使用権限の確認 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

使用権限の確認

SaaS 契約製品の場合、販売者の製品はを呼び出しますAWS Marketplace Entitlement Serviceを使用して、顧客の使用権限を取得しますGetEntitlements。製品では、そのアカウントでのそれ以降の使用量を AWS Marketplace 使用権限管理サービスに照らして確認する必要があります。たとえば、顧客がアカウントで 10 ユーザーをプロビジョンしている場合、製品はそのキャパシティの使用権限を AWS Marketplace 使用権限管理サービスで確認する必要があります。

製品に対する顧客の使用権限を確認するには、AWS Marketplace 使用権限管理サービスの GetEntitlements オペレーションを使用します。-AWS Marketplace使用権限管理サービスは、米国東部 (バージニア北部) リージョンでのみ利用できます。entitlement.marketplace.us-east-1.amazonaws.com

GetEntitlements はフィルタとして顧客識別子およびディメンションを受け付けます。ProductCode は必須パラメータです。このオペレーションは、使用権限のページ分割されたリストを返します。結果には、その使用権限が有効である最小期間を示す ExpirationDate フィールドがあります。顧客が自動更新をセットアップしている場合、 ExpirationDate フィールドは更新日です。

コードの例については、「SaaS 製品統合のためのコード例」を参照してください。

ユーザー操作に関する使用権限の取得

次の例は、ユーザー操作に関する使用権限を取得するプロセスを理解するのに役立ちます。

例: ユーザーベースの製品

所定の顧客に対していくつかのアカウントが存在できる製品を提供しています。その顧客はダッシュボードで新しいユーザーを (たとえば、認証情報を割り当てるために) プロビジョニングできます。顧客が新しいユーザーをプロビジョニングすると、製品は GetEntitlements を呼び出して、そのキャパシティがあることを確認します。キャパシティがない場合は、AWS Marketplace Metering Service を呼び出して、追加ユーザーに対して課金するようにできます。

例: データストレージ製品

顧客が特定量のデータを暗号化形式または非暗号化形式で保存できる製品を提供しています。顧客は、製品での既存のデータ量および割り当て済みのデータ量が表示されるダッシュボードを表示できます。ダッシュボードでは、GetEntitlements を使用して割り当て量を取得します。