ステップ4: (オプション) 出力 VOD コンテンツ - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ステップ4: (オプション) 出力 VOD コンテンツ

MediaPackage を使用して Live-to-VOD アセットを再生可能にするには、パッケージンググループ、パッケージング設定、アセットリソースを作成します。アセットは、Amazon S3 バケットから Live-to-VOD アセットを取り込みます。パッケージンググループは、出力形式と設定を定義する 1 つ以上のパッケージング設定を保持します。

パッケージンググループを作成する

パッケージンググループは、1 つ以上のパッケージング設定を保持しています。パッケージング設定により、必要な VOD 出力の種類を定義できます。それらの出力定義を適用するには、パッケージンググループを複数のアセットに関連付けます。

15 個のソースコンテンツがあります。そのすべてを、DASH、HLS、および暗号化された HLS 出力として提供するとします。これを行うには、DASH、HLS、および暗号化された HLS パッケージング設定で 1 つのパッケージンググループを定義します。次に、これらのコンテンツを表すアセットリソースにそのグループを関連付けます。アセットごとに新しい設定を作成する必要はありません。

AWS Elemental MediaPackage はお客様自身によるお客様データの提供を必要としません。パッケージンググループには、お客様自身によるお客様データの提供が予想されるフィールドはありません。

パッケージグループを作成するには

  1. AWS Elemental MediaPackage の、[Packaging groups (パッケージンググループ)] ページで [Create (作成)] を選択します。

  2. [ID] に、グループを説明する名前として gamehighlights などと入力します。ID は、グループのプライマリ識別子であり、AWS リージョン内のアカウント別に一意であることが必要です。使用できるのは、文字、数字、下線 (_)、ダッシュ (-) のみです。ID にスペースを使用することはできません。

  3. [Create] を選択します。

パッケージング構成の作成

パッケージ設定は、ストリーム選択の制限や順序など、出力マニフェストの設定方法を指定します。

AWS Elemental MediaPackage はお客様自身によるお客様データの提供を必要としません。パッケージング設定には、お客様自身によるお客様データの提供が予想されるフィールドはありません。

パッケージング設定を作成するには

  1. [Packaging groups (パッケージンググループ)[ ページで、作成したグループを選択します。

  2. パッケージグループの詳細ページで、[Add or remove configuration (設定の追加または削除)] または既存のパッケージング設定がない場合は、[Add configuration (設定の追加)] を選択します。

  3. [Add packaging configurations (パッケージング設定の追加)] ページで、[Add (追加)] を選択し、[New configuration (新しい設定)] を選択します。

  4. [ID] に、設定を説明する名前として hls_highlights などと入力します。ID は、設定のプライマリ識別子であり、AWS リージョン内のアカウント別に一意であることが必要です。使用できるのは、文字、数字、下線 (_)、ダッシュ (-) のみです。ID にスペースを使用することはできません。

  5. 残りのフィールドはデフォルトのままにして、[Save (保存) ] を選択します。

アセットの作成

アセットリソースは、MediaPackage が VOD コンテンツを取り込み、パッケージ化し、提供する方法です。アセットは、1 つ以上のパッケージング設定と関連付けられます。ダウンストリームのデバイスは、アセットの特定のパッケージ設定に再生リクエストを送信します。

AWS Elemental MediaPackage はお客様自身によるお客様データの提供を必要としません。お客様によるお客様データの提供が予想されるアセットにフィールドはありません。

アセットを作成してソースコンテンツを取り込むには

  1. Amazon S3 バケットから、ソースファイルとして使用しているファイルを特定します。以下の情報を記録します。

    • ファイルが保存されている Amazon S3 バケットの名前。

    • S3://bucket/path/source-file-name などのファイルの完全パス

    • AWS Elemental MediaPackage が Amazon S3 から読み取ることを可能にする IAM ロール

  2. AWS Elemental MediaPackage コンソールで、[Assets (アセット)] ページに移動して [Ingest asset (アセットの取り込み)] を選択します。

  3. [S3 bucket name (S3 バケット名)] で、ソースコンテンツを保存するバケットを選択します。

  4. [IAM role (IAM ロール)] の場合は、[Use existing role (既存のロールを使用)] を選択し、AWS Elemental MediaPackage が Amazon S3 から読み取ることを許可する IAM ロールを選択します。

  5. [Filename (ファイル名)] に、Amazon S3 バケット内のパスとソースコンテンツの名前を入力します。

  6. [Packaging group (パッケージンググループ)] に、ステップ2: パッケージンググループを作成する で作成したグループを選択します。

  7. [アセットの取り込み] を選択します。

再生を提供する URLs

アセットを作成した後、AWS Elemental MediaPackage はパッケージマニフェストを視聴者に提供する準備を行います。これはバックグラウンドで行われ、ソースコンテンツのサイズと複雑さによっては時間がかかる場合がありますが、通常は数分以内です。マニフェストの URL はアセットの詳細ページですぐに利用できますが、コンテンツはまだ再生できません。

各マニフェストの処理が完了すると、MediaPackage はアカウントに Amazon CloudWatch イベントを送信します。

アセットでは、MediaPackage は各パッケージングアセットの URL が用意されています。この URL は、ダウンストリームデバイス (CDN または再生デバイス) が MediaPackage に VOD コンテンツをリクエストする方法です。

再生 URL を取得するには

  1. MediaPackage コンソールで、[Assets (アセット)] ページに移動して、ステップ4: アセットの作成 で作成したアセットの [ID] を選択します。

  2. アセットの詳細ページで、各パッケージング設定の URL を取得します。

  3. この URL をダウンストリームデバイス (CDN またはプレーヤー) の担当者に渡します。ダウンストリームデバイスでは、この担当者は対応するパッケージ設定からの URL としてリクエスト先を入力する必要があります。

各 URL は安定しています。このアセットとパッケージング設定の組み合わせの有効期間中に変更されることはありません。この URL をダウンストリームデバイス (CDN またはプレーヤー) の担当者に渡します。この担当者は、ダウンストリームデバイスでアセットの URL として、リクエスト送信先を入力する必要があります。