Amazon Lex
開発者ガイド

テキスト入力を使用してテストする (AWS CLI)

テキスト入力でボットが正しく動作することを確認するには、PostText オペレーションを使用します。この演習のコマンドを実行するには、コマンドが実行されるリージョンを確認しておく必要があります。リージョンのリストについては、「ランタイムサービスの制限」を参照してください。

注記

次の AWS CLI の例は、Unix、Linux、および macOS 用にフォーマットされています。Windows の場合は、"\$LATEST"$LATEST に変更し、各行末のバックスラッシュ (\) 連結文字をキャレット (^) に置き換えてください。

テキストを使用してボットをテストするには (AWS CLI)

  1. AWS CLI で、OrderFlowersBot ボットとの会話を開始します。例は、Unix、Linux、および macOS 用にフォーマットされています。Windows の場合は、各行末のバックスラッシュ (\) Unix 連結文字をキャレット (^) に置き換えてください。

    aws lex-runtime post-text \ --region region \ --bot-name OrderFlowersBot \ --bot-alias "\$LATEST" \ --user-id UserOne \ --input-text "i would like to order flowers"

    Amazon Lex は、ユーザーのインテントを認識し、次のレスポンスを返すことで会話を開始します。

    { "slotToElicit": "FlowerType", "slots": { "PickupDate": null, "PickupTime": null, "FlowerType": null }, "dialogState": "ElicitSlot", "message": "What type of flowers would you like to order?", "intentName": "OrderFlowers" }
  2. 以下のコマンドを実行して、ボットとの会話を終了します。

    aws lex-runtime post-text \ --region region \ --bot-name OrderFlowersBot \ --bot-alias "\$LATEST" \ --user-id UserOne \ --input-text "roses"
    aws lex-runtime post-text \ --region region \ --bot-name OrderFlowersBot \ --bot-alias "\$LATEST" \ --user-id UserOne \ --input-text "tuesday"
    aws lex-runtime post-text \ --region region \ --bot-name OrderFlowersBot --bot-alias "\$LATEST" \ --user-id UserOne \ --input-text "10:00 a.m."
    aws lex-runtime post-text \ --region region \ --bot-name OrderFlowersBot \ --bot-alias "\$LATEST" \ --user-id UserOne \ --input-text "yes"

    注文を確認すると、Amazon Lex はフルフィルメント (達成) レスポンスを送信して会話を完了します。

    { "slots": { "PickupDate": "2017-05-16", "PickupTime": "10:00", "FlowerType": "roses" }, "dialogState": "ReadyForFulfillment", "intentName": "OrderFlowers" }

次のステップ

音声入力を使用してボットをテストする (AWS CLI)

このページの内容: