コンテナポリシーを編集する - AWS Elemental MediaStore

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コンテナポリシーを編集する

デフォルトのコンテナポリシーへのアクセス許可を編集するか、新しいポリシーを作成してデフォルトのポリシーと置き換えることができます。新しいポリシーが有効になるまで、最大で 5 分かかります。

コンテナポリシーを編集するには (コンソール)

  1. を開くMediaStoreコンソールで:https://console.aws.amazon.com/mediastore/

  2. [Containers (コンテナ)] ページで、コンテナの名前を選択します。

  3. [Edit policy (ポリシーの編集)] を選択します。異なるアクセス許可を設定する方法の例については、「コンテナポリシーの例」を参照してください。

  4. 適切な変更を行い、[Save (保存)] を選択します。

コンテナポリシーを編集するには (AWS CLI)

  1. コンテナポリシーを定義するファイルを作成します。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadOverHttps", "Effect": "Allow", "Action": ["mediastore:GetObject", "mediastore:DescribeObject"], "Principal": "*", "Resource": "arn:aws:mediastore:us-west-2:111122223333:container/ExampleLiveDemo/*", "Condition": { "Bool": { "aws:SecureTransport": "true" } } } ] }
  2. AWS CLI で、put-container-policy コマンドを使用します。

    aws mediastore put-container-policy --container-name ExampleLiveDemo --policy file://ExampleContainerPolicy.json --region us-west-2

    このコマンドの戻り値はありません。