タイムシフト表示リファレンス AWS Elemental MediaPackage - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

タイムシフト表示リファレンス AWS Elemental MediaPackage

タイムシフト表示は AWS Elemental MediaPackage でのライブワークフローで使用できます。

タイムシフト表示を使用すると、視聴者はライブストリームの再生を「現在」の時刻より早めて、すでに進行中である番組を最初から視聴したり、完了済みの番組を視聴したりできます。MediaPackage では、最大 336 時間 (14 日間) さかのぼったタイムシフト表示が可能です。エンドポイントで [startover window (スタートオーバーウィンドウ)] を定義することにより、このコンテンツの一部またはすべてのタイムシフト表示を有効にできます。再生リクエストに有効な開始パラメータと終了パラメータが含まれている場合、そのウィンドウ内でコンテンツを再生できます。エンドポイントで設定されたウィンドウ外のコンテンツをリクエストすると、HTTP エラー 404 が発生します。

または、ライブストリームのクリップを収集し、ビデオオンデマンド (VOD) アセットとして使用可能にすることもできます。VOD アセットの収集については、「ライブからVODへのアセットの作成 AWS Elemental MediaPackage」を参照してください。

以下の手順で「現在」とは、エンコーダーからのソースコンテンツのプログラム日時 (PDT) に基づく現時刻です。ソースコンテンツに PDT 情報が含まれていない場合、「現在」とは、MediaPackage による最新のセグメントの取り込み時間を指します。

タイムシフト表示を有効にするには

  1. タイムシフト表示を有効にするには、AWS Elemental MediaPackage エンドポイントオブジェクトの [Startover window (スタートオーバーウィンドウ)] に値を入力します。この操作は、MediaPackage コンソールまたは REST API で実行できます。

    開始パラメータと終了パラメータがスタートオーバーウィンドウ内にあるリクエストがこのエンドポイントに送信されると、AWS Elemental MediaPackage はリクエストされた期間のマニフェストを生成します。開始パラメータまたは終了パラメータがスタートオーバーウィンドウ外にある場合、再生リクエストは失敗します。開始/終了パラメータが使用されていない場合は、標準のマニフェストを生成します。

    注記

    エンドポイントで最初にスタートオーバーウィンドウを作成するときに、マニフェストが実際の時間より遅れていることに気づく場合があります。これは、AWS Elemental MediaPackage でウィンドウの先頭からマニフェストを埋め始めて「現在」に至るために生じる遅延です。たとえば、スタートオーバーウィンドウが 24 時間である場合、MediaPackage は 24 時間前の時点からマニフェストを埋め始めて「現在」に至ります。

  2. コンテンツのリクエストに、必要に応じて、開始/終了パラメータが含まれていることを確認します。AWS Elemental MediaPackage は、最大 24 時間のコンテンツのリクエストを受け入れます。

    パッケージャ別のパラメータの表記規則については、「開始パラメータと終了パラメータのルール」を参照してください。

    開始/終了パラメータは、マニフェストの時間範囲を決定します。要求の開始パラメータと終了パラメータに基づく期待される動作は次のとおりです。

    • URL に開始パラメータと終了パラメータの両方を指定すると、結果のマニフェストでは、指定した開始パラメータと終了パラメータに対応する固定の開始時間と終了時間が設定されます。

      終了時間が将来の時間であれば、マニフェストのタグはライブマニフェストと一貫しています。それ以外の場合、終了時間が過去の時間であれば、マニフェストのタグはビデオオンデマンド (VOD) マニフェストと一貫しています。マニフェストの違いの詳細については、ライブおよびVODマニフェスト参照 を参照してください。

    • 開始パラメータを指定して終了パラメータを指定しないと、結果のマニフェストでは、指定した開始パラメータに対応する固定の開始時間が設定され、マニフェストの終了はライブコンテンツの進行に応じて先に伸びます。

      注記

      HLS 出力の場合、多くの再生デバイスでは「現在」の時刻に再生が開始されます。再生ウィンドウの実際の開始時間からコンテンツを表示するために、視聴者は再生進行状況バーで戻ることができます。

    • どちらのパラメータも指定しないと、標準のマニフェストが生成され、終了時間は設定されずに「現在」から始まります。

    • 終了パラメータを指定して開始パラメータを指定していない場合、マニフェストはパラメータが指定されていない場合と同じ方法で生成されます。マニフェストは「現在」から始まりますが、終了時刻がありません。

開始パラメータと終了パラメータのルール

開始/終了パラメータをタイムシフトマネフェストの開始/終了を示します。再生デバイスでは、マニフェストのリクエストの末尾にパラメータを付加するか、リクエスト内にパラメータを含めることができます。

いずれの場合でも、日付と時刻を以下のいずれかの形式で表記する必要があります。

  • ISO 8601 の日付 (2017-08-18T21:18:54+00:00 など)

  • POSIX (またはエポック) 時間 (1503091134 など)

以下のトピックでは、パッケージャタイプ別の場所に関するルールについて説明します。

DASHパラメータのルール

DASH コンテンツに対する URL リクエストの開始/終了パラメータでは、標準のパラメータ表記を使用できます。または、これらのパラメータをパスの要素として URL に含めることができます。

  • クエリパラメータ表記 – 開始/終了パラメータをリクエスト URL の末尾に含めます。

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/997cbb27697d4863bb65488133bff26f/sports.mpd?start=1513717228&end=1513720828
  • パスの要素 – 開始/終了パラメータをリクエスト URL のパスに含めます。

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/997cbb27697d4863bb65488133bff26f/start/2017-12-19T13:00:28-08:00/end/2017-12-19T14:00:28-08:00/sports.mpd

HLSおよびCMAFパラメータのルール

HLS コンテンツに対する URL リクエストの開始/終了パラメータでは、標準のパラメータ表記を使用できます。または、これらのパラメータをパスの要素として URL に含めることができます。HLS と CMAF のルールは同じです。ただし、CMAF のエンドポイントにパスの要素を挿入する場合、その要素は URL のマニフェスト ID の後に入れる必要がある点が異なります。

  • クエリパラメータ表記 – 開始/終了パラメータをリクエスト URL の末尾に含めます。

    例 HLS

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/064134724fd74667ba294657a674ae72/comedy.m3u8?start=2017-12-19T13:00:28-08:00&end=2017-12-19T14:00:28-08:00

    例 CMAF

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/064134724fd74667ba294657a674ae72/manifest_id/news.m3u8?start=2018-04-04T01:14:00-08:00&2018-04-04T02:15:00-08:00
  • パスの要素 – 開始/終了パラメータをリクエスト URL のパスに含めます。

    例 HLS

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/064134724fd74667ba294657a674ae72/start/1513717228/end/1513720828/comedy.m3u8

    例 CMAF

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/064134724fd74667ba294657a674ae72/manifest_id/start/1522807213/end/1522800013/news.m3u8

Microsoft スムーズ パラメータ ルール

Microsoft Smooth Streaming コンテンツに対する URL リクエストの開始/終了パラメータはパスの要素として URL に含めることができます。

  • パスの要素 – 開始/終了パラメータをリクエスト URL のパスに含めます。

    https://cf98fa7b2ee4450e.mediapackage.us-east-1.amazonaws.com/out/v1/1f76b3b4f94c44a485c0e4e560afe50e/start/1513717228/end/1513720828/drama.ism/Manifest