Lightsail コンテナサービスを作成する - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail コンテナサービスを作成する

このガイドでは、Lightsail コンソールを使用して作成可能な Amazon Lightsail コンテナサービスとその設定について説明します。

開始する前に、Lightsail コンテナサービスの基礎を学んでおくことをお勧めします。詳細については、「コンテナサービス」を参照してください。

コンテナサービス容量 (スケールとパワー)

コンテナサービスの容量は、最初に作成するときに選択する必要があります。容量は、次に示すパラメータの組み合わせで構成されます。

  • スケール: コンテナのワークロードを実行するコンピューティングノードの数。コンテナのワークロードは、サービスのコンピューティングノード間でコピーされます。コンテナサービスには最大 20 のコンピューティングノードを指定できます。可用性と容量を向上させるために、サービスを強化させるノードの数に応じてスケールを選択します。コンテナへのトラフィックは、すべてのノードでロードバランスされます。

  • パワー: コンテナサービス内の各ノードのメモリと vCPUs。選択できるパワーは、ナノ (Na)、マイクロ (Mi)、スモール (Sm)、ミディアム (Md)、ラージ (Lg)、エクストララージ (Xl) で、それぞれメモリと vCPUs の容量が徐々に大きくなります。

着信トラフィックは、コンテナサービスのスケール (コンピューティングノードの数) 全体にわたってロードバランスされます。たとえば、Nano パワーでスケールが 3 のサービスの場合、コンテナワークロードのコピーが 3 つ実行されます。各ノードには 512 MB の RAM と 0.25 の vCPUs 容量があります。受信トラフィックは、3 つのノード間でロードバランシングされます。選択したコンテナサービス容量が大きいほど、処理できるトラフィックが増えます。

プロビジョニングが不十分であることがわかった場合、コンテナサービスのパワーとスケールはダウンタイムなしでいつでも動的に増加でき、過剰な場合は減少することもできます。Lightsail は、現在のデプロイメントに合わせて容量の変更を自動的に管理します。詳細については、「Lightsail コンテナサービスの容量を変更する」を参照してください。

料金

コンテナサービスの月額料金は、そのパワーの基本価格にスケール (コンピューティングノード数) を乗算して計算されます。たとえば、ミディアムレベルのパワーが 40 USD でスケールが 3 のサービスでは、月額 120 USD の費用がかかります。

各コンテナサービスには、構成された容量に関わらず、500 GB の月次データ転送クォータが含まれます。データ転送クォータは、選択したサービスのパワーとスケールに関わらず変更されることはありません。クォータを超えるデータをインターネットに転送すると、AWS リージョンによって異なる超過料金が、1 GB あたり 0.09 USD から発生します。クォータを超過したインターネットからのデータ転送には、超過料金が発生しません。詳細については、「Lightsail 料金表ページ」を参照してください。

コンテナサービスが有効か無効か、デプロイがあるかどうかに関係なく、コンテナサービスに対して課金されます。コンテナサービスの課金を停止するには、サービスを削除する必要があります。詳細については、「Lightsail コンテナサービスを削除する」を参照してください。

コンテナサービスステータス

コンテナサービスは、次に示す状態のいずれかになります。

  • 保留中 – コンテナサービスを作成しています。

  • 準備完了 – コンテナサービスは実行中ですが、アクティブなコンテナデプロイがありません。

  • デプロイ – デプロイがコンテナサービスに対して起動されます。

  • 実行中 – コンテナサービスが実行中で、アクティブなデプロイがあります。

  • 更新中 – コンテナサービスの容量またはそのカスタムドメインが更新されています。

  • 削除中 – コンテナサービスが削除されています。削除を選択した後、コンテナサービスはしばらくの間この状態を表示します。

  • 無効 – コンテナサービスが無効になり、アクティブなデプロイとコンテナ (もし存在すれば) がシャットダウンされます。

コンテナサービスのサブステータス

コンテナサービスがデプロイまたは更新中の状態の場合、コンテナサービスの状態の下に、追加で次のサブ状態のいずれかが表示されます。

  • システムリソースの作成 – コンテナサービスのシステムリソースが作成されています。

  • ネットワークインフラストラクチャの作成 – コンテナサービスのネットワークインフラストラクチャが作成されています。

  • プロビジョニング証明書 – コンテナサービス用の SSL/TLS 証明書が作成されています。

  • プロビジョニングサービス – コンテナサービスがプロビジョニングされています。

  • デプロイの作成 – デプロイがコンテナサービス上に作成されています。

  • ヘルスチェック評価 – デプロイの正常性が評価されています。

  • デプロイのアクティベーション – デプロイがアクティベーションされています。

コンテナサービスが保留中状態の場合、コンテナサービスの状態の下に、次の追加のサブ状態のいずれかが表示されます。

  • 証明書の制限を超えました – コンテナサービスに必要な SSL/TLS 証明書の数はアカウントで許可されている証明書の最大数を超えています。

  • 未知のエラー – コンテナサービスの作成中にエラーが発生しました。

コンテナサービスの作成

以下の手順に従って、Lightsail コンテナサービスを作成します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail コンソールのホームページで、[Containers] (コンテナ) タブを選択します。

  3. コンテナサービスの作成を選択します。

  4. [コンテナサービスの作成]のページで、[AWS リージョン の変更] を選択し、コンテナサービスの AWS リージョン を選択します。

  5. コンテナサービスの容量を選択します。詳細については、本ガイドの「コンテナサービス容量 (スケールとパワー)」セクションを参照してください。

  6. 以下のステップを実行して、コンテナサービスの作成と同時に起動されるデプロイを作成します。それ以外の場合は、手順 7 に進み、デプロイなしでコンテナサービスを作成します。

    公開レジストリーからコンテナイメージを使用する予定の場合は、デプロイでコンテナサービスを作成します。ローカルマシン上のコンテナイメージを使用する予定の場合は、デプロイなしでサービスを作成します。サービスの起動と実行後に、ローカルマシンからコンテナサービスにコンテナイメージをプッシュできます。コンテナサービスに登録されているプッシュされたコンテナイメージを使用してデプロイを作成できます。

    1. [Create a deployment] (デプロイを作成する) を選択します。

    2. 以下のオプションのいずれかを選択します。

      • デプロイ例の選択 – Lightsail チームによって事前設定されたデプロイパラメータのセットを用いてキュレートされたコンテナイメージを使用し、デプロイを作成するためには、このオプションを選択します。このオプションは、一般的なコンテナをコンテナサービス上で起動して実行するための最速かつ最も簡単な方法を提供します。

      • カスタムデプロイを指定 – 選択したコンテナを指定してデプロイを作成するには、このオプションを選択します。

      デプロイフォームビューが開き、新しいデプロイパラメータを入力することができます。

    3. デプロイのパラメータを入力します。指定できるデプロイパラメータの詳細については、「Lightsail コンテナサービスのデプロイを作成して管理する」ガイドの「デプロイパラメータ」セクションを参照してください。

    4. [コンテナエントリの追加] を選択することによって、デプロイに複数のコンテナエントリを追加できます。デプロイには最大 10 のコンテナエントリを追加することができます。

    5. デプロイのパラメータを入力し終わったら、[保存してデプロイ] を選択して、コンテナサービス上にデプロイを作成します。

  7. コンテナサービスの名前を入力します。

    コンテナサービス名は、次のものである必要があります。

    • Lightsail アカウントの各 AWS リージョン 内で一意である必要があります。

    • 2〜63 文字を使用する必要があります。

    • 英数字またはハイフンのみを使用する必要があります。

    • ハイフン (-) で単語を区切ることができますが、名前の先頭または末尾に付けることはできません。

      注記

      指定する名前は、コンテナサービスのデフォルトのドメイン名の一部となり、一般ユーザーに表示されます。

  8. 以下のいずれかのオプションを選択して、コンテナサービスにタグを追加します。

    • [key-only タグの追加] または [key-only タグの編集] (タグが追加済みの場合)。タグキーのテキストボックスに新しいタグを入力し、Enter キーを押します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択してタグを追加し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      Lightsail コンソールのキーのみのタグ。
    • [key-value タグの作成] から [キー] テキストボックスにキーを入力し、[] テキストボックスに値を入力します。タグの入力を完了したら、[保存] を選択し、追加しない場合は、[キャンセル] を選択します。

      キーバリューのタグは、保存する際に一つずつ追加することができます。さらに key-value タグを追加するには、以上のステップを繰り返します。

      Lightsail コンソールの key-value タグ。
    注記

    「キーのみ」のタグと「キーバリュー」のタグの詳細については、「タグ」を参照してください。

  9. [コンテナサービスの作成] を選択します。

    新しいコンテナサービスの管理ページにリダイレクトされます。作成している間、新しいコンテナサービスのステータスは「保留中」となります。しばらくすると、現在のデプロイがない場合、サービスの状態は「準備完了」を表示し、デプロイが作成された場合、「実行中」が表示されます。