のカスタム計測cAWS Marketplace Metering Service を使用したコンテナ製品 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のカスタム計測cAWS Marketplace Metering Service を使用したコンテナ製品

AWS Marketplace コンテナー製品は、製品ごとに最大 24 の異なる料金ディメンションでカスタム計測を設定できます。各ディメンションには、長期契約料金を関連付けることができます。カスタムメータリングを有効にするには、コンテナ製品を AWS Marketplace メータリングサービスと統合します。独自の料金単位とその使用量に対するカスタム測定を定義できます。AWSを使用した課金MeterUsageAPI オペレーション。

料金ディメンションは、製品積載フォームおよびMeterUsageオペレーション. この 2 つの要素方法により、後続のオファーが一般公開される前に意図したとおりに作動することを確実にします。

カスタム計測を設定するには、使用カテゴリ、単位タイプ、料金ディメンションを選択する必要があります。

  • 使用すると— 使用カテゴリは、購入者が製品の内容とその使用方法を理解するために役立ちます。

  • 単位タイプ— 単位タイプは、請求の単位を定義します。GBps または MBps、MBps、MBps、GB、GB、GB、GB、GB、GB、GB、TB、GB、TB、GB、TB、B、

  • 料金表料金表— 料金ディメンションは、単位あたりの料金を設定した機能またはサービス (ユーザー、スキャン、vCPUs、デプロイされたエージェントなど)。価格設定ディメンションは公開されています。ただし、パブリック製品の非公開プランと BYOL (BYOL) オファーを定義することはできます。計測レコードに料金設定を送信しないでください。単位の数量を計測すると、製品を作成するときに定義した料金と共にこれを使用して、購入者の請求書を計算します。

    製品の料金設定が事前定義されたカテゴリーまたは単位タイプに適合しない場合は、汎用を選択できます。単位カテゴリ. 次に、寸法の説明を使用して、単位を説明します。

オプションで、追跡するプロパティによって使用量を割り当てに分配できます。割り当ては、購入者へのタグとして表されます。これらのタグを使用すると、購入者はタグ値によって使用量に分割されたコストを表示できます。たとえば、ユーザーごとに課金し、ユーザーに「Department」プロパティがある場合、キーが「Department」で、値ごとに 1 つの割り当てを持つタグを使用して使用量割り当てを作成できます。これにより、レポートする価格、ディメンション、または合計使用量は変更されませんが、顧客は製品に適したカテゴリ別にコストを表示できます。

計測レコードは 1 時間ごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとにごとに ただし、1 日または月ごとの使用量を集計することもできます。停止が発生した場合は、購入者ソフトウェアの使用を集約し、次の時間帯に送信できます。1 時間に複数のレコードを送信することはできません。

重要

無料トライアルとプリペイドエンタイトルメントは時間単位で追跡されます。その結果、これらのレコードを別々に送信すると、購入者が過剰に課金される可能性があります。

カスタム計測の前提条件

製品を公開する前に、次を行う必要があります。

  1. AWS Marketplace 管理ポータル で新しいコンテナ製品を作成し、その製品コードを書き留めます。

  2. 製品積載フォームに必要なディメンション情報を入力し、処理のために当社に返送してください。

  3. の使用AWS Identity and Access Managementを呼び出すために必要な IAM アクセス権限を持つ、アプリケーションを実行するタスクまたはポッドの (IAM) ロールMeterUsage。IAM 管理ポリシーAWSMarketplaceMeteringRegisterUsageにはこれらのアクセス権限があります。

  4. (オプション) AWS CloudTrail ロギングを表示する場合は、タスクまたはポッドの定義でロギングを有効にすることをお勧めします。

  5. にテストコールを発信するMeterUsage定義したすべての料金ディメンションのレコードを持つ API オペレーション。

カスタム計測用の製品ロードフォーム

カスタム計測用の製品積載フォームに記入する場合、各製品には最大 24 のディメンションを設定できます。ディメンションは、以下のフィールドで定義されます。

  • ディメンション名— コンテナアプリケーションがAWS Marketplace Metering Service。この名前は、購入者が使用するディメンションを示します。この名前は請求レポートに記載されます。この名前を設定した後に変更することはできません。

  • ディメンションの説明— 購入者向けのディメンションの説明。説明は 70 文字を超えることはできません。製品が購入者に公開された後は、このフィールドを変更することはできません。

  • ディメンションレート— 購入者が使用ごとに支払う場合のこの製品の単位あたりのソフトウェア料金。このフィールドでは小数点以下 3 桁がサポートされています。

  • ディメンション長期料金— 購入者が前払いした場合の長期契約におけるソフトウェア価格の合計。

  • 長期期間 (日数)— 長期契約の期間 (日単位)。

テストMeterUsage統合とプレビューモード

を使用するMeterUsageイメージをに送信する前に統合をテストするオペレーションAWS Marketplaceの出版のため。

プレビューモードは稼働モードと同じように動作しますが、プレビューモードでは製品を使用する権限を確認しません。を呼び出しますMeterUsageプレビューモードで、MeterUsageコンテナイメージから、Amazon EEKS Elastic Container Service (Amazon ECS) またはAmazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)AWS アカウント商品を出品するのに使用しているAWS Marketplace。メータリングインテグレーションは、AWS リージョン、ハードコーディングするのではなく。ただし、テスト実行時には、有料コンテナを含む Amazon ES タスクまたは Amazon EKS ポッドを米国東部 (バージニア北部) リージョンで起動してください。AWS Marketplace運用チームは、そのリージョンのログを使用して作業を確認できます。

注記

製品がAmazon ES と Amazon EKS の両方をサポートしている場合は、Amazon EKS を起動するだけで、統合が検証されます。

製品および必要なすべてのメタデータと料金情報が公開されるまでは、統合を完全にテストすることはできません。リクエストされた場合、AWS Marketplace カタログオペレーションチームは、計測レコードの受け取りをプレビューモードで確認することができます。

のエラー処理MeterUsage

コンテナイメージがMeterUsageオペレーションで、以外の例外を受け取るThrottlingExceptionコンテナ起動時には、コンテナイザーを終了して不正使用を防止する必要があります。

ThrottlingException 以外の例外は、MeterUsage への最初の呼び出しでのみスローされます。同じ Amazon ECS タスクまたは Amazon EKS ポッドからの後続の呼び出しはスローされませんCustomerNotSubscribedExceptionタスクまたはポッドがまだ実行している間に顧客がサブスクリプションを解除した場合でも同様です。この顧客は、サブスクリプションを解除したあとで使用状況が追跡されると、実行中のコンテナに対して課金されます。

「」を参照してください。MeterUsageAWS Marketplace Metering ServiceAPI リファレンスの一般的なエラーの詳細な説明はMeterUsage。eachAWSSDK プログラミング言語には、詳細を参照できるように一連のエラー処理のガイドラインが示されています。

ベンダー計測のタグ付け (オプション)

ベンダーメータリングによるタグ付けは、独立系ソフトウェアベンダー (ISV) が購入者にソフトウェアの使用状況に関するより詳細な洞察を提供し、コスト配分を実行するのに役立ちます。

購入者のソフトウェアの使用すると、さまざまな使用すると、1 つの方法は、まず購入者にコスト配分に何を表示したいかを尋ねることです。次に、購入者のアカウントで追跡しているプロパティ全体で使用量を分割できます。プロパティの例には、次が含まれますAccountId,Business Unit,Cost Centers、および製品に関連するその他のメタデータ。これらのプロパティは購入者にタグとして公開されます。タグを使用すると、購入者はコストを、タグの値によって使用量に分割して表示できます。AWSBilling Console (https://console.aws.amazon.com/billing/). ベンダー計測のタグ付けは、報告する価格、ディメンション、または合計使用量を変更しません。これにより、顧客は製品に適したカテゴリ別にコストを表示できます。

一般的なユースケースでは、購入者は1つであなたの製品を購読しますAWS アカウント。購入者は、同じ製品サブスクリプションに関連付けられた多数のユーザーアカウントも持っています。のキーを持つタグを使用して使用量割り当てを作成できますAccountIdをクリックし、各ユーザーアカウントに使用量を割り当てます。この場合、購入者はAccountIdBilling and Cost Management コンソールにタグを付けて、個々のユーザーアカウントの使用を分析します。

販売者エクスペリエンス

販売者は、すべてのリソースの使用量を集計する代わりに、同じタグセットを持つリソースのメータリングレコードを集計できます。たとえば、売り手は異なるバケットを含むメータリングレコードを作成できますUsageAllocations。各バケットはUsageQuantityなどのタグのセットの場合AccountIdそしてBusinessUnit

以下の図表では、リソース 1にはユニークなセットがありますAccountIdそしてBusinessUnitタグを付け、計測レコードを単一のエントリとして使用すると、

リソース 2そしてリソース 3どちらも同じですAccountIdタグ、2222、そして同じBusinessUnitタグ、Operations。その結果、それらは1つにまとめられますUsageAllocationsのエントリ計測レコード

販売者はタグのないリソースのひとつにまとめることもできますUsageAllocation割り当てられた使用量を使用して、のエントリの 1 つとして送信します。UsageAllocations

制限には以下が含まれます。

  • タグの数–5

  • のsizeUsageAllocations(基数)–2,500

検証には、次が含まれます。

  • タグキーと値を組み合わせて使用すると、–a-zA-Z0-9+-= 。 _:\ /@

  • タグの最大数UsageAllocationリスト–5

  • TwoUsageAllocations同じタグを持つことはできません (あれはのタグキーと値を組み合わせて使用すると、もしそうなら、彼らは同じものを使わなければなりませんUsageAllocation

  • の合計AllocatedUsageQuantityUsageAllocationしなければならない等しいそのUsageQuantity、これは総使用量です。

購入者エクスペリエンス

次の表は、購入者がアクティベートした後の購入者体験の例を示していますAccountIdそしてBusinessUnitベンダータグ。

この例では、購入者はコスト使用状況レポート。ベンダー計測タグは接頭辞を使用します“aws:marketplace:isv”。購入者は、Billing and Cost Management のコスト配分タグ,AWSが生成したコスト割り当てタグ

の最初と最後の行コスト使用状況レポート売り手がメータリングサービスに送るものに関連している(販売者エクスペリエンス例から始めることができます。

コスト使用量レポート (簡略化)
ProductCode 購入者 UsageDimension UsageQuantity aws:marketplace:isv:AccountId aws:marketplace:isv:BusinessUnit
xyz 111122223333 ネットワーク:検査済み (GB) あたり 70 2222 操作
xyz 111122223333 ネットワーク:検査済み (GB) あたり 30 3333 財務
xyz 111122223333 ネットワーク:検査済み (GB) あたり 20 4444 IT
xyz 111122223333 ネットワーク:検査済み (GB) あたり 20 5555 マーケティング
xyz 111122223333 ネットワーク:検査済み (GB) あたり 30 1111 マーケティング

コード例については、MeterUsage使用量割り当てタグ付きのコード例 (オプション) を参照してください。

コードサンプル

次のコード例は、コンテナ製品をAWS Marketplace製品の公開と保守に必要な API。

MeterUsage使用量割り当てタグ付きのコード例 (オプション)

次のコード例は、消費料金モデルを持つコンテナ製品に関連しています。Python の例では、適切な使用量割り当てタグを含むメータリングレコードをAWS Marketplace顧客に請求する pay-as-you-go 料金。

# NOTE: Your application will need to aggregate usage for the # customer for the hour and set the quantity as seen below. # AWS Marketplace can only accept records for up to an hour in the past. # # productCode is supplied after the AWS Marketplace Ops team has # published the product to limited # Import AWS Python SDK import boto3 import time usageRecord = [ { "AllocatedUsageQuantity": 2, "Tags": [ { "Key": "BusinessUnit", "Value": "IT" }, { "Key": "AccountId", "Value": "123456789" }, ] }, { "AllocatedUsageQuantity": 1, "Tags": [ { "Key": "BusinessUnit", "Value": "Finance" }, { "Key": "AccountId", "Value": "987654321" }, ] } ] marketplaceClient = boto3.client("meteringmarketplace") response = marketplaceClient.meter_usage( ProductCode="testProduct", Timestamp=int(time.time()), UsageDimension="Dimension1", UsageQuantity=3, DryRun=False, UsageAllocations=usageRecord )

の詳細MeterUsage「」を参照してください。MeterUsageAWS Marketplace Metering ServiceAPI リファレンス

レスポンスの例

{ "MeteringRecordId": "string" }