AMI エイリアスの使用 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AMI エイリアスの使用

Amazon Machine Image (AMI) はAMI ID。♪AMI ID製品の起動時に使用する AMI を指定します。-AMI IDという形式があります。ami-<identifier>と指定します。たとえば、ami-123example456。各製品の各バージョンAWS リージョンには異なる AMI があり (AMI ID).

製品をから起動するとAWS Marketplaceとすると、AMI IDが自動的に入力されます。HAVINGAMI IDは、製品の起動を自動化したい場合に便利です。AWS Command Line Interface(AWS CLI)、または Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) を使用します。[] は、AMI IDを起動時にソフトウェアを構成するときに使用します。詳細については、「ステップ 2: ソフトウェア設定を選択します。」を参照してください。

-Ami Aliasも同じ位置にあります。AMI ID、ソフトウェアを構成するときに選択します。-Ami Aliasに似た ID です。AMI IDですが、オートメーションで使いやすいです。AnAMI aliasという形式があります。aws/service/marketplace/prod-<identifier>/<version>と指定します。たとえば、 aws/service/marketplace/prod-1234example5678/12.2。これを使うことができますAmi Alias任意のリージョンの ID、およびAWSは、それを正しい地域に自動的にマッピングしますAMI ID

製品の最新バージョンを使用する場合は、latestのバージョンの代わりにAMI aliasと指定します。AWSは、製品の最新バージョンを選択します。たとえば、aws/service/marketplace/prod-1234example5678/latest

警告

の使用latestオプションは、最新リリースバージョンのソフトウェアを提供します。ただし、この機能は慎重に使用してください。たとえば、製品のバージョン 1.x と 2.x が使用可能な場合は、2.x を使用している可能性があります。ただし、最新バージョンの製品が 1.x のバグ修正である可能性があります。

AMI エイリアスの使用例

AMI エイリアスは自動化に役立ちます。それらはAWS CLIまたはAWS CloudFormationテンプレートを使用します。

以下の例は、AMI エイリアスを使用して、インスタンスを起動する方法を示しています。AWS CLI。

aws ec2 run-instances --image-id resolve:ssm:/aws/service/marketplace/<identifier>/version-7.1 --instance-type m5.xlarge --key-name MyKeyPair

次の例は、インスタンスを作成するための入力パラメータとして AMI エイリアスを受け入れる CloudFormation テンプレートを示しています。

AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 Parameters: AmiAlias: Description: AMI alias Type: 'String' Resources: MyEC2Instance: Type: AWS::EC2::Instance Properties: ImageId: !Sub "resolve:ssm:${AmiAlias}" InstanceType: "g4dn.xlarge" Tags: -Key: "Created from" Value: !Ref AmiAlias