MediaConvert
ユーザーガイド

出力タイムコード設定の調整

出力ごとにタイムコード関連の設定が 2 つあり、それぞれ別個に調整できます。2 つの設定は、タイムコードの挿入タイムコードの焼き付けです。

タイムコードメタデータの挿入

[Timecode insertion] (タイムコードの挿入) 設定では、出力のメタデータにタイムコードを埋め込むかどうかを決定します。MediaConvert は、出力コーデックに応じて、この情報を自動的に適切な場所に配置します。MPEG-2 コーデックと QuickTime コーデック (Apple ProRes など) の場合、タイムコードは動画の I フレームメタデータに挿入されます。H.264 (HEVC) と H.265 (AVC) の場合、タイムコードは SEI (Supplemental Enhancement Information) ピクチャタイミングメッセージに挿入されます。

出力にタイムコードメタデータを含まるには

  1. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。 出力を選択します。

  2. [Stream settings] (ストリーム設定) の [Timecode insertion] (タイムコードの挿入) で、タイムコードメタデータを含める [PIC_TIMING_SEI] を選択します。タイムコードメタデータを含めない場合は、[Disabled] (無効) を選択します。

API または SDK を使用する場合、これらの設定はジョブの JSON ファイルで、次の場所にあります。 TimecodeInsertion (Settings, OutputGroups, Outputs, VideoDescription)。

動画フレームへのタイムコードの焼き付け

[Timecode burn-in] (タイムコードの焼き付け) 設定では、特定の出力で動画フレーム自体に可視のタイムコードを刻み込むかどうかを決定します。タイムコードは、オーバーレイではなく、動画フレームの永続的な一部となります。

出力にタイムコードで焼き付けるには

  1. [Create job (ジョブの作成)] ページの左側の [ジョブ] ペインで、以下の操作を行います。 出力を選択します。

  2. [Stream settings] (ストリーム設定) の [Preprocessors] (プリプロセッサ) で、[Timecode burn-in] (タイムコードの焼き付け) を選択します。

  3. 必要に応じて、[Prefix] (プレフィックス)、[Font size] (フォントサイズ)、および [Position] (位置) の各設定の値を指定します。これらの値を指定しない場合でも、以下のデフォルト値を使用してタイムコードが出力に焼き付けられます。

    • [Prefix] (プレフィックス): プレフィックスなし

    • [Font size] (フォントサイズ): [Extra Small (10)] (極小 (10))

    • [Position] (位置): [Top Center] (上中央)

    各設定の詳細については、[Timecode burn-in] (タイムコードの焼き付け) の横にある [Info] (情報) リンクを選択してください。

API または SDK を使用する場合、これらの設定はジョブの JSON ファイルで、次の場所にあります。 Settings, OutputGroups, Outputs, VideoDescription, VideoPreprocessors, TimecodeBurnin