日別ビジネスレポート - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

日別ビジネスレポート

日別ビジネスレポートは、自分の製品について AWS 顧客の毎日の使用量と予想収益を把握するのに役立ちます。該当する情報が使用可能な場合にのみ、このレポートを受け取ります。受け取るべきレポートが届かない場合は、AWS Marketplace Seller Operations チームまでお問い合わせください。

このレポートは、AWS Marketplace 管理ポータル でアクセスできます。AWS Marketplace Commerce Analytics Service に登録している場合は、AWS SDK を使用してレポートにアクセスすることもできます。

各顧客に一意の識別子を使用して、長期にわたってレポート間で顧客を識別できます。この識別子を使用すると、顧客の使用量を追跡して、顧客の出費を見積もり、無料トライアルの使用量、および年間の使用傾向を把握できます。

掲載スケジュール

このレポートは毎日 00:00 UTC に発行され、前日の 00:00 UTC から 23:59 UTC までを対象としています。このスケジュールの例外は日別ビジネスレポートセクションの冒頭に示しています。

セクション 1: インスタンスタイプ別の使用量

このセクションでは、顧客が使用するインスタンスタイプごとに 1 行ずつデータが一覧表示されます。たとえば、顧客が 1 つのインスタンスタイプで製品を使用し、別のインスタンスタイプで同じ製品を使用している場合、レポートには 2 つのインスタンスタイプそれぞれの行が含まれます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
ユーザーの都道府県 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ユーザーの国 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
インスタンスタイプ 製品の使用量に関連付けられているインスタンスタイプ (t2.micro など)。
使用量の単位 レポート期間中に顧客が使用した使用量の単位数。
使用量の単位タイプ 顧客の使用量の単位。たとえば、時間や日です。
提供タイプの説明 製品提供タイプの説明。たとえば、製品は時間課金、無料トライアル、または年間サブスクリプションで提供されています。
予想収益 製品の使用量からの予想収益。請求は月末に確定されます。
通貨 取引の通貨。たとえば、取引が US ドルの場合、エントリは USD です。
オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
オファーの可視性 オファーがパブリック、プライベート、エンタープライズ契約オファーのいずれになるか。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の国 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。
顧客の都道府県 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の市区町村 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 2: 料金

このセクションには、製品に関連付けられている定額制の取引(年間、月間、SaaS 契約の製品料金、データ製品サブスクリプション料金など)が含まれます。このセクションのデータは、レポートが生成される 72 時間前の 24 時間を対象としています。たとえば、レポートが 5 月 24 日に生成された場合、データは 5 月 21 日の 24 時間を対象としています。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
ユーザーの都道府県 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ユーザーの国 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
使用料。返金がある場合、この値はマイナスです。これが AWS Marketplace SaaS 契約のエントリである場合、金額は、契約全体ではなくディメンションの料金を表します。
通貨 取引の通貨。たとえば、取引が US ドルの場合、エントリは USD です。
料金の説明 料金の理由 (月額料金、年間料金、返金など)。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の国 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の都道府県 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
顧客の市区町村 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
開始日 AWS Marketplace SaaS 契約またはデータ製品サブスクリプションの開始日。
終了日 AWS Marketplace SaaS 契約またはデータ製品サブスクリプションの終了日。
数量 契約で指定されているディメンションの単位数。
ディメンション 契約で指定されているディメンション。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 3: 無料トライアルの変換

このセクションでは、過去 24 時間を対象に、無料トライアルの開始数、コンバージョン数、キャンセル数のデータが一覧表示されます。

列名 説明
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品を表す一意の識別子。
新しい無料トライアル レポート期間中に開始された新しい無料トライアルの数。
現在の無料トライアルの合計 アクティブな無料トライアルサブスクリプションの合計数。
コンバージョンされた無料トライアル レポート期間中に無料トライアルから有料使用に移行されたサブスクリプションの合計数。
コンバージョンされなかった無料トライアル 無料トライアルの終了後に有料使用にコンバージョンされなかったサブスクリプションの合計数。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。

セクション 4: 新規のインスタンス

このセクションでは、過去 24 時間を対象に、新しい EC2 インスタンスとインスタンスタイプのデータが一覧表示されます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
ユーザーの都道府県 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ユーザーの国 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
タイプ Amazon EC2 インスタンスタイプ
[Count] (カウント) EC2 インスタンスの数。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の国 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の都道府県 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
顧客の市区町村 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 5: 新規の製品サブスク

このセクションでは、過去 24 時間を対象に、新しい購入者のデータが一覧表示されます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
ユーザーの都道府県 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ユーザーの国 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
オファーの可視性 オファーがパブリック、プライベート、エンタープライズ契約オファーのいずれになるか。
顧客の国 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の都道府県 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
顧客の市区町村 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 6: 製品サブスクライバーのキャンセル

このセクションでは、過去 24 時間を対象に、購入者のキャンセルに関するデータが一覧表示されます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
ユーザーの都道府県 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ユーザーの国 製品をサブスクライブしているアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
サブスクライブ日 サブスクリプションが開始された日付。
オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
オファーの可視性 オファーがパブリック、プライベート、エンタープライズ契約オファーのいずれになるか。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の国 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の都道府県 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
顧客の市区町村 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。