MediaConvert
ユーザーガイド

出力の色を補正する

各出力ストリームのプリプロセッサ設定で、必要に応じて色補正を設定します。デフォルトでは、MediaConvert は色補正を適用しません。

出力ストリームのプリプロセッサオプションで、[Color corrector] (色補正) を選択します。表示される選択オプションに値を入力します。

注記

出力タイプに応じて、出力の [More settings] (詳細設定) オプションを選択し、プリプロセッサ設定領域を表示する必要があります。

MediaConvert は、これらのフィールドの値と入力の色メタデータを組み合わせて、色補正を計算します。

明るさ、コントラスト、色合い、および彩度

必要に応じて、明るさ、コントラスト、色合い、および彩度の補正値を入力します。 MediaConvert は、これらの設定を使用して色補正を適用します(他の色補正設定とは別個に適用されます)。

色空間の変換

入力ストリームとは異なる標準を使用して出力ストリームをエンコードするように色空間の変換を設定します。変換先の形式のオプションを選択します。変換元の形式は入力によって決定されます。

サポートされる変換オプション

MediaConvert は、HDR 形式、HDR 10 と HLG 2020、および SDR 色空間、Rec をサポートしています。 601」および「Rec.709 を入力と出力でサポートしています。入力の色空間は、入力動画または入力動画設定の上書きにより設定されます。詳細については、「入力の色空間メタデータを修正する」を参照してください。

HDR 入力を SDR 出力に変換することはできませんが、他のすべての変換オプションは有効です。

有効な変換オプションは以下のとおりです。

  • HDR 形式から他の HDR 形式 (HDR 10 または HLG 2020) へ

  • SDR 色空間から他の SDR 色空間 (rec.601 および rec.709) へ

  • SDR 色空間から HDR 形式へ

HDR マスター表示

色空間変換として [Force HDR 10] (HDR 10 の強制適用) を選択すると、HDR マスター表示情報フィールドが表示されます。これらのフィールドを使用して、出力に含めるマスター情報のメタデータを指定します。