Flexible Payment Scheduler - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Flexible Payment Scheduler

Flexible Payment Scheduler を使用すると、カスタム支払いスケジュールを使用してプライベートオファーを拡張できます。スケジュールは最大で分散できます五年間にわたって分割でき、顧客は通常の分割払いで支払いできます。お客様はサブスクライブすると、スケジュールおよび AWS 請求書ですべての支払いを確認できるため、支出を追跡するのに役立ちます。AMI 複数年契約および SaaS 契約製品のプライベートオファーでは、Flexible Payment Scheduler が利用できます。

請求期間中 (たとえば 30 日前や 60 日前) のすべての顧客は、Flexible Payment Schedule を使用してプライベートオファーをサブスクライブできます。AWS 請求をクレジットカードで支払う顧客は利用できません。カスタム支払いスケジュールによるプライベートオファーを、請求期間中ではない顧客に対して作成しようとすると、エラーになります。

支払いスケジュールの作成

Flexible Payment Scheduler を使用してカスタム支払いスケジュールを作成するプロセスは、プライベートオファーを作成するプロセスの一部です。プライベートオファーを作成する際に製品および購入者アカウント情報を追加するときに、[Allow Buyers to pay for this product in installments (この製品の分割払いを購入者に許可する)] を選択します。これにより、Flexible Payment Schedule を使用したプライベートオファーを作成できるようになります。[次へ] を選択して続行すると、追加した AWS アカウントが請求期間中のアカウントであることが Flexible Payment Scheduler 機能によって検証されます。請求期間中ではないアカウントを指定した場合はエラーメッセージが表示されます。

注記

アカウントが AWS Organizations 請求ファミリーにある場合、ターゲットアカウントは、AWS との純支払条件に基づく任意のアカウントにすることができます。詳細については、次を参照してください。の一括請求AWS OrganizationsAWS Billing and Cost Managementユーザーガイド

AWS アカウントが確認されたら、次のページでオファーの詳細をカスタマイズします。このオファーの契約期間を選択し、それに応じてオファーの詳細を指定します。

注記

Flexible Payment Scheduler を備えたプライベートオファーの場合、複数年およびカスタム期間の Amazon Machine Image (AMI) 製品では、オファーに含まれる各インスタンスタイプのインスタンス数と、追加の起動インスタンスの時間料金を設定します。お客様が指定された数のインスタンスを起動した後、起動された追加のインスタンスには、プライベートオファーで指定された時間料金で課金されます。

[Payment schedule (支払いスケジュール)] で、顧客が行うすべての分割払いの請求書日付と請求金額を追加します。最大60分割払い。分割払いを追加するごとに、[Total amount due from buyer (購入者の合計支払い金額)] が更新されます。

注記

最初の分割払いの請求書日付は、プライベートオファーに対して顧客に初回請求書が送付される日付です。販売者は、AWS Marketplace が顧客からの支払いを受け取った後に、その初回請求書への支払いを受け取ります。

Flexible Payment Scheduler 機能によって、請求書日付が契約期間内に収まっていることが検証されます。最終請求書日付が契約期間より後である場合は、エラーメッセージが表示されます。

請求書日付と請求金額をすべて追加したら、[Total amount due from buyer (購入者の合計支払い金額)] が、プライベートオファーの期間にわたって顧客が支払う必要がある金額と一致していることを確認します。プライベートオファーの作成を完了するには、顧客用のエンドユーザー使用許諾契約 (EULA) にアップロードし、オファー受諾日付を設定します。

注記

顧客に対して拡張しているオファー受諾日付前に設定できる請求書日付は 1 つだけです。

販売者が定義しているスケジュールに基づいて顧客に請求され、顧客がオファーを受諾した後に請求が開始されます。初回請求日付はオファーが受諾される前にスケジュールされていて、その請求書はオファーが受諾された直後に処理されます。

注記

拡張済みであり購入者がサブスクライブ済みのプライベートオファーの支払いスケジュールを変更することはできません。支払いスケジュールを変更するには、新しいオファーを作成する必要があります。

Flexible Payment Scheduler のレポート

柔軟な支払いスケジュールを持つプライベートオファーのレポートは、月次請求収益レポートの セクション 4: Flexible Payment Sched にあります。