AWS Marketplace for Desktop Applications (AMDA) - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Marketplace for Desktop Applications (AMDA)

AWS Marketplacefor Desktop Applications (AMDA) は、Amazon で実行される仮想化デスクトップアプリケーションのカタログです。 WorkSpaces。AMDA を使用すると、11 のソフトウェアカテゴリ全体で無料および有料のアプリケーションを見つけてサブスクライブできます。アプリケーションは、仮想化コンテナ内でネイティブにインストールされたアプリケーションのように動作し、購入者は毎月ユーザー単位で課金されます。

買い手はAmazonを使う WorkSpaces Application Manager (Amazon WAM) コンソールを使用して、 WorkSpaces。アプリケーションはそれぞれに配信されます WorkSpace Amazon WAM クライアントアプリケーションを介して。

仮想化テクノロジーを使用すると、多くの場合に再起動せずにプログラムを迅速に配信できるため、ユーザーはサブスクライブしたアプリケーションを迅速に起動および使用できます。ユーザーは、自身に割り当てられているアプリケーションに対してのみ課金され、初回起動時から割り当てが取り消されるまで月額で課金されます。詳細については、以下の リソースを参照してください。

オンボーディングプロセスの開始

の条件の下でAWS MarketplaceDesktop Applications Publisher Addendum (「AMDA Addendum」) の場合、Amazon Web Services, Inc. が、AMDA チャネルを通じて利用可能にすることを販売者が選択したアプリケーションのレコードの販売者です。登録販売者としてはAWSあなたが請求する価格を知る必要があるAWSお持ちになる予定の商品についてAWS Marketplace。料金は、月単位かつユーザー単位である必要があります。AWS購入者への最終的な価格を決定することを支援します。

商品を米国以外で出版させるにはAWS リージョン,AWSまた、該当する輸出分類情報を含む特定の輸出分類情報を提供する必要があります輸出管理分類番号(ECCN)。

製品の初期テスト中およびテスト後に、お客様は AMDA Business Development チームのメンバーに質問することができます。そうすればあなたはそうするでしょう受信E メールメッセージの送信者AMDA Addendum を使用して、お客様が記入および署名し、副署のために返送します。AMDA補遺は、以下の利用規約の補遺です。AWS Marketplace販売者。したがって、AWS Marketplace販売者アカウントと次の条項をクリックしてくださいオンボーディングプロセスを開始する前に、AMDAにアプリケーションを含めてください。

製品の送信とパッケージ化

仮想化とパッケージ化は AWS Marketplace マネージドカタログ業務チーム (MCO) チームによって処理されます。AMDA ベンダーは、ソフトウェアインストーラ、インストール手順、および製品メタデータを提供します。MCO は、お客様と連携して、AMDA のパッケージ化と作成プロセスを完了します。現時点では、すべて AMDA ソフトウェアは、そのパッケージが保存される Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセス権限を持つ MCO 管理アカウントを使用してパッケージ化する必要があります。AWSは共有パッケージを受け付けることはできません。製品を送信する前に、次のガイドラインを確認してください。MCO は、以下の項目を受け取ったときにパッケージ化リクエストの処理を開始します。

  1. ソフトウェアインストーラとライセンスキー:

    1. Amazon S3 バケットまたはホストされているインストーラファイル (.msi または.exe など) の外部 URL。

    2. Windows Server 2008 R2 に対応したサーバーライセンスキー。

  2. インストール手順:

    1. Windows Server 2008 R2 での既知の問題

    2. サイレントインストールのコマンドライン引数

    3. ライセンスメカニズムに関する注意事項:

      1. ライセンスが保存される場所。

      2. ライセンスの検証方法。

      3. ライセンスチェックをトリガーするアクション。

    4. 自動更新

      1. 有効になっている場合は、この機能を無効にする方法の説明。

    5. サービスまたはレジストリの要件:

      1. 必須のサービスまたはレジストリキーのリストと、その目的の簡単な説明。

  3. テストサーバー、データファイル、およびその他の外部要素

    1. インストールに必要である場合は、外部コンポーネント (SQL Server など) のテスト環境を提供。

    2. プログラムがデータファイルを処理する場合は、当社でパフォーマンスと機能を評価するためのテストファイルを含めます。

  4. プログラムのすべての依存関係の一覧。次に例を示します。

    1. C++ 再頒布可能パッケージ

    2. Java、 QuickTime、など

    3. GPU 要件/ハードウェア要件

  5. プログラムの技術担当者の連絡先

    1. 技術的な質問や、テストおよびパッケージ化で発生した問題の問い合わせ先

アプリケーションのパッケージ化タイプ

AMDA のパッケージ化は、仮想化インストールとサイレントインストールの 2 つの方法で完了できます。

仮想化インストールでは、AMDA パッケージ化ツールを使用して、インストールプロセス中のファイルの変更がすべてモニタリングされます。AWSインストーラの実行可能ファイルを選択して インストール、すべてのファイル変更を監視します。AWS次に、レジストリ、サービス、およびファイル構造へのカスタム変更を行って、プログラムの安定性とパフォーマンスを評価します。

一部の高度なプログラムでは、サイレントインストールメカニズムが必要です。その場合、AMDA は、ユーザーでアプリケーションが初めて起動されるときにのみソフトウェアが物理的にインストールされるように、インストーラファイルのみを仮想化します。 WorkSpace。サイレントインストールプログラムを削除するためのスクリプト作成の追加手順が必要です。

AMDA パッケージの構築

パッケージ化プロセスは、Windows Server 2008 R2 仮想マシン (VM) である、インストール先のターゲットマシンの差分の作成に依存しています。Tパッケージ化ツールは、インストールプロセス中に VM をモニタリングし、変更されたファイルのマニフェストを作成し、取り込むパッケージにそのマニフェストをローリングします。

変更をプログラムによってキャプチャした後、AWS技術者は、変更されたファイル、サービス、およびレジストリエントリを検査して、すべての変更が正確にキャプチャされていることを確認します。このプロセスでは、技術者は、アンインストールと自動更新の参照をすべて削除して、アプリケーションが仮想化パッケージの範囲内にとどまっていることを確認します。

特定の Windows サービス (バックグラウンドで実行されている Windows サービスや.dll 要件など) に依存するプログラムでは、追加のテストおよびパッケージ化が必要になることがあります。デフォルトでは、プログラムのすべてのプロパティは、オンデマンドで実行されるように仮想化されます。一部のサービスでは、実行時にプログラムで確実に利用できるように、権限昇格が必要になることがあります。

ライセンスキーは、パッケージ化プロセス中にキャプチャされ、エンドユーザーはワンクリックでシームレスに操作できます。プログラムで初回起動時にライセンスキーが必要である場合は、ライセンスをアプリケーションファイルに手動で追加する方法に関する詳細な注意事項を含めます。

アプリケーションメタデータ

最新のデータロードフォームは、次の場所で入手できます。https://s3.amazonaws.com/aws-mp-vendor-guide/AMDAProductDataLoadxlsx次のアプリケーションメタデータをAMDA に入力します。ProductDataLoad.xlsx ロードフォームを作成し、そのフォームをアプリケーション送信に含めます。

  • Title-製品のタイトル。

  • Full Description-製品詳細ページに表示される説明。

  • Short Description-検索結果ページに表示される説明。

  • End User License Agreement (EULA) URL。

  • Image-製品詳細ページ、検索結果ページ、および AMDA ウェブサイトのその他の場所に表示される製品イメージまたはロゴ。正方形のイメージロゴの URL を指定します。

  • Categories-製品のソフトウェアカテゴリ。使用可能なカテゴリについては AMDA ホームページを参照してください。

  • Software by-製品ページに表示されるソフトウェア開発者であり、通常は企業名です。

  • Vendor URL-お客様のウェブサイトまたは製品の詳細情報が表示される特定のページへのリンク。

    • Support Email/Message/URL-いずれか 1 つのフィールドは必須ですが、複数の連絡先を推奨。

取り込みと新しいバージョン更新

各 AMDA 製品の取り込みは、AWS Marketplace MCO チームによって処理されます。現在のパイプラインサポートは、木曜日にリリースされています。AWS火曜日の正午 (PST) に、メタデータと最終的なパッケージ化をロックします。火曜日の正午 (PST) 以降のリクエストは、翌週の発行日に発行対象となります。新しいバージョン更新は同じスケジュールで作成されます。

メタデータの更新がリクエストされていない場合は、インストーラと関連ファイルのみが必要です。

メタデータを更新している場合は、更新した製品データロードフォームを AWS Marketplace Seller Operations チームに送信します。