0-SNAPSHOT.jar) が作成されたことを確認したら、次のセクションに進み、IAM ロール (実行ロール) を作成します。Lambda 関数を作成するときに、そのロールを指定します。

次のステップ

ステップ 2.2: 実行ロール (IAM ロール) を作成する

このページの内容: