MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert でのキューの操作

オンデマンドと予約済みの両方のキューでは、キューに使用可能なリソースが使用されるまで、AWS Elemental MediaConvert はキューに並行して送信するジョブを処理します。MediaConvert がキューで使用可能なすべてのトランスコーディングリソースを使用している場合は、処理しないキューに送信するジョブを保持します。MediaConvert で現在処理中のジョブのいずれかを終了すると、キュー内の次のジョブの処理が開始されます。 MediaConvert は、ジョブの作成時に割り当てた優先度の値によって次のジョブを決定します。

ジョブの実行に要する時間は、変換するファイルのサイズやジョブの仕様によって大きく異なります。したがって、ユーザーがジョブを作成した順序で MediaConvert がジョブを完了するとは限りません。

キューを一時停止することで、ジョブの処理を一時停止できます。ユーザーがキューを一時停止すると、MediaConvert は開始済みのジョブの処理を続行しますが、そのキューからの新しいジョブは開始しません。ジョブを一時停止キューに投入して、一時停止キュー内のジョブをキャンセルすることはできます。

すべてのジョブをキューに送信する必要があります。ジョブの作成時にキューを指定しないと、AWS Elemental MediaConvert はジョブをデフォルトキューに送信します。デフォルトのキューはオンデマンドキューです。デフォルトキューを含めて、最大 10 のオンデマンドキューを含めることができます。