AWS Elemental MediaLive での入力の操作 - AWS Elemental MediaLive

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Elemental MediaLive での入力の操作

入力は、トランスコードされてパッケージングされる動画アセットです。動画アセットのソースはアップストリームシステム— エンドツーエンドのワークフロー内のシステムで、アクティビティは AWS Elemental MediaLive のアクティビティより前にアクティビティが発生する アップストリームシステムは、パブリックインターネット上、または Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用して作成した Virtual Private Cloud (VPC) 内に配置できます。

AWS Elemental MediaLive 入力は、アップストリームシステムのソースコンテンツと MediaLive チャネルの接続方法を記述する情報を保持します。

入力、入力セキュリティグループ、チャネル

入力は MediaLive ワークフローのコンポーネントの 1 つです。ほかに、入力セキュリティグループおよびチャネルというコンポーネントがあります。これらの 3 つのコンポーネントは相互にリンクされます。入力で必要な場合は、入力セキュリティグループが入力にアタッチされます。すべての入力がこの要件を持つわけではありません。入力はチャネルにアタッチされます。

入力へのリンクには、以下のルールが適用されます。

  • 間の関連付けinput入力セキュリティグループ入力側で定義されます。入力を作成または編集するときに関連付けを設定します。

  • 間の関連付けinputチャネルチャネル側で定義されます。チャネルを作成または編集するときに関連付けを設定します。

  • 入力にアタッチできる入力セキュリティグループは 1 つだけです。ただし、その入力セキュリティグループはすでに別の入力に関連付けられている可能性があります。1 つの入力セキュリティグループを複数の入力に "対応" させることができます。

  • 入力は 1 つのチャネルにしかアタッチできません。複数のチャネルで同じ入力を使用することはできません。

トピック