ステップ 6: 動画エンコードを設定する - AWS Elemental MediaLive

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 6: 動画エンコードを設定する

ステップ 5: 出力グループと出力を作成する では、チャンネルの計画を立てたときに特定した出力グループと出力を作成しました。各出力セクションには、[Stream settings] (ストリーム設定) セクションがあります。今からすべてのビデオエンコードを作成する必要があります。

一般的な手順

この一般的な手順に従って、ビデオエンコードをセットアップします。

  1. 各エンコードの作成方法を決定します。

    • ゼロから。

    • この出力またはチャンネル内の別の出力に既に存在するエンコードを共有する。

    • この出力またはチャンネル内の別の出力に既に存在するエンコードのクローンを作成する。

    既に決定したかもしれません。そうでない場合は、今ここで決定する必要があります。(詳細については、「ステップ 4: エンコードの設計」を参照してください)

    ビデオエンコードは、同じ出力グループ内の出力から別の出力へ、またはある出力から別の出力グループの出力に共有またはクローンできます。

  2. 次の該当するセクションを読んでください。

ビデオエンコードをゼロから作成する

ほとんどの出力タイプでビデオエンコードを設定するには

  1. [Create channel] (チャンネルの作成) ページで、作成した出力グループを見つけます。

  2. その出力グループで、オーディオエンコードを設定する出力 (または最初の出力) を見つけます。

  3. ビデオエンコードのリンクを選択します。

  4. [Codec settings] (コーデック設定) で、このエンコードに使用するコーデックを選択します。追加のフィールドが表示されます。

  5. 必要に応じて各フィールドに入力します。フィールドの詳細については、フィールドの横にある [情報] リンクを選択してください。

    • [Width] (幅) と [Height] (高さ) のフィールド (ビデオ解像度を定義するフィールド) で、フィールドごとの [Info] (情報) リンクを選択します。フレームレートは、このチャンネルの出力チャージに影響します。料金の詳細については、「」を参照してください。その MediaLive 料金表

    • [Frame rate] (フレームレート) フィールドについては、各フィールドの [Info] (情報) リンクを参照してください。フレームレートは、このチャンネルの出力チャージに影響します。料金の詳細については、「」を参照してください。その MediaLive 料金表

    • [色空間] フィールドの詳細については、「AWS Elemental での色空間処理MediaLive」を参照してください。

    • [Additional encoding setting] (追加のエンコード設定) のフィールドについては、「拡張 VQ モードの設定」を参照してください。

    • [Rate Control (レート制御)] フィールドについては、「レート制御モードの設定」を参照してください。このセクションには、このチャンネルの出力料金に影響を与えるフィールドがあります。料金の詳細については、「」を参照してください。その MediaLive 料金表

    • [Timecode] フィールドの詳細については、「タイムコードの設定」を参照してください。

    注記

    [Width] (幅) と [Height] (高さ) のフィールド (ビデオ解像度を定義するフィールド)、[Framerate] (フレームレート) セクション内のフィールド、[Rate control] (レート制御) セクション内の [Bitrate] (ビットレート) フィールドはすべて、このチャンネルの出力料金に影響します。料金の詳細については、「」を参照してください。その MediaLive 料金表

出力のフレームキャプチャ出力タイプでビデオエンコードを設定するには

  1. [Create channel] (チャンネルの作成) ページで、作成した出力グループを見つけます。

  2. その出力グループで、出力を見つけ、ビデオエンコードのリンクを選択します。

  3. 必要に応じて各フィールドに入力します。フィールドの詳細については、フィールドの横にある [情報] リンクを選択してください。

  4. 準備ができたら、チャンネルを保存するに移動します。

共有によるビデオエンコードの作成

1 つのビデオエンコードを作成し、複数の出力間で共有できます。前述の手順に従って、エンコードを一度作成します。次いで、次の手順を使用して、他の出力のエンコードを設定します。

ビデオエンコードの共有手順は、オーディオエンコードまたは字幕エンコードの共有手順とほぼ同じであることに注意してください。

共有によるビデオエンコードを作成するには

  1. [Create channel] (チャンネルの作成) ページで、作成した出力グループを見つけます。

  2. その出力グループで、オーディオエンコードを設定する出力 (または最初の出力) を見つけます。

  3. 出力に既にビデオエンコードが含まれている場合は、そのビデオを選択し、[動画の削除] を選択します。

  4. [Add video] (ビデオの追加) を選択します。[Use an existing video description] (既存の動画の説明を使用する) オプションを含むメニューが表示され、その後にチャンネル全体に現在存在する動画のリストが表示されます。

  5. 使用したいビデオを選択します。表示されるダイアログボックスで [Share the existing settings] (既存の設定を共有する) を選択します。

    このエンコードのフィールドが表示されます。最初のフィールドの上には、このエンコードを共有するすべての出力をリストする情報メッセージが表示されます。

    共有したことを忘れないように、動画の説明文に共有という言葉を入れるように変更するとよいでしょう。

    チャンネルには、このエンコードのインスタンスが 1 つだけであることに注意してください。したがって、フィールドを変更すると、このエンコードを使用する他のすべての出力のフィールドが変更されます。

    [Video selector name] (動画セレクタ名) フィールドを変更する場合は、このルールを思い出してください。1 つの出力でエンコードで別のセレクタを指定した場合は、このエンコードを共有するすべての出力でセレクタを変更します。実際に別のセレクタを指定する場合は、エンコードを共有する代わりにクローンを作成する必要がある場合があります。

クローンによるビデオエンコードの作成

1 つのビデオエンコードを作成し、複数の出力間でクローンを作成できます。ソースエンコードは、ゼロから作成したエンコード、またはクローンによって作成されたエンコードです。例えば、video-1 を作成し、そのクローン video-2 を作成し、video-2 のクローン video-3 を作成します。

ビデオエンコードのクローン作成手順は、オーディオエンコードまたは字幕エンコードのクローンを作成する手順とほぼ同じです。

クローンからビデオエンコードを作成するには

  1. [Create channel] (チャンネルの作成) ページで、作成した出力グループを見つけます。

  2. その出力グループで、オーディオエンコードを設定する出力 (または最初の出力) を見つけます。

  3. 左側に[Video] (動画) ボタンが表示されていれば、そのボタンを選択してから [Remove video] (動画の削除) を選択します。

  4. [Add video] (ビデオの追加) を選択します。[Use an existing video description] (既存の動画の説明を使用する) オプションを含むメニューが表示され、その後にチャンネル全体に現在存在する動画のリストが表示されます。

  5. 新しいビデオエンコードのソースとして使用するビデオエンコードを選択します。

  6. 表示されるダイアログボックスで [Clone the existing settings] (既存の設定のクローンを作成する) を選択します。エンコードのフィールドが表示され、フィールドにはソースエンコードの値が表示されます。

  7. 必要に応じてフィールドを変更します。

    このクローンによるエンコードは、新しいエンコードインスタンスであることに留意してください。フィールドを変更しても、ソースエンコードには影響しません。