Lightsail リソースタグを追加する - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail リソースタグを追加する

Amazon Lightsail のタグを使用し、リソースを目的、所有者、環境などの基準別に分類します。タグは、リソースの作成時または作成後に追加できます。作成後のリソースにタグを追加するには、以下の手順を実行します。

注記

タグ、タグを追加できるリソース、および制限の詳細については、「タグ」を参照してください。

リソースにタグを追加するには
  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail のホームページで、タグを追加するリソースタイプのタブを選択します。たとえば、DNS ゾーンにタグを追加するには、[ネットワーキング] タブを選択します。インスタンスにタグを追加するには、[インスタンス] タブを選択します。

    注記

    Lightsail コンソールを使用して、インスタンス、コンテナサービス、 CDN ディストリビューションバケット、データベース、ディスク、DNS ゾーン、およびロードバランサーをタグ付けすることができます。ただし、Lightsail API オペレーションAWS Command Line Interface (AWS CLI)、または SDK を使用すると、より多くの Lightsail リソースにタグを付けることができます。タグ付けをサポートする Lightsail リソースの詳細なリストについては、「タグ」を参照してください。

  3. タグを追加するリソースを選択します。

  4. 選択したリソースの管理ページで、[タグ] タブを選択します。

    Lightsail コンソールの [タグ] タブ。
  5. 追加するタグのタイプに応じて、以下のいずれかのオプションを選択します。

    • [key-only タグの追加] または [key-only タグの編集] (タグが追加済みの場合)。タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力し、Enter キーを押します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択してタグを追加し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      Lightsail コンソールのキーのみのタグ。
    • [key-value タグの作成] から [キー] テキストボックスにキーを入力し、[] テキストボックスに値を入力します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      キーバリューのタグは、保存する際に一つずつ追加することができます。さらに key-value タグを追加するには、以上のステップを繰り返します。

      Lightsail コンソールのキーバリューのタグ。

次のステップ

リソースにタグを追加した後で実行できるタスクの詳細については、以下のガイドを参照してください。