メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

Amazon Lex ボットのエクスポート

Amazon Lex では、エクスポート先のプラットフォームと互換性がある形式でボットをエクスポートできます。ボットをエクスポートする場合は、関連付けられたインテント、スロットタイプ、ダイアログモデルを JSON ファイルに変換します。JSON ファイルを作成するには、Amazon Lex コンソールまたは GetExport オペレーションを使用します。

Alexa Skill へのエクスポート

ボットスキーマは、Alexa Skill と互換性がある形式でエクスポートできます。エクスポートしたボットは、Skill Builder を使用して Alexa にアップロードします。

まず、ボットとそのインタラクションモデルを JSON ファイルにエクスポートします。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

  2. [Actions] で、[Export] を選択してボットをエクスポートします。

  3. エクスポートするボットの名前とバージョンを選択し、次に [Export] を選択します。エクスポートする形式として [Alexa Skills Kit] を選択します。

  4. まもなくダウンロードダイアログボックスが表示されます。ファイルの保存先を選択し、[Save] を選択します。

ダウンロードされるファイルは、エクスポートしたボットと同じ名前の ZIP アーカイブで、1 つのファイルが含まれています。このファイルには、Alexa スキルとしてボットをインポートするために必要な情報が含まれています。

注記

Amazon Lex および Alexa Skills Kit には、以下の相違点があります。

  • 括弧 ([]) で示されるセッション属性は、Alexa Skills Kit ではサポートされません。セッション属性を使用しているプロンプトは更新する必要があります。

  • 句読点は、Alexa Skills Kit でサポートされません。句読点を使用している発話は更新する必要があります。

ボットのエクスポートが完了したら、Skill Builder を使用してボット Alexa Skill にアップロードできます。

  1. 開発者ポータル (https://developer.amazon.com/) にログインします。[Developer Console] を選択し、次に

    [ALEXA] を選択して Alexa コンソールを開きます。

  2. Alexa Skills Kit ボックスで、[Get Started] を選択し、Alexa Skill Kit ページを開きます。このページに、作成したすべてのスキルが表示されます。

  3. [Add a New Skill] を選択します。必須フィールドに入力します。

    • Skill Type([Custom Interaction Model] を選択します)

    • 言語

    • 名前

    • Invocation Name

  4. [Save] を選択して新しいスキルを保存し、次に [Next] を選択します。

  5. [Launch Skill Builder] を選択します。左のメニューで [Code Editor] を選択します。

  6. Amazon Lex コンソールからダウンロードした JSON ファイルの内容を、コードエディタフィールドに貼り付けます。

  7. [Apply Changes] を選択して変更を保存し、[Build Model] を選択します。

スキーマを Alexa スキル内にアップロードした後では、Alexa でスキルを実行するために必要なあらゆる変更を行うことができます。Alexa スキルを作成する方法の詳細については、Alexa Skills Kit の「Use Skill Builder (Beta)」を参照してください。

このページの内容: