パッケージャ設定のフィールド - AWS Elemental MediaPackage

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パッケージャ設定のフィールド

パッケージャ設定のフィールドには、エンドポイントに関する一般的な情報を保持します。

  1. を使用する場合パッケージタイプ、選択Apple HLS

  2. (オプション) [Segment duration (セグメント時間)] に、各セグメントの時間 (秒単位) を入力します。入力セグメントの継続時間と等しいか、その倍数の値を入力します。入力した値が入力セグメントと異なる場合、AWS Elemental Elemental MediaPackage は最も近いセグメント時間の倍数にセグメントを切り捨てます。

  3. (オプション)プレイリストのウィンドウ時間に、マニフェストの総時間 (秒単位) を入力します。

  4. (オプション) すべてのオーディオトラックを単一の HLS レンディショングループにまとめるには、[Use audio rendition group] (オーディオレンディショングループの使用) を選択します。レンディショングループの詳細については、「AWS Elemental でのレンディショングループのリファレンスMediaPackage」を参照してください。

  5. (オプション) デジタルビデオ放送 (DVB) の字幕を出力にパススルーするには、[Include DVB subtitles] (DVB 字幕を含める) を選択します。

  6. (オプション) 追加のI フレーム専用ストリームを他のトラックとともにマニフェストに含めるには、[Include IFrame only stream] (I フレーム専用ストリームを含める) を選択します。 MediaPackage は、マニフェストの最初のレンディションから I フレーム専用ストリームを生成します。このサービスは、EXT-I-FRAMES-ONLY タグを出力マニフェストに挿入し、I フレーム専用再生リストを生成した上でストリームに含めます。この再生リストでは、早送りや巻き戻しなどのプレイヤー機能を利用できます。

  7. (オプション) 含めるEXT-X-PROGRAM-DATE-TIME出力マニフェストのタグ、プログラムの日付/時間間隔を選択し、間隔を入力します MediaPackage をクリックして、マニフェストにタグを挿入します。

    EXT-X-PROGRAM-DATE-TIME タグには、セグメントの時間が保持されます。ソースコンテンツでプログラム日時 (PDT) に関する情報が利用可能な場合、ソースコンテンツで利用できる場合、 MediaPackage 出力コンテンツにこれと同じ情報を使用します。そうでない場合は、を参照してください MediaPackage は PDT に協定世界時 (UTC) 基準を使用します。

    PDT 情報は、ダウンストリームプレイヤーがストリームをウォールクロックに同期させるのに役立ちます。それにより、視聴者が再生タイムラインでシークしたり、プレイヤーで時間を表示したりするなどの機能が有効になります。

  8. (オプション)プレイリストタイプで [イベント] または [VOD] を選択します。event または VOD として指定すると、対応する EXT-X-PLAYLIST-TYPE エントリがメディア再生リストに含まれます。再生リストが VOD コンテンツでライブであるかどうかを示します。

SCTE-35 に関するオプション

次のフィールドは、その方法を指示します MediaPackage が入力ストリームから SCTE-35 のメッセージを処理します。詳細については、「AWS Elemental での SCTE-35 メッセージオプションMediaPackage」を参照してください。

  1. (オプション) [Ad marker (広告マーカー)] で、パッケージ化したコンテンツに広告マーカーを含める方法を選択します。

    次から選択します。

    • [None] (なし) – すべての SCTE-35 広告マーカーを出力から省きます。

    • [SCTE-35 enhanced] (強化 SCTE-35) – 入力ソースの SCTE-35 入力メッセージに基づいて広告マーカーとブラックアウトタグを生成します。

    • [Passthrough] (パススルー) – SCTE-35 広告マーカーを、入力 HLS の入力マニフェストから出力マニフェストに直接コピーします。

  2. (オプション) SCTE-35 メッセージタイプを追加または削除するには MediaPackage広告として扱う、選択カスタム広告トリガー。ここで選択を行わないと、 MediaPackage は、以下のメッセージタイプに基づいた広告マーカーを出力マニフェストに挿入します。

    • スプライス挿入

    • プロバイダー広告

    • ディストリビューター広告

    • プロバイダー配置機会

    • ディストリビューター配置機会

  3. (オプション) 広告挿入アクションを変更するには MediaPackage は SCTE-35 メッセージのセグメンテーション記述子内の配信制限フラグに基づいた配信制限フラグに基づいて取得します。広告配信制限。使用できるオプションは次のとおりです。

    • なし– MediaPackage 出力マニフェストには広告マーカーが挿入されません。

    • 制限– MediaPackage そこに広告マーカーを挿入しますですで指定したSCTE-35 メッセージタイプでの配信制限についてカスタム広告トリガー

    • 無制限– MediaPackageそこに広告マーカーを挿入しますそうじゃないですかで指定したSCTE-35 メッセージタイプでの配信制限についてカスタム広告トリガー

    • 両方– MediaPackage で指定した、SCTE-35 メッセージタイプでの配信制限があるかどうかにかかわらず、広告マーカーを挿入しますカスタム広告トリガー