モデルのタグ付け - Amazon Lookout for Vision

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

モデルのタグ付け

タグを使用して、Amazon Lookout for Vision モデルを識別、整理、検索、フィルタリングできます。各タグは、ユーザー定義のキーと値で構成されるラベルです。たとえば、モデルの課金を決定しやすくするためには、モデルに Cost center キーでタグ付けし、適切なコストセンター番号を値として追加します。詳細については、 「AWS リソースにタグ付けする」を参照してください。

タグを使用して、次の操作を行います。

Amazon Lookout for Visionのコンソールを使用するか、AWS SDK を使用することでモデルにタグ付けすることができます。

モデルのタグ付け (コンソール)

Amazon Lookout for Vision コンソールを使用して、モデルにタグを追加したり、モデルに追加されたタグを表示したり、タグを削除したりできます。

タグの追加または削除 (コンソール)

この手順では、既存のモデルにタグを追加する方法、または既存のモデルからタグを削除する方法について説明します。トレーニング中に新しいモデルにタグを追加することもできます。詳細については、「モデルのトレーニング」を参照してください。

既存のモデルにタグを追加または削除するには (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/lookoutvision/ で Amazon Lookout for Vision コンソールを開きます。

  2. [Get started] (開始方法) を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Projects] (プロジェクト)を選択します。

  4. [Projects] (プロジェクト) リソースページで、タグ付けしたいモデルを含むプロジェクトを選択します。

  5. ナビゲーションペインの、以前に選択したプロジェクトの下で、[Models] (モデル) を選択します。

  6. [Models] (モデル) セクションで、タグを追加するモデルを選択します。

  7. モデルの詳細ページで、[Tags] (タグ) タブを選択します。

  8. [Tags] (タグ)タブで、[Manage tags] (タグの管理)を選択します。

  9. [Manage tags] (タグの管理) ページで、[Add new tag] (タグの追加) を選択します。

  10. キーと値を入力します。

    1. [Key] (キー) に、キーの名前を入力します。

    2. [Value] (値)に値を入力します。

  11. さらにタグを追加するには、手順 9~10 を繰り返します。

  12. (オプション) タグを削除するには、削除したいタグの横にある[Remove] (削除) を選択します。以前に保存したタグを削除する場合、変更を保存するとそのタグが削除されます。

  13. [Save changes] (変更の保存)を選択して、変更を保存します。

モデルタグの表示 (コンソール)

Amazon Lookout for Vision コンソールを使用して、モデルに追加されているタグを表示できます。

プロジェクト内のすべてのモデルに追加されたタグを表示するには、AWS SDK を使用する必要があります。詳細については、「モデルタグの一覧表示 (SDK)」を参照してください。

モデルに追加されたタグを表示するには
  1. https://console.aws.amazon.com/lookoutvision/ で Amazon Lookout for Vision コンソールを開きます。

  2. [Get started] (開始方法) を選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Projects] (プロジェクト)を選択します。

  4. [Projects] (プロジェクト) リソースページで、タグを表示したいモデルを含むプロジェクトを選択します。

  5. ナビゲーションペインの、以前に選択したプロジェクトの下で、[Models] (モデル) を選択します。

  6. [Models] (モデル) セクションで、タグを表示するモデルを選択します。

  7. モデルの詳細ページで、[Tags] (タグ) タブを選択します。タグは[Tags] (タグ) セクションに示されています。

モデルのタグ付け (SDK)

AWS SDKを使用することで、以下のことが可能になります。

  • 新しいモデルにタグを追加する

  • 既存のモデルにタグを追加する

  • モデルに追加されたタグを一覧表示する

  • モデルからタグを削除する

このセクションには AWS CLI の例が含まれます。AWS CLI をまだインストールしていない場合は、「ステップ 5: AWS CLI と AWS SDK をセットアップする」を参照してください。

新しいモデルへのタグの追加 (SDK)

CreateModelオペレーションを使用してモデルを作成するときは、モデルにタグを追加できます。Tags 配列入力パラメータで 1 つ以上のタグを指定します。

aws lookoutvision create-model --project-name "project name"\ --output-config '{ "S3Location": { "Bucket": "output bucket", "Prefix": "output folder" } }'\ --tags '[{"Key":"Key","Value":"Value"}]'

モデルの作成とトレーニングの詳細については、「モデルをトレーニングする (SDK)」 を参照してください。

既存のモデルへのタグの追加 (SDK)

既存のモデルに 1 つ以上のタグを追加するには、[TagResourceオペレーションを使用します。モデルの Amazon リソースネーム (ARN) (ResourceArn) と、追加したいタグ (Tags) を指定します。

aws lookoutvision tag-resource --resource-arn "resource-arn"\ --tags '[{"Key":"Key","Value":"Value"}]'

Java コードの例については、を参照してくださいTagModel

モデルタグの一覧表示 (SDK)

モデルに追加されたタグを一覧表示するには、ListTagsForResourceオペレーションを実行し、モデルの Amazon リソースネーム (ARN)、(ResourceArn) を指定します。応答は、指定されたモデルに追加されているタグキーと値のマップです。

aws lookoutvision list-tags-for-resource --resource-arn resource-arn

プロジェクト内のどのモデルに特定のタグがあるかを確認するには、ListModels でモデルのリストを取得します。次に、ListModels からの応答で各モデルに対して ListTagsForResource を呼び出します。ListTagsForResource からのレスポンスを検査して、必要なタグが存在するかどうかを確認します。

Java コードの例については、を参照してくださいListModelTags。すべてのプロジェクトでタグの値を検索する Python コードの例については、「find_tag.py」を参照してください。

モデルからタグを削除する (SDK)

1 つ以上のタグを削除するには、[UntagResourceOperation] (プロジェクト削除) を呼び出して、モデルの Amazon リソースネーム (ARN) (ResourceArn) と、削除したいタグ (Tag-Keys) を指定します。

aws lookoutvision untag-resource --resource-arn resource-arn\ --tag-keys '["Key"]'

Java コードの例については、を参照してくださいUntagModel