MediaConvert
ユーザーガイド

出力に SCTE-35 マーカーを含める

入力の SCTE-35 マーカーは、MPEG-2 コンテナがある任意の出力に含めることができます。これらの出力は、HLS パッケージの一部であるか、スタンドアロンファイルです。

SCTE-35 マーカーを入力から出力へパススルーするには

  1. MediaConvert コンソール(https://console.aws.amazon.com/mediaconvert)を開きます。

  2. [Create new job] (新しいジョブの作成) を選択します。

  3. 動画とオーディオの入力、出力グループ、および出力を設定します。方法については、「AWS Elemental MediaConvert ジョブの設定」と「MediaConvert での複雑なジョブの構築」を参照してください。

    注記

    SCTE-35 マーカーは、MPEG-2 ファイルなど、トランスポートストリーム入力にのみ存在します。このマーカーは、MPEG-2 コンテナ出力にのみ含めることができます。これらの出力は、スタンドアロンファイルであるか、HLS パッケージの一部です。

  4. [File group] (ファイルグループ) または [Apple HLS] で出力を選択します。

  5. [Container settings] (ファイルグループ出力の場合) または [Transport stream settings] (Apple HLS 出力の場合) で、[SCTE-35 source] (SCTE-35 ソース) を見つけて [Passthrough] (パススルー) を選択します。

  6. 必要に応じて、[SCTE-35 PID] にデフォルトの [500] とは異なる値を入力します。

    PID (パケット識別子) は、MPEG-2 トランスポートストリームコンテナのデータセットの識別子です。PID は、下流システムおよびプレーヤーでコンテナ内の特定の情報を見つけるために使用します。