MediaConvert
ユーザーガイド

入力の一部のみの変換 (入力クリッピング)

入力ファイルの一部 (クリップ) を選択し、残りの部分とは切り離して、出力に変換できます。ジョブのクリップを作成すると、MediaConvert によって同じクリップがジョブのすべての出力に使用されます。同じ入力ファイルの異なるクリップを 2 つの出力で使用するには、2 つのジョブを作成し、それぞれに異なる入力クリップを指定する必要があります。

注記

複数の入力ファイルを結合 (ステッチング) して単一の出力にするには、入力ごとにジョブに追加します。最大 50 までの入力を 1 つのジョブに追加できます。

[Create job (ジョブの作成)] ページの [ジョブ] セクションで、以下の操作を行います。[Inputs] の横にある、[Add] を選択します。 MediaConvert追加する順番で入力をまとめます。

入力クリッピングを設定するには

  1. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。は入力を選択します。

  2. [Input clips] (入力クリップ) セクションで、[Add input clip] (入力クリップの追加) を選択します。

  3. 追加する最初のクリップの開始タイムコードと終了タイムコードを入力します。使用アイテム 24 時間形式とフレーム番号、HH:MM:SS:FF を使用します。

    入力のタイムコードと合致するタイムコードを指定します。たとえば、入力動画に埋め込まれたタイムコードが 01:00:00:00 から開始する場合、クリップの開始タイムコードは 30 秒後の 01:00:30:00 を指定します (00:00:30:00 とはしません)。

  4. 入力に埋め込まれたタイムコードがない場合は、入力の [Timecode source] (タイムコードソース) の値を変更します。[Video selector] (ビデオセレクタ) セクションの [Timecode source] (タイムコードソース) で、[Start at 0] (0 から開始) を選択します。

    注記

    ジョブ設定 ([Job] ペインの [Job Settings] を選択) の [Timecode configuration] (タイムコード設定) セクションで [Source] (ソース) の値を変更しても、入力クリッピングは影響を受けません。代わりに、出力タイムコードの表示方法と、オーディオおよび一部のキャプション形式の同期方法が影響を受けます。

  5. この手順のステップ 2〜4 を繰り返して、追加のクリップを指定します。クリップ間はオーバーラップできません。各開始タイムコードは、先行するクリップの終了タイムカードの後にする必要があります。

    複数の入力クリップを指定すると、すべてのクリップが指定した順で出力に表示されます。