アクセス制御フィールド - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

アクセス制御フィールド

  1. このエンドポイントでリクエスト側デバイスにコンテンツを提供できるようにするには、[Allow origination (配信を許可)] を選択します。エンドポイントで配信を禁止することは一般的ではありません。通常、エンドポイントでのコンテンツの提供を禁止するのは、エンドポイントがライブストリームからの VOD コンテンツの収集専用に使用されている場合のみです。詳細については、ライブからVODへのアセットの作成 AWS Elemental MediaPackage を参照してください。

  2. 要求するすべての IP アドレスにコンテンツを配信するには、 すべての着信クライアントを許可. このエンドポイントを利用する IP アドレスを制限するには、次のフィールドを使用します。

    注記

    のみ IPv4 アドレスは許可されます。

    1. [Restrict by IP address (IP アドレスで制限)] を選択します。

    2. [Whitelist] (ホワイトリスト) に、このエンドポイントでコンテンツを提供する先の IP アドレスを入力します。

  3. このエンドポイントへのコンテンツリクエストに有効な認証コードを含めるようにするには、[Use authorization (認証を使用)] を選択します。残りのフィールドに入力します。

    1. [Secrets role ARN (シークレットロール ARN)] に、AWS Secrets Manager へのアクセスを MediaPackage に許可する IAM ロールの ARN を入力します。

    2. [CDN identifier secret (CDN ID シークレット)] に、Secrets Manager の認証コードシークレットの ARN を入力します。

    この認証の仕組みについては、「のCDN承認 AWS Elemental MediaPackage」を参照してください。