Amazon SQS のアクセス許可 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SQS のアクセス許可

SaaS 製品の公開プロセスの一環として、AWS MarketplaceはAmazon SNS トピックを提供し、これを使用して、顧客のサブスクリプションまたは使用権限管理ステータスが変更された場合に通知を受信できます。キューが通知に応じてアクションを実行できるよう、1 つまたは複数の Amazon SQS キューをトピックに設定できます。たとえば、顧客が SaaS 製品のサブスクリプションにストレージを追加した場合、Amazon SNS トピックは、その顧客が使用可能なストレージ容量を自動的に増加するプロセスを開始できます。

Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューを指定された Amazon SNS トピックにサブスクライブすると、そのトピックがそのキューにメッセージを発行するためのアクセス許可が自動的に追加されます。ただし、AWS MarketplaceMetering Service API および使用権限管理サービス API ユーザーアクセス権。そのポリシーは、サービスが同じ認証情報で実行されている場合は、同じユーザーに適用できます。次の内容のポリシーを作成して、IAM ユーザーまたはロールにアタッチします。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Action": [ "sqs:ReceiveMessage", "sqs:DeleteMessage", "sqs:GetQueueAttributes", "sqs:GetQueueUrl" ], "Effect": "Allow", "Resource": "arn:aws:sqs:REGION_HERE:XXXXXXXXXXXX:NAME_HERE" } ] }
注記

-ResourceフィールドはAmazon SQS キューの Amazon リソースネーム (ARN) です。

SaaS 製品のメッセージ通知およびキューに関する詳細情報については、SNS トピックへの SQS キューのサブスクライブ および AWS Marketplace Metering Service API および使用権限管理サービス API へのアクセス を参照してください。