コンテナ製品の契約価格AWS License Manager - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コンテナ製品の契約価格AWS License Manager

契約価格のコンテナベースの製品の場合は、AWS License Managerをクリックして、ライセンスを製品に関連付けます。

AWS License Managerは、顧客が購入したライセンス (エンタイトルメントとも呼ばれる) をアプリケーションで追跡および更新できるようにするライセンス管理ツールです。このセクションでは、製品をと統合する方法について説明します。AWS License Manager。統合が完了したら、製品リストをAWS Marketplace。

License Manager をAWS MarketplaceにとってContainer、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、およびとの統合AWS MarketplaceLicense Manager 付きコンテナエニウェア製品

の詳細AWS License Manager「」を参照してください。AWS License ManagerユーザーガイドAWS License Managerの セクションAWS CLIコマンドリファレンス

ライセンスモデル

AWS Marketplaceと の統合AWS License Managerは 2 つのライセンスモデルをサポートしています。

設定可能なライセンスモデル

構成可能ライセンスモデル (数量化可能ライセンスモデルとも呼ばれる) は、購入者がライセンスを取得した後、購入者に特定の量のリソースを付与します。

価格設定ディメンションと単価を設定します。次に、購入者は購入するリソースの数量を選択できます。

例 価格ディメンションと単価あたり

価格ディメンション (データバックアップなど) と単価 (30ドル/ユニットなど) を設定できます。

購入者は、5 個、10 個、または 20 個購入できます。

製品は使用量を追跡して測定し、消費されたリソースの量を測定します。

設定モデルでは、エンタイトルメントは次の 2 つのいずれかにカウントされます。

ドローダウンライセンス

ライセンスは、使用時に許可されたライセンス数のプールから引き出されます。そのエンタイトルメントは永久にチェックアウトされ、ライセンスプールに戻すことはできません。

例 限られた量のデータを処理する

ユーザーには 500 GB のデータを処理する権利があります。データを処理し続けると、500 GBのライセンスがすべて消費されるまで、500 GBのプールから数量が引き出されます。

ドローダウンライセンスでは、CheckoutLicense消費されたライセンスユニット (エンタイトルメント) をチェックアウトする API オペレーション。

例 S3へのバックアップの単位数/年

1 年間、最大 1,024 ユニットのデータで最大 1,024 ユニットのデータでSimple Storage Service (Amazon S3)、、、、、、、、、、、アプリケーションは、複数の Amazon EC2 インスタンスを使用して起動できます。アプリケーションには、データを追跡および集計するメカニズムがあります。ソフトウェアがCheckoutLicense消費された数量を更新するために、バックアップごとに、または一定間隔でプロダクト ID を使用する API オペレーション。

この例では、ソフトウェアがCheckoutLicense10 単位のデータをチェックアウトする API オペレーション。合計容量が顧客が購入したバックアップ制限に達すると、API 呼び出しは失敗します。

リクエスト

linux-machine ~]$ aws license-manager checkout-license\ --product-sku "2205b290-19e6-4c76-9eea-377d6bf7la47" \ --checkout-type "PERPETUAL" \ --key-fingerprint "aws:294406891311:AWS/Marketplace:issuer-fingerprint" \ --entitlements "Name=DataConsumption, Value=l0, Unit=Count" \ --client-token "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE"

[Response] (レスポンス)

{ "CheckoutType": "PERPETUAL", "EntitlementsAllowed": [ { "Name": "DataConsumption", "Count": 10, "Units": "Count", "Value": "Enabled" } }, "Expiration": "2021-04-22Tl9:02: 36", "IssuedAt": "2021-04-22Tl8:02:36", "LicenseArn": "arn:aws:license-manager::294406891311:license:l-16bf01b...", "LicenseConsumptionToken": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" }

浮遊ライセンス

ライセンスは、使用後に許可されたライセンス数のプールに戻されます。

フローティングライセンスの場合、アプリケーションはエンタイトルメントプールからエンタイトルメントをチェックアウトします。CheckoutLicenseリソースが使用されているときの API オペレーション。のレスポンスCheckoutLicenseAPI オペレーションには、チェックアウトの一意の識別子であるライセンス消費トークンが含まれます。ライセンス消費トークンを使用して、チェックアウトされたエンタイトルメントに対して追加のアクション (ライセンスにチェックインし直す、チェックアウトを延長するなど) を実行できます。

エンタイトルメントをプールにチェックインし直すには、CheckInLicenseリソースが使用されなくなったときの API オペレーション。

aws license-manager check-in-license --license-consumption-token "f1603b3c1f574b7284db84..."

エンタイトルメントのチェックインに失敗した場合 (アプリケーションがクラッシュした場合)、エンタイトルメントは 60 分後に自動的にプールにチェックインします。リソースが 60 分より長く使用されている場合は、ExtendLicenseConsumptionリソースが使用されている限り、API オペレーション。

aws license-manager extend-license-consumption --license-consumption-token "f1603b3c1f574b7284..."

例 固定された上限からのユーザー数の割合

ユーザーには、アプリケーション上で500人の同時ユーザーを利用する権利があります。ユーザーがログインしてログアウトすると、ユーザーは引き出され、500人のユーザーのプールに戻ります。ただし、500 人の同時ユーザーが固定の上限であるため、アプリケーションはプールから 500 人を超えるユーザーを引き出すことはできません。

フローティングエンタイトルメントには、CheckInLicenseライセンスユニットをエンタイトルメントプールに戻すための API オペレーション。

例 1 年間の同時ユーザー数

製品の料金は、同時ユーザー数に基づいて決定されます。顧客は1年間10ユーザー分のライセンスを購入します。顧客は、次の方法でソフトウェアを起動します。AWS Identity and Access Management(IAM) のアクセス許可。ユーザーがログインすると、アプリケーションはCheckoutLicense数量を 1 減らすための API オペレーション。ユーザーがログアウトすると、アプリケーションはCheckInLicenseAPI オペレーション 電話しなければCheckInLicenseの場合、ライセンスユニットは 1 時間後に自動的にチェックインされます。

注記

次のリクエストでは、key-fingerprintはプレースホルダ値ではなく、すべてのライセンスが公開されるフィンガープリントの実際の値です。

リクエスト

aws license-manager checkout-license\ --product-sku "2205b290-19e6-4c76-9eea-377d6bf7la47" \ --checkout-type "PROVISIONAL" \ --key-fingerprint "aws:294406891311:AWS/Marketplace:issuer-fingerprint" \ --entitlements "Name=ReadOnlyUSers, Value=l0, Unit=Count" \ --client-token "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE"

[Response] (レスポンス)

{ "CheckoutType": "PROVISIONAL", "EntitlementsAllowed": [ { "Name": "ReadOnlyUsers", "Count": 10, "Units": "Count", "Value": "Enabled" } }, "Expiration": "2021-04-22Tl9:02: 36", "IssuedAt": "2021-04-22Tl8:02:36", "LicenseArn": "arn:aws:license-manager::294406891311:license:l-16bf01b...", "LicenseConsumptionToken": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" }

階層型ライセンスモデル

階層型ライセンスモデルは、購入者がライセンスを購入した後、特定のレベル、またはアプリケーション機能の階層を購入者に付与します。

ベーシック、中級、プレミアムなど、製品の階層を作成します。次に、購入者は定義済みの階層の1つを選択します。

アプリケーションは、アプリケーションの使用状況を追跡または測定する必要はありません。

階層型ライセンスモデルでは、資格はカウントされず、代わりに顧客が調達したサービスの階層を示します。

バンドルされた機能を一緒に提供したい場合は、階層が望ましいです。

例 ベーシック、中級、プレミアムティアの

お客様は、ソフトウェアの 3 つの可能な階層のうちの 1 つの契約に署名できます。ベーシック、中級、プレミアム。これらの階層にはそれぞれ独自の価格設定があります。ソフトウェアは、顧客がサインアップした階層をCheckoutLicenseAPI オペレーションと、リクエストで可能なすべての階層を指定する。

リクエストの応答には、顧客が調達した階層に対応するエンタイトルメントが含まれます。この情報に基づいて、ソフトウェアは適切な顧客体験を提供できます。

リクエスト

linux-machine ~]$ aws license-manager checkout-license\ --product-sku "2205b290-19e6-4c76-9eea-377d6bf7la47" \ --checkout-type "PROVISIONAL" \ --key-fingerprint "aws:294406891311:AWS/Marketplace:issuer-fingerprint" \ --entitlements "Name=BasicTier, Unit=None" "Name=IntermediateTier, Unit=None" \ "Name=PremiumTier, Unit=None"

応答

{ "CheckoutType": "PROVISIONAL", "EntitlementsAllowed": [ { "Name": "IntermediateTier", "Units": "None" } }, "Expiration": "2021-04-22Tl9:02:36", "IssuedAt": "2021-04-22Tl8:02:36", "LicenseArn": "arn:aws:license-manager::294406891311:license:l-16bf01b...", "LicenseConsumptionToken": "AKIAIOSFODNN7EXAMPLE" }

AWS License Manager統合の前提条件

製品を公開する前に、次を行う必要があります。

  1. AWS Marketplace 管理ポータル で新しいコンテナ製品を作成し、その製品コードを書き留めます。

    詳細については、「コンテナ製品の作成」を参照してください。

  2. 必要な価格情報を製品積載フォーム (PLF) に記入し、処理のために当社に返送してください。

    詳細については、「コンテナ製品の価格詳細を作成または更新する」を参照してください。

  3. を呼び出すために必要な IAM アクセス権限を持つアプリケーションを実行している IAM ロールは、CheckoutLicense,ExtendLicenseConsumption, およびCheckInLicenseAPI オペレーション

    必要な IAM 権限は、次の IAM ポリシーで詳しく説明されています。

    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Sid":"VisualEditorO", "Effect":"Allow", "Action":[ "license-manager:CheckoutLicense", "license-manager:GetLicense", "license-manager:CheckInLicense", "license-manager:ExtendLicenseConsumption", "license-manager:ListReceivedLicenses" ], "Resource":"*" } ] }
  4. にテストコールを発信するRegisterUsage定義したすべての料金ディメンションのレコードを持つ API オペレーション

コンテナ製品とLicense Manager 統合

コンテナベースの製品を License Manager と統合するには

  1. License Manager を呼び出すように IAM 権限を設定します。詳細については、「AWS License Manager統合の前提条件」を参照してください。

  2. のダウンロードAWSSDK.

    注記

    設定しないAWSソフトウェア内の認証情報AWS購入者の認証情報は、コンテナが Amazon EC2 インスタンス、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  3. 製品にライセンスチェックを追加します。

    あなたの製品はCheckoutLicenseライセンスチェックを実行する必要がある場所でのAPI操作。ライセンスを確認するには、製品が以下を認識している必要があります。

    1. ライセンスの信頼できる発行者 (AWS Marketplace)

    2. アプリケーションの製品 SKU (製品 ID)

    3. このアプリケーションを確認する資格

    API 呼び出しは、設定した価格ライセンスの種類によって異なります。

  4. で製品の出品の出品の公開AWS Marketplace。

License Manager API

顧客の License Manager アカウントに保存されているライセンスを管理するために、ソフトウェアは次の API オペレーションを使用できます。

  • GetLicense— ソフトウェアが照会できる API。購入したライセンスのステータス (期限切れまたは間もなく期限切れ) を取得し、ステータス通知を顧客に送信します。

  • CheckoutLicense— ユーザーが購入したライセンスを検出します。また、 を使用することもできますCheckoutLicenseユーザーが一定量のライセンスを消費したときにライセンス数量を更新するAPIオペレーション。とCheckoutLicenseでは、お客様が使用するライセンスの数量を継続的に確認できます。お客様がすべてのライセンスを使い果たした場合、この呼び出しはエラーを返します。推奨される実行ケイデンスについての情報CheckoutLicense「」を参照してください。ライセンスの更新とアップグレード

  • ExtendLicenseConsumption— フローティングディメンションの場合、ソフトウェアがライセンスをチェックアウトすると、ライセンスは 60 分後に自動的にプールに戻ります。ライセンスがチェックアウトされている期間を延長する場合は、ExtendLicenseConsumptionライセンスをさらに60分間延長するAPI操作。

  • CheckInLicense— 変動ディメンションの場合、ライセンスをエンタイトルメントプールに戻す場合は、CheckInLicenseAPI オペレーション

  • ListReceivedLicensesAPI — 購入者が購入したライセンスを一覧表示します。

ライセンスの更新とアップグレード

お客様は、AWS Marketplace 管理ポータル。追加購入後、AWS Marketplaceは、新しいエンタイトルメントを反映した新しいバージョンのライセンスを生成します。 ソフトウェアは同じ API オペレーションを使用して新しいエンタイトルメントを読み取ります。更新やアップグレードを処理するために、License Manager の統合に関しては何も行う必要がありません。

ライセンスの更新、アップグレード、キャンセルなどの理由で、製品にCheckoutLicense製品が使用されている間、API操作を定期的に行います。を使用してCheckoutLicenseAPI操作を定期的に行うことで、製品はアップグレードや有効期限などのエンタイトルメントの変更を検出できます。

を実行することをお勧めします。CheckoutLicenseAPI コールは、15 分ごとに実行します。