Amazon Lightsail で SSL/TLS 証明書を確認する - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Lightsail で SSL/TLS 証明書を確認する

Lightsail で SSL/TLS 証明書を作成した後は、その証明書に追加したすべてのドメインとサブドメインを、管理できていることを確認する必要があります。

目次

ステップ 1: ドメインの Lightsail DNS ゾーンを作成する

まだ行っていない場合は、ドメインの Lightsail DNS ゾーンを作成します。詳細については、「DNS ゾーンを作成してドメインの DNS レコードを管理する」を参照してください。

ステップ 2: ドメインの DNS ゾーンにレコードを追加する

作成した証明書により、一連の正規名 (CNAME) レコードが提供されます。これらのレコードをドメインの DNS ゾーンに追加して、そのドメインを所有し管理できていることを検証します。

重要

Lightsail は、ユーザーが証明書の作成時に指定したドメインまたはサブドメインが、そのユーザーにより管理されていることを自動的に検証しようとします。[Create certificate] (証明書を作成) を選択すると、CNAME レコードがドメインの DNS ゾーンに追加されます。自動検証が成功すると、証明書のステータスが [Attempting to validate your certificate] (証明書の検証を試行しています) から、[Valid, in use] (有効、使用中) に変わります。

自動検証が失敗した場合は、次の手順に進んでください。

以下のステップでは、Lightsail コンソールで CNAME レコードを取得して、ドメインの DNS ゾーンに追加する方法を説明します。

  1. Lightsail コンソールにサインインします。

  2. Lightsail ホームページの上部にあるナビゲーションメニューで [Account (アカウント)] を選択します。

  3. ドロップダウンメニューで [Account (アカウント)] を選択します。

  4. [証明書] タブを選択します。

  5. 検証する証明書を見つけ、ドメインごとに追加する必要がある CNAME レコードの [Name] (名前) と [Value] (値) をメモします。

    Ctrl+C (Windows) または Cmd+C (Mac) を押してクリップボードにコピーします。

    ドメインおよびサブドメインの検証保留中の証明書。
  6. Windows を使用している場合はメモ帳、Mac を使用している場合は TextEdit などのテキストエディタを開きます。テキストファイルで、Windows を使用している場合は Ctrl+V、Mac を使用している場合は Cmd+V を押して、テキストファイルに値を貼り付けます。

    このテキストファイルは開いたままにしておきます。このガイドの後半でドメインの DNS ゾーンにレコードを追加するときに、これらの CNAME 値が必要になります。

    証明書 CNAME レコードのあるテキストファイル。
  7. Lightsail コンソールのトップナビゲーションバーの [ホーム] を選択します。

  8. Lightsail のホームページで [Domains & DNS] (ドメイン & DNS) を選択します。

  9. 証明書を使用するドメインの DNS ゾーンを選択します。

  10. [DNS records] (DNS レコード) タブで [Add record] (レコードを追加) を選択します。

  11. レコードタイプに、[CNAME] を選択します。

  12. 証明書の CNAME レコードを含むテキストファイルに切り替えます。

    CNAME レコードの [名前] をコピーします。例えば、_1bfb0b9ef15a50f9041e559d2c67b760 です。

  13. DNS レコードページに切り替え、[Name] (名前) の情報を [Record name] (レコード名) フィールドに貼り付けます。

    重要

    ドメイン名が含まれている CNAME レコード (.example.com など) を追加すると、ドメイン名が重複したレコード (.example.com.example.com など) になります。重複を避けるために、必要な CNAME の一部だけが追加されるようにエントリを編集してください。_1bfb0b9ef15a50f9041e559d2c67b760 となります。

  14. CNAME レコードの [] をコピーします。例えば、_c9a0c385eda13283350e35f297469a13.hkvuiqjoua.acm-validations.aws. です。

  15. DNS レコードページに切り替え、[Value] (値) の情報を [Route traffic to] (トラフィックのルーティング先) フィールドに貼り付けます。

  16. [Save] (保存) を選択して、レコードを追加します。

  17. 代替サブドメインがある場合、[レコードの追加] を選択して別のレコードを追加します。

    注記
  18. 代替サブドメインの CNAME レコードを (1 つ以上) 追加するには、ステップ 11〜17 を繰り返します。

    DNS ゾーン管理ページからは、エイリアス (A) レコードを追加してロードバランサーをポイントしたり、他の Lightsail リソースを追加することもできます。

    完了すると、DNS ゾーンは以下のスクリーンショットのようになります。

    検証のために送信する準備ができた Lightsail の CNAMES。

    しばらくすると、ドメインの検証が完了し、証明書に次のメッセージが表示されます。

    ドメインの検証の成功。

次のステップ

ドメインが確認されたら、「検証された SSL/TLS 証明書をロードバランサーにアタッチする」準備が整います。