月別請求済み収益レポート - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

月別請求済み収益レポート

月別請求済み収益レポートは、会計およびその他の財務レポートの目的で毎月の請求済み収益に関する正式な情報を提供します。このレポートには、自分の製品の時間別、年別、月別の使用量に対して AWS が顧客に請求する合計金額が表示されます。レポートには 4 つのセクションとして、時間課金額と月額料金、任意期間のサブスクリプション数、フィールドデモ使用量、Flexible Payment 額があります。

重要

このレポートの金額には、顧客から回収した金額ではなく、顧客に請求した収益のみが反映されています。

また、AWS Marketplace 管理ポータルでレポートタブ。AWS Marketplace Commerce Analytics Service に登録している場合は、API コールを使用して、このレポートのセクションをプルダウンすることができます。詳細については、「AWS Marketplace Commerce Analytics Service」を参照してください。

掲載スケジュール

このレポートは、毎月 15 日の 00:00 UTC に発行されます。

請求と収益のデータは、来月の15日から14日までをカバーします。

また、前の月の初日 23:59 UTC から末日 23:59 UTC から末日 23:59 UTC から末日 23:59 UTC から末日 23:59 UTC から末日 23

たとえば、5 月 15 日に発行されたレポートは、4 月 1 日の 00:00 UTC から 4 月 30 日の 23:59 UTC までを対象としています。

セクション 1: 請求および収益データ

このセクションでは、従量課金額、返金、料金、徴収される米国の消費税と使用税のデータが一覧表示されます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
[Country] (国) 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
状態 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
郵便番号 ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
お客様の請求額 顧客に請求される製品の従量課金額または月額料金。
AWS 出品料金 請求額か引かれる AWS Marketplace 料金の額。
返金額 データカバレッジ期間中に返金が処理された場合に顧客に払い戻されるサブスクリプション費用の合計金額。
AWS 返金額 データカバレッジ期間中に返金が処理された場合に払い戻される AWS Marketplace 料金の一部。
コスト リセラーに対する製品の費用 (リセラーが製品販売時に支払う金額など)。
パートナー収益額 取引で請求された合計金額から、AWS Marketplace 料金、返金、米国の消費税と使用税を引いた額。
通貨 取引の通貨。たとえば、取引が US ドルの場合、エントリは USD です。
取引リファレンス ID AWS Marketplace のレポート間で取引を相関させるのに使用される取引固有の ID。
米国消費税お客様の請求額 販売者の代理でこの取引で請求された米国の消費税と使用税の合計額。(つまり、米国の売上高および税レポートの関連レコードには「納税義務者」 == 「SELLER」と表示されます)。
米国消費税返金額 返金が処理された場合に、このトランザクションに対して返金される米国の売上税および使用税の合計額 (出品者に代わってそのような税金が徴収されたとき)。(つまり、米国の売上高および税レポートの関連レコードには「納税義務者」 == 「SELLER」と表示されます)。
オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
オファーの可視性 オファーがパブリック、プライベート、エンタープライズ契約オファーのいずれになるか。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
オポチュニティの名前 登録された機会の一意の識別子。
オポチュニティの説明 登録されたオポチュニティのメタデータ。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 2: 可変長のサブスクリプション

このセクションでは、定額制料金のデータが一覧表示されます。

列名 説明
カスタマーリファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
[Country] (国) 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
状態 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
ソフトウェア料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
郵便番号 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
サブスクリプション数 任意期間のサブスクリプション購入の一部として指定されたライセンスの合計数。
サブスクリプション開始日 任意期間のサブスクリプション購入の開始日。
サブスクリプション終了日 任意期間のサブスクリプション購入の終了日。
サブスクリプションインスタンスタイプ 任意期間のサブスクリプション購入に関連付けられているインスタンスタイプ。
お客様の請求額 従量課金額、月額料金、またはその両方。
AWS 出品料金 請求額から引かれる AWS Marketplace 料金の額。
返金額 データカバレッジ期間中に返金が処理された場合に顧客に払い戻される合計金額。
AWS 返金額 データカバレッジ期間中に返金が処理された場合に払い戻される AWS Marketplace 料金の一部。
コスト リセラーに対する製品の費用 (リセラーが製品販売時に支払う金額など)。
パートナー収益額 この取引で請求された合計額から、AWS Marketplace 料金、返金、米国の消費税と使用税を引いた額。
通貨 取引の通貨。たとえば、取引が US ドルの場合、エントリは USD です。
取引リファレンス ID AWS Marketplace のレポート間で取引を相関させるのに使用される取引固有の ID。
米国消費税お客様の請求額 販売者の代理でこの取引で請求された米国の消費税と使用税の合計額。(つまり、米国の売上高および税レポートの関連レコードには「納税義務者」 == 「SELLER」と表示されます)。
米国消費税返金額 返金が処理された場合に、このトランザクションに対して返金される米国の売上税および使用税の合計額 (出品者に代わってそのような税金が徴収されたとき)。(つまり、米国の売上高および税レポートの関連レコードには「納税義務者」 == 「SELLER」と表示されます)。
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となるアカウントの ID。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となるアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
オファーの可視性 オファーがパブリック、プライベート、エンタープライズ契約オファーのいずれになるか。
契約開始日 AWS Marketplace SaaS 契約の開始日。
契約終了日 AWS Marketplace SaaS 契約の終了日。
オポチュニティの名前 登録された機会の一意の識別子。
オポチュニティの説明 登録されたオポチュニティのメタデータ。
ソリューションタイトル ソリューションの名前。
ソリューション ID ソリューションの一意の識別子。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。
支払者住所 ID お客様の住所を表す一意の識別子。

セクション 3: AWS フィールドデモ使用量

このセクションでは、製品の AWS フィールドデモ使用量のデータが一覧表示されます。潜在的な顧客に対して製品デモを実施できるように製品を設定できます。デモからの使用量はここに一覧表示されます。

列名 説明
製品タイトル 製品のタイトル。
製品コード 製品の一意の識別子。
インスタンスタイプ フィールドデモに関連付けられている Amazon EC2 インスタンスタイプ。
使用量の単位 製品に関連付けられている使用量の単位数。
使用量の単位タイプ 使用量に関連付けられている単位 (時間など)。

セクション 4: Flexible Payment Sched

このセクションでは、前のレポート期間に Flexible Payment スケジュールを使用して作成したすべての契約のデータが一覧表示されます。

列名 説明
顧客の AWS アカウント番号 料金の請求先となる支払いアカウントの ID。
顧客の国 料金が請求先となる支払いアカウントに関連付けられている 2 文字の国コード。このレポートでは、ISO 3166-1 alpha-2 標準を使用します。
顧客の都道府県 料金の請求先となる支払いアカウントに関連付けられている請求先住所の都道府県。
顧客の市区町村 料金の請求先となる支払いアカウントに関連付けられている請求先住所の市区町村。
顧客の郵便番号 料金の請求先となる支払いアカウントに関連付けられている請求先住所の郵便番号。
顧客の E メールドメイン 料金の請求先となる支払いアカウントに関連付けられている E メールドメイン。たとえば、E メールアドレスが liu-jie@example.com の場合、エントリは example.com です。
ユーザー参照 ID 料金の請求先となる支払いアカウントの口座。
ユーザーの AWS アカウント番号 製品をサブスクライブしているアカウントの ID。
製品 ID 製品の一意の識別子。
製品タイトル 製品のタイトル。
製品タイプ 製品のタイプ。
AWS Marketplace オファー ID 購入者が署名したオファーの識別子。
契約の作成日付 契約作成日。アカウントがオファーをサブスクライブする日付です。
契約の有効期限 契約が期限切れになる日付。
総契約価値 (USD) 契約の総額 (USD)。
支払い回数 契約でスケジュールされている支払いの回数。
請求書日付 請求書が作成された日付。
請求書金額 (USD) 請求書で請求される金額 (USD)。
支払者リファレンス ID アカウント ID ではない一意の識別子。料金が請求されるアカウントと関連付けられています。すべての AWS Marketplace 財務レポート間で顧客別の使用量、収益、サブスクリプションの追跡に使用されます。