マップ - Amazon Location Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

マップ

Amazon Location Service Map リソースを使用すると、マップの基になるベースマップデータにアクセスできます。Map リソースとマップレンダリングライブラリを使用して、インタラクティブマップをアプリケーションに追加します。アプリケーションの必要に応じて、マーカー (またはピン)、ルート、ポリゴンエリアなどの他の機能をマップに追加できます。

注記

マップリソースの実際の使用方法については、「アプリケーションで Amazon Location マップを使用する」を参照してください。

以下は、マップリソースを作成および使用する方法の概要です。

  1. データプロバイダーからマップスタイルを選択して、 AWS アカウントにマップリソースを作成します。

  2. その後、開発環境とアプリケーションに合った SDK を選択してインストールできます。使用可能なオプションの詳細については、Amazon Location へのアクセスに関するトピックを参照してください。

  3. アプリケーションにマップを表示するには、マップリソースを Amplify、 MapLibreTangram などのレンダリングライブラリと組み合わせます。詳細については。 このガイドの「マップの使用」を参照してください。

  4. その後、Amazon CloudWatch や AWS CloudTrail Amazon Location などの サービスを使用してモニタリングを統合できます。詳細については、「Amazon による Amazon Location Service のモニタリング CloudWatch」および「 でのログ記録とモニタリング」を参照してください。

マップスタイル

マップリソースを作成するときは、そのリソースのマップスタイルを選択する必要があります。マップスタイルは、レンダリングされたマップの外観を定義します。たとえば、次の画像は、同じデータプロバイダーを Amazon Location の異なるマップリソースの 2 つの異なるスタイルで表現したものです。1 つのスタイルは、マップ内のベクターデータに基づく一般的な道路スタイルです。もう 1 つは、衛星画像を示すラスターデータです。マップを拡大または縮小するとスタイルが変わる場合がありますが、通常、スタイルには一貫したテーマがあります。スタイル情報をマップレンダリングライブラリに渡す前に、スタイル情報の一部または全部をオーバーライドできます。


                世界の同じエリアを 2 つの異なるスタイル (道路スタイルと衛星画像スタイル) で描画した画像。

政治的見解

Amazon Location Service 特定のマップスタイルでは、追加の政治的見解がサポートされています。

注記

政治的見解は、適用法に準拠して使用する必要があります。これには、Amazon Location Service を通じてアクセスする地図、画像、その他のデータ、およびサードパーティのコンテンツを利用できる国または地域のマッピングに関する法律が含まれます。

以下のマップスタイルは、インド (IND) の政治的見解に対応しています。

Amazon Location Service コンソールでは、表示されるスタイルをフィルタリングして、インドの政治的見解を支持するスタイルのみを表示できます。

カスタムレイヤー

カスタムレイヤーは、マップスタイルに対して有効化できる追加のレイヤーです。現在、 VectorEsriNavigation マップスタイルのみがPOIカスタムレイヤーをサポートしています。

POI カスタムレイヤーを有効にすると、ショップ、サービス、レストラン、アトラクション、その他の名所など、さまざまな場所の豊富なセットがマップに追加されます。デフォルトでは、カスタムレイヤーは unset です。詳細については、「Location API リファレンスMapConfiguration」の「」を参照してください。

マップレンダリング

アプリケーションでマップをレンダリングするには、通常、マップレンダリングライブラリを使用します。ライブラリにはよく使われるオプションがいくつかあります。

  • MapLibre - MapLibre は、インタラクティブマップをレンダリングするための専用のオープンソースライブラリであり、Amazon Location Service からマップをレンダリングするのに推奨される方法です。 MapLibre には、データソース (Amazon Location マップリソースなど) からラスターデータとベクトルデータをレンダリングする機能が含まれています。を拡張 MapLibre して、マップ上に独自のデータを描画できます。

  • Amplify — Amplify は、ウェブ、iOS、Android などのアプリケーションを構築するためのオープンソースフレームワークです。アプリケーションで Amplify を使用している場合は、Amazon Location 機能を含むように拡張できます。Amplify には、レンダリングマップなどの Amazon Location ベースのアプリケーションを作成するためのライブラリが含まれています。Amplify は MapLibre を使用してマップをレンダリングしますが、Amazon Location Service に固有の追加機能が用意されているため、より効率的に使用でき、検索やその他の機能も追加できます。

  • タグラム - タグラムは、 に似たインタラクティブなマップをレンダリングする代替オープンソースライブラリです MapLibre。

マップレンダリングライブラリは、ランタイムに Amazon Location Service からデータを取得し、選択したマップリソースに基づいてマップデータをレンダリングします。マップリソースは、使用するデータプロバイダーとマップスタイルを定義します。

以下の画像は、Amazon Location Service でマップリソースをマップレンダリングライブラリとともに使用して最終的なマップを作成する方法を示しています。


                Amazon Location Service でマップリソースを作成しているユーザーと、そのリソースを使用してマップデータを取得してマップをレンダリングするアプリを示す画像。
  1. AWS Management Console または を使用して、Amazon Location Service でマップリソースを作成します AWS CLI。これにより、使用するデータプロバイダーとマップスタイルが定義されます。

  2. アプリケーションには、マップレンダリングライブラリが含まれています。マップレンダリングライブラリには、使用するマップリソースの名前を指定します。マップレンダリングライブラリは、Amazon Location からそのマップリソースのデータとスタイル情報を取得し、マップを画面上にレンダリングします。

マップの用語

マップリソース

選択したプロバイダーのマップデータにアクセスできます。マップリソースを使用して、マップデータと、マップ上でのフィーチャのレンダリング方法を指定するスタイル記述子を含むマップタイルを取得します。

ベースマップ

マップに地理情報を提供し、ベクタータイルレイヤーとして格納します。タイルレイヤーには、道路名、建物、土地利用などの地理的コンテキストが含まれており、視覚的に参照できます。

ベクトル

ベクターデータは、ポイント、ライン、ポリゴンで構成されるシェープデータです。道路、場所、地域を地図上に保存して表示するためによく使用されます。ベクターシェイプは、マップ上のマーカーのアイコンとしても使用できます。

Raster

ラスターデータはグリッドで構成された画像データで、通常は色で構成されています。地形、衛星画像、ヒートマップなど、連続したデータをマップ上に格納して表示するためによく使用されます。ラスター画像は画像やアイコンとしても使用できます。

Map Style

ベクターデータには、データのレイヤーを描画して最終的なマップを作成する方法に関する情報が本質的に含まれていません。マップスタイルは、データの色やその他のスタイル情報を定義して、レンダリング時の外観を定義します。マップリソースには、マップのスタイル情報が含まれます。

Amazon Location Service は、Mapbox GL スタイル仕様に準拠したスタイルを提供します。

Vector タイル

ベクターシェイプを使用してマップデータを格納するタイル形式。このデータにより、最適なパフォーマンスを実現するためにファイルサイズを小さく抑えながら、表示解像度に合わせて調整し、さまざまな方法でフィーチャを選択的にレンダリングできるマップが作成されます。

サポートされているベクターファイル形式:Mapbox Vector Tiles (MVT)。

Glyph ファイル

エンコードされた Unicode 文字を含むバイナリファイル。マップレンダラーがラベルを表示するために使用します。

Sprite ファイル。

JSON ファイル内の場所の説明を含む小さなラスター画像を含む Portable Network Graphic (PNG) 画像ファイル。マップレンダラーがマップ上にアイコンやテクスチャをレンダリングするために使用されます。