コンテナポリシーの例: HTTPS 経由のパブリック読み取りアクセス - AWS Elemental MediaStore

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

コンテナポリシーの例: HTTPS 経由のパブリック読み取りアクセス

このポリシー例では、ユーザーが HTTPS リクエストを行ってオブジェクトを取得することができます。これにより、認証済みユーザーや匿名ユーザー (ログインしていないユーザー) など、すべてのユーザーに安全な SSL/TLS 接続を経由した読み取りアクセスが許可されます。ステートメントには名前があります PublicReadOverHttps。 これにより、 GetObject および DescribeObject 任意のオブジェクトに対するオペレーション(リソース パスの末尾にある*で指定)。このアクセスの条件として、オペレーションでは HTTPS を使用する必要があります。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadOverHttps", "Effect": "Allow", "Action": ["mediastore:GetObject", "mediastore:DescribeObject"], "Principal": "*", "Resource": "arn:aws:mediastore:<region>:<owner acct number>:container/<container name>/*", "Condition": { "Bool": { "aws:SecureTransport": "true" } } } ] }