Amazon Lookout for Vision のドキュメント履歴 - Amazon Lookout for Vision

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Lookout for Vision のドキュメント履歴

次の表は、Amazon Lookout for Vision デベロッパーガイドの各リリースにおける重要な変更点を説明したものです。このドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードでサブスクライブできます。

  • ドキュメンテーションの最新更新日:2022 年 10 月 20 日

変更説明日付

データセットのエクスポート例を追加

ListDatasetEntriesこのオペレーションを使用して Amazon Lookout for Vision プロジェクトからデータセットをエクスポートする方法を示す Python の例を追加しました。詳細については、「プロジェクト (SDK) からのデータセットのエクスポート」を参照してください。

2022 年 12 月 2 日

「はじめに」トピックの更新

サンプルデータセットを使用した画像セグメンテーションモデルの作成を説明するために、「はじめに」を更新しました。詳細については、「Amazon Lookout for Vision の開始方法」を参照してください。

2022 年 10 月 20 日

トラブルシューティングトピックを追加

モデルトレーニングのトラブルシューティングトピックを追加しました。詳細については、「モデルトレーニングのトラブルシューティング」を参照してください。

2022 年 10 月 17 日

Amazon SageMaker Ground Truth ルースジョブの使用に関するトピックを追加しました

画像に自分でラベルを付ける代わりに、Amazon SageMaker Ground Truth ジョブを使用して分類および画像セグメンテーションモデル用の画像にラベルを付けることができます。詳細については、「Amazon SageMaker Ground Truth ルースジョブの使用」を参照してください。

2022 年 8 月 19 日

Amazon Lookout for Vision では異常ローカライズが可能になりました。

さまざまな種類の異常 (傷、へこみ、裂け目など) が存在する画像上の位置、異常のラベル、および異常のサイズを見つけるセグメンテーションモデルを作成できます。詳細については、「トレーニング済みの Amazon Lookout for Vision モデルの実行」を参照してください。

2022 年 8 月 16 日

Amazon Lookout for Vision では、エッジデバイスで CPU 推論が可能になりました。

Amazon Lookout for Vision モデルをデプロイして、GPU アクセラレータを必要とせずに、CPU だけで Linux を実行する x86 コンピューティングプラットフォーム上でローカルに推論を実行できるようになりました。詳細については、「CPU アクセラレータ」を参照してください。

2022 年 8 月 16 日

Amazon Lookout for Vision で推論ユニットを自動的にスケーリングできるようになりました。

需要の急増に対応するため、Amazon Lookout for Vision では、モデルが使用する推論単位の数を調整できるようになりました。詳細については、「トレーニング済みの Amazon Lookout for Vision モデルの実行」を参照してください。

2022 年 8 月 16 日

Java サンプルが追加されました

Amazon Lookout for Vision 開発者ガイドに Java の例が含まれるようになりました。詳細については、「AWSSDKの開始方法」を参照してください。

2022 年 5 月 2 日

エッジデバイスへのモデル展開の一般公開

AWS IoT Greengrass Version 2によって管理されるエッジデバイスへのモデル展開が一般公開されました。詳細については、「エッジデバイスで Amazon Lookout for Vision モデルの使用」を参照してください。

2022 年 3 月 14 日

コンソールバケット情報の更新

コンソールバケットの内容とコンソールバケット作成の代替方法に関する情報を更新しました。詳細については、「ステップ 4: コンソールバケットの作成」を参照してください。

2022 年 3 月 7 日

CSV ファイルからのマニフェストファイルの作成

CSV ファイルから分類情報を読み取るスクリプトを使用して、マニフェストファイルの作成を簡略化できるようになりました。マニフェストファイルの作成の詳細については、「CSV ファイルからの作成」を参照してください。

2022 年 2 月 10 日

エッジデバイスへのモデル展開のプレビューリリース

AWS IoT Greengrass Version 2によって管理されるエッジデバイスへのモデル展開のプレビューリリースが利用可能になりました。詳細については、「エッジデバイスで Amazon Lookout for Vision モデルの使用」を参照してください。

2021 年 12 月 7 日

新しい Python と Java 2 の例が追加されました

DetectAnomalies で画像を解析するための Python と Java 2 の例を追加しました。詳細については、「画像内の異常を検出する」を参照してください。

2021 年 9 月 7 日

新規 AWS 管理ポリシーを追加しました。

Amazon Lookout for Visionは、AWS 管理ポリシーをサポートするようになりました。詳細については、「Amazon Lookout for Vision の AWS 管理ポリシー」を参照してください。

2021 年 5 月 11 日

推論ユニット情報を更新しました。

推論ユニットとその請求方法について説明した情報を追加しました。詳細については、「トレーニング済みの Amazon Lookout for Vision モデルの実行」を参照してください。

2021 年 3 月 15 日

Amazon Lookout for Vision の一般への提供状況。

Amazon Lookout for Vision が一般利用可能になりました。Python のコード例を更新し、モデルのトレーニングなどの非同期タスクを扱えるようにしました。

2021 年 2 月 17 日

タグ付けと AWS CloudFormation サポートを追加しました。

Amazon Lookout for Vision のモデルへのタグ付けと、AWS CloudFormation とのプロジェクト作成が可能になりました。詳細については、「モデルにタグを付ける」と「AWS での Amazon Lookout for Vision プロジェクトの作成」を参照してください CloudFormation。

2021 年 1 月 31 日

新しい特徴とガイド

本書は、Amazon Lookout for Visionサービス Amazon Lookout for Vision デベロッパーガイド の初回リリースです。

2020 年 12 月 1 日