ステップ 2: 管理者ユーザーおよびグループの作成 - Amazon Lookout for Vision

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 2: 管理者ユーザーおよびグループの作成

AWS アカウントを作成すると、アカウントのすべての AWS のサービスとリソースにアクセスできるシングルサインイン ID を取得します。このアイデンティティは、AWS アカウントのルートユーザーと呼ばれます。AWS root ユーザーアカウントを使用してにサインインするとAWS Management Console、アカウントのすべての AWS リソースへのフルアクセスが許可されます。

日常的なタスクには (それが管理タスクであっても)、ルートユーザーを使用しないよう強くお勧めします。代わりに、「個々の IAM ユーザーを作成する」のベストプラクティスであるAWS Identity and Access Management (IAM) 管理者ユーザーを作成することをおすすめします。その後、ルートユーザーの認証情報を安全な場所に保管し、それらを使用して少数のアカウントおよびサービス管理タスクのみを実行します。

詳細については、「Amazon Lookout for Vision と IAM との連携について」を参照してください。

管理者ユーザーを作成し、コンソールにサインインするには
  1. AWS アカウントで管理ユーザーを作成します。手順については、IAM ユーザーガイド「最初の IAM ユーザーと管理者グループの作成」を参照してください。

    注記

    管理者権限を持つ IAM ユーザーは、アカウントの AWS のサービスに無制限にアクセスできます。必要に応じて許可を制限できます。詳細については、「ステップ 3: アクセス許可の設定」を参照してください。

  2. AWS Management Consoleにサインインします。

    IAM ユーザーとして AWS マネジメントコンソールにサインインするには、特別な URL を使用する必要があります。詳細については、IAM ユーザーガイド「ユーザーがアカウントにサインインする方法」を参照してください。