Amazon CloudFront を MediaPackage に使用する - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon CloudFront を MediaPackage に使用する

以降のセクションでは、MediaPackage と Amazon CloudFront を使用するためのガイダンスについて説明します。

分配の作成

Amazon CloudFront によるディストリビューションでは、コンテンツの配信元、追跡方法、管理方法など、コンテンツ配信に関するすべての情報が保持されます。ディストリビューションで保持される情報には、オリジン (コンテンツの配信元) と動作 (コンテンツのリクエストをルーティングするためにリクエストで指定されたパターン) があります。ディストリビューションは、AWS Elemental MediaPackage ライブコンソールから自動で作成することも、CloudFront から手動で作成することもできます。以降のセクションでは、それぞれのアプローチについて説明します。

からの配布の作成 AWS Elemental MediaPackage

ライブコンテンツのみを扱う場合は、AWS Elemental MediaPackage コンソールから CloudFront ディストリビューションを作成できます。

AWS Elemental MediaPackage はユーザーの代わりに Amazon CloudFront と通信し、チャネルとエンドポイント用のディストリビューションを作成します。この機能を有効にすると、チャネルを保存したときに MediaPackage によって CloudFront にディストリビューションが作成され、その後エンドポイントを保存するとオリジンが追加され、キャッシュ動作が更新されます。MediaPackage でユーザーが行ったアクションに応じて自動化された作成プロセスが開始されるため、ユーザーによる追加のアクションは不要です。

重要

CloudFront でディストリビューションを作成するには、追加のアクセス権限が必要です。「ステップ1: (オプション) Amazon CloudFront」に記載されている手順に従い、管理者ユーザーが AWS Identity and Access Management (IAM) を通じて、適切なレベルのアクセス権限を追加するようにしてください。

AWS Elemental MediaPackage コンソールからディストリビューションを作成するには

  1. チャネルの作成 の説明に従って新しいチャネルを開始し、[Create a CloudFront distribution] を選択します。

    既存のチャネルを編集してディストリビューションを追加することもできます。チャネルを編集する手順については、「チャンネルの編集」を参照してください。

  2. チャネルが完成したら、[保存] を選択します。AWS Elemental MediaPackage が CloudFront と通信し、ディストリビューションを作成します。CloudFront はプレースホルダーの値を使用して、オリジンのドメイン名やキャッシュ動作といったエンドポイントについての情報を必要とする設定を MediaPackage で行います。

    CloudFront がディストリビューションを作成できないというエラーメッセージを受け取った場合は、チャネルで [編集] を選択してもう一度保存し、作成プロセスを再開してください。

    初めて作成したディストリビューションが完全に機能するには、オリジンを設定する必要があります。オリジンは、AWS Elemental MediaPackage によって次のステップ (MediaPackage にエンドポイントを作成するとき) で作成されます。

  3. で説明するように、チャネルにエンドポイントを作成します。 エンドポイントの作成. AWS Elemental MediaPackage は、エンドポイントからの情報で配信元とキャッシュの動作を更新し、ライブビデオストリーミングを最適化する設定で配信を構成します。詳細は、 でフォーマットされたライブビデオの配信中 AWS Elemental MediaPackageAmazon CloudFront 開発者ガイド.

    既存のチャネルとエンドポイントに対してディストリビューションを追加する場合は、AWS Elemental MediaPackage によってオリジンが自動的に追加されます。

    AWS Elemental MediaPackage が CloudFront と通信して、ディストリビューションにオリジンを追加し、ディストリビューションの設定を更新します。

    チャネルの詳細ページでディストリビューションのステータスが [デプロイ済み] と表示されていれば、ディストリビューションの使用を開始できます。詳細ページで、 CloudFront CDN URL を使用して、再生要求を送信するためのダウンストリームデバイス用に提供します。

    注記

    AWS Elemental MediaPackage によってディストリビューションに追加されるオリジンは 1 つのみです。チャネルのすべてのエンドポイントには、同じオリジンによってディストリビューションが提供されます。

からの配布の作成 Amazon CloudFront

でチャネルとそのエンドポイントを作成した後、 AWS Elemental MediaPackage、 URLs 各エンドポイントについて これらの URLs は、 CloudFront 配布。MediaPackage のチャネルのエンドポイントごとにオリジンが 1 つ必要です。

で配布を作成する手順の詳細は、 Amazon CloudFront と AWS Elemental MediaPackage エンドポイントを原点として、 ライブストリーミングビデオの配信Amazon CloudFront 開発者ガイド.

分布の表示

チャネル詳細の表示」で説明しているように、ディストリビューション ID や概要など、MediaPackage で作成したディストリビューションに関する基本的な情報を表示できます。ID は CloudFront 管理コンソールと連携しています。

ディストリビューションに関する詳細情報には、Amazon CloudFront コンソールからアクセスできます。この情報へのアクセスのヘルプについては、以下を参照してください。 配信の表示と更新Amazon CloudFront 開発者ガイド.

配布の編集

Amazon CloudFront のディストリビューションを CloudFront コンソールから編集できます。AWS Elemental MediaPackage でオリジンを編集できるのは、MediaPackage でチャネルにエンドポイントを追加するときにオリジンを作成する場合のみです。MediaPackage コンソールからディストリビューションを編集することはできません。

CloudFront でディストリビューションにアクセスするには、チャネルの詳細ページで、ディストリビューション ID を選択します。で配布を編集する方法についての詳細は、 CloudFront、参照 配信の表示と更新Amazon CloudFront 開発者ガイド.

重要

ディストリビューションを編集する場合、[タグ付け] ページでデフォルト設定を変更しないでください。CloudFront では、このタグの AWS Elemental MediaPackage チャネル ID を使用して、ディストリビューションとチャネルをリンクします。タグが変更されると、MediaPackage からディストリビューションを表示したり管理したりできなくなります。

配布の削除

Amazon CloudFront のディストリビューションは、CloudFront コンソールから削除します。AWS Elemental MediaPackage コンソールでディストリビューションを削除することはできません。

CloudFront でディストリビューションにアクセスするには、チャネルの詳細ページで、ディストリビューション ID を選択します。での配布の削除についての詳細は、 CloudFront、参照 配布の削除Amazon CloudFront 開発者ガイド.