SaaS の顧客のオンボーディング - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SaaS の顧客のオンボーディング

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) サブスクリプションと SaaS 契約では、顧客はAWS Marketplaceしかし、あなたの製品にアクセスしてくださいAWS環境。製品をサブスクライブした後、顧客は販売者が SaaS 製品の一部として作成および管理するウェブサイトにリダイレクトされ、自分のアカウントを登録して製品を設定します。

SaaS 製品のリストを作成するときに、登録ランディングページの URL を指定しています。当社はその URL を使用して、顧客がサブスクライブすると、顧客を販売者の登録ランディングページにリダイレクトします。ソフトウェアの登録ランディングページで、販売者は顧客のアカウントを作成するために必要な情報を収集します。使用量の通知について顧客にメールで連絡する予定がある場合は、顧客のメールアドレスを収集することをお勧めします。

登録ランディングページでは、x-amzn-marketplace-tokenフォームデータ内のトークンAWS Marketplace請求のための顧客のIDを使用します。次に、そのトークン値をAWS Marketplace Metering Service一意の顧客識別子、顧客を解決するAWS アカウントID、および対応する製品コード。コード例については、ResolveCustomerコードサンプル を参照してください。

注記

登録トークンは特定の購読顧客に対して解決され、生成された各トークンの有効期限は4時間です。呼び出し元が同じトークンで API を呼び出している限り、トークンの有効期限が切れるまで同じ応答値を返し続けます。

新しい購入者を受け入れるための SaaS 製品の設定

新しい顧客を受け入れ、適切に計測するために SaaS ソフトウェアを正しく設定する責任を負います。次のプロセスでは、新規顧客のソフトウェアへのアクセスを特定、実装、計測するための推奨方法の 1 つについて説明します。

  1. 顧客が AWS Marketplace ウェブサイトの販売者の製品ページにアクセスしたときに、その製品をサブスクライブすることを選択します。

  2. 顧客のAWS アカウントはお客様の製品にサブスクライブしています。そのため、製品から送信されるサブスクリプションと計測レコードは、顧客のAWS請求対象。

  3. その顧客に対して、その顧客の顧客 ID と製品コードが含まれている登録トークンが顧客に生成されます。

  4. 顧客は、ソフトウェアの登録ランディングページにリダイレクトされます。そのページでは、顧客 ID が含まれている登録トークンを受け入れる必要があります。

  5. 顧客のブラウザはPOSTソフトウェアの登録ランディングページ URL にリクエストします。リクエストには次のものが含まれていますPOSTパラメータ、x-amzn-marketplace-token、顧客の登録トークンが含まれています。登録ウェブサイトの観点からは、顧客がこのパラメータを持つフォームを送信しました。登録トークンは不透明な文字列です。オファーの種類が無料トライアルの場合、2 番目のパラメーターはx-amzn-marketplace-offer-typeのValuefree trial、がリクエストに追加されます。

  6. この登録トークンを顧客識別子と引き換えるには、customerAWS アカウントIDと製品コード、あなたのウェブサイトはResolveCustomerAWS Marketplace Metering Service で。顧客 ID は顧客のものではありませんAWS アカウントID ですが、製品間で共通であり、顧客レコードの一部として内部ソースに保存する必要があります。製品コードは AWS が販売者に提供する、SaaS 製品に固有の文字列です。AWS の各製品には、登録時に割り当てられた一意の製品コードがあります。

    注記

    の例を見るにはResolveCustomer電話して、見るResolveCustomerコードサンプル

  7. 返される製品コードが、顧客がアクセスしようとしている SaaS 製品と一致していることを検証し、電話をかけるGetEntitlementをクリックして、顧客のサブスクリプションのエンタイトルメントデータを返します。

  8. 顧客は、製品でアカウントを作成するか、または既存のアカウントにサインインするように指示されます。

    注記

    製品の既存の顧客アカウントを設定またはリンクするために、チームによる手動プロセスが必要な場合は、お問い合わせフォームを使用して顧客の連絡先情報を収集できます。彼らの連絡先情報を収集し、彼らを解決した後AWS Marketplace一意の顧客識別子(ステップ6で取得)は、顧客への通知メッセージを表示します。通知で、アカウントが設定されていることを伝え、連絡を待つように依頼します。予想される所要時間と連絡先情報をお客様に伝えます。また、同じ詳細を記載した電子メールメッセージを顧客に送信します。

  9. 顧客は、その SaaS 製品に固有の認証情報を使用して、販売者のウェブサイトにサインインしています。アカウントのデータベースでは、顧客ごとのエントリを含めることができます。アカウントのデータベースには、AWSの顧客 ID。ステップ 6 で取得した顧客 ID をその中に入力します。販売者のシステム内の他のアカウントでこの顧客 ID が共有されていないことを確認します。を通じて複数の製品を購読しているお客様向けAWS Marketplaceの場合、顧客識別子は同じままで、各サブスクリプションには一意の製品コードがあります。

  10. 販売者登録プロセス中に、顧客が製品をサブスクライブまたはサブスクリプション解除したときに販売者に通知する、Amazon SNS トピックをサブスクライブしています。これらは、顧客のアクションを知らせる、JSON 形式の Amazon SNS 通知です。

    • Entitlement notification — 契約を含む価格モデルを持つ製品の場合、購入者が新しい契約を作成、アップグレード、更新、または期限切れになったときに通知されます。販売者のアカウントデータベースには、サブスクリプション状態用に列が追加されている必要があります。詳細については、「Amazon SNS トピック:aws-mp-entitlement-notification」を参照してください。

    • サブスクリプション通知 — 契約やサブスクリプションを含む任意の価格モデルを持つ製品については、購入者が製品をサブスクライブまたはサブスクライブ解除したときに通知されます。詳細については、「Amazon SNS トピック:aws-mp-subscription-notification」を参照してください。

    そのため、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) を使用して、これらのメッセージをキャプチャすることをお勧めします。販売者が subscribe-success でサブスクリプション通知を受信すると、その顧客アカウントは計測する準備ができています。この通知を受信する前に販売者が送信したレコードは計測されません。これを行う方法については、ステップ 2: [Amazon SNS トピックに、Amazon SQS キューへメッセージを送信する許可を与えます]Amazon Simple Notification Service デベロッパーガイド

    注記

    subscribe-success 通知を受信しない限り、製品サブスクリプションをアクティブ化しないでください。

  11. 販売者のデータベースに保存されている顧客 ID を使用して、AWS Marketplace Metering Service を通じて使用権限管理し、AWS Marketplace Entitlement Service。

セキュリティと注文

AWS からすぐに返される顧客 ID、または販売者のシステムで署名されている顧客 ID のみを信頼することは、販売者の責任です。登録トークンは、約 1 時間後に期限切れになる可能性があるため、すぐに解決することをお勧めします。登録トークンを解決したら、登録が完了するまで、顧客のブラウザセッションで署名済みの属性として顧客 ID を保存します。