オブジェクトのライフサイクルポリシーのコンポーネント - AWS Elemental MediaStore

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

オブジェクトのライフサイクルポリシーのコンポーネント

オブジェクトライフサイクルポリシーでは、AWS Elemental MediaStore コンテナにオブジェクトを保持する期間を管理します。各オブジェクトのライフサイクルポリシーには 1 つ以上のルールがあり、オブジェクトの保持期間を決定します。ルールは、1 つのフォルダ、複数フォルダ、コンテナ全体に適用されます。

1 つのコンテナに対して 1 つのオブジェクトのライフサイクルポリシーをアタッチすることができ、各オブジェクトのライフサイクルポリシーには最大 10 個のルールを含めることができます。オブジェクトのライフサイクルポリシーを個々のオブジェクトに割り当てることはできません。

オブジェクトのライフサイクルポリシーのルール

次の 3 種類のルールを作成できます。

一時データ

一時的なデータルールで、数秒以内に有効期限が切れるようにオブジェクトを設定します。このタイプのルールは、ポリシーが有効になった後にコンテナに追加されたオブジェクトにのみ適用されます。MediaStore が新しいポリシーをコンテナに適用するまでに、最大 20 分かかります。

一時データのルールの例は次のようになります。

{ "definition": { "path": [ {"wildcard": "Football/index*.m3u8"} ], "seconds_since_create": [ {"numeric": [">", 120]} ] }, "action": "EXPIRE" },

一時データのルールには以下の 3 つの部分があります。

  • path: 常に wildcard に設定されます。このパートを使用して、削除するオブジェクトを定義します。1 つ以上のワイルドカードを使用できます。これはアスタリスク (*) で表されます。各ワイルドカードは、0 個以上の文字の任意の組み合わせを表します。たとえば、"path": [ {"wildcard": "Football/index*.m3u8"} ], は、Football フォルダのパターン index*.m3u8 (例: index.m3u8、index1.m3us8、および index123456.m3u8) に一致するすべてのファイルに適用されます。1 つのルールに最大 10 個の パスを含めることができます。

  • seconds_since_create: 常に numeric に設定されます。1~300秒の値を指定できます。演算子は、より大きい (>) または以上 (>=) に設定することもできます。

  • action: 常に EXPIRE に設定されます。

一時データルールの場合 (オブジェクトは数秒以内に期限切れになる)、オブジェクトの期限切れとオブジェクトの削除の間に遅延はありません。

注記

一時データルールの対象となるオブジェクトは、list-items レスポンスには含まれていません。さらに、一時的なデータルールのために有効期限が切れたオブジェクトは、有効期限が切れたときに CloudWatch イベントを発行しません。

DELETE Object

オブジェクト削除ルールは、オブジェクトが数日以内に期限切れになるように設定します。このタイプのルールは、ポリシーが作成される前にオブジェクトがコンテナに追加された場合でも、コンテナ内のすべてのオブジェクトに適用されます。MediaStore が新しいポリシーを適用するまでに、最大 20 分かかりますが、オブジェクトがコンテナからクリアされるまでには最大 24 時間かかる場合があります。

オブジェクトの削除に関する 2 つのルールの例は以下のようになります。

{ "definition": { "path": [ { "prefix": "FolderName/" } ], "days_since_create": [ {"numeric": [">" , 5]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ { "wildcard": "Football/*.ts" } ], "days_since_create": [ {"numeric": [">" , 5]} ] }, "action": "EXPIRE" }

オブジェクトの削除ルールには以下の 3 つの部分があります。

  • path: prefix または wildcard に設定します。同じルールで prefixwildcard を混在させることはできません。両方を使用する場合は、上記の例に示すように、prefix に 1 つのルールを作成し、wildcard に別のルールを作成する必要があります。

    • prefix - 特定のフォルダ内のすべてのオブジェクトを削除する場合は、パスを prefix に設定します。パラメータが空 ("path": [ { "prefix": "" } ],) の場合は、現在のコンテナ内に保存されているすべてのオブジェクトがターゲットになります。1 つのルールに最大 10 個の prefix パスを含めることができます。

    • wildcard - ファイル名やファイルタイプに基づいて特定のオブジェクトを削除する場合は、パスを wildcard に設定します。1 つ以上のワイルドカードを使用できます。これはアスタリスク (*) で表されます。各ワイルドカードは、0 個以上の文字の任意の組み合わせを表します。たとえば、"path": [ {"wildcard": "Football/*.ts"} ], は、Football フォルダ内で *.ts のパターンに一致するすべてのファイル (filename.ts、filename1.ts、filename123456.ts など) に適用されます。1 つのルールに最大 10 個の wildcard パスを含めることができます。

  • days_since_create: 常に numeric に設定されます。1~36,500の値を指定できます。演算子は、より大きい (>) または以上 (>=) に設定することもできます。

  • action: 常に EXPIRE に設定されます。

オブジェクト削除ルールの場合 (オブジェクトは数日以内に期限切れになる)、オブジェクトの期限切れとオブジェクトの削除の間にはわずかな遅延が生じます。ただし、オブジェクトの有効期限が切れるとすぐに請求が変更されます。たとえば、ライフサイクルルールで 10 days_since_create を指定した場合、オブジェクトがまだ削除されていない場合でも、オブジェクトの作成から 10 日が経過すると、アカウントでそのオブジェクトには課金されなくなります。

ライフサイクル移行

ライフサイクル移行ルールは、オブジェクトが一定の期間 (日単位) に達した後に低頻度アクセス (IA) ストレージクラスに移動されるよう設定します。IA ストレージクラスに保存されているオブジェクトは、標準のストレージクラスに保存されているオブジェクトとはストレージおよび取得の速度が異なります。詳細については、「」を参照してください。MediaStore 料金表

オブジェクトを IA ストレージクラスに移動すると、標準のストレージクラスに戻すことはできません。

ライフサイクル移行ルールは、ポリシーの作成前にコンテナに追加されていたオブジェクトも含め、コンテナ内のすべてのオブジェクトに適用されます。MediaStore が新しいポリシーを適用するまでに、最大 20 分かかりますが、オブジェクトがコンテナからクリアされるまでには最大 24 時間かかる場合があります。

ライフサイクル移行ルールの例は次のようになります。

{ "definition": { "path": [ {"prefix": "AwardsShow/"} ], "days_since_create": [ {"numeric": [">=" , 30]} ] }, "action": "ARCHIVE" }

ライフサイクル移行ルールには、以下の 3 つの部分があります。

  • path: prefix または wildcard に設定します。同じルールで prefixwildcard を混在させることはできません。両方を使用する場合は、prefix に 1 つのルールを作成し、wildcard には別のルールを作成する必要があります。

    • prefix - 特定のフォルダ内のすべてのオブジェクトを IA ストレージクラスに移行する場合は、パスを prefix に設定します。パラメータが空 ("path": [ { "prefix": "" } ],) の場合は、現在のコンテナ内に保存されているすべてのオブジェクトがターゲットになります。1 つのルールに最大 10 個の prefix パスを含めることができます。

    • wildcard - ファイル名やファイルタイプに基づいて IA ストレージクラスに特定のオブジェクトを移行する場合は、パスを wildcard に設定します。1 つ以上のワイルドカードを使用できます。これはアスタリスク (*) で表されます。各ワイルドカードは、0 個以上の文字の任意の組み合わせを表します。たとえば、"path": [ {"wildcard": "Football/*.ts"} ], は、Football フォルダ内で *.ts のパターンに一致するすべてのファイル (filename.ts、filename1.ts、filename123456.ts など) に適用されます。1 つのルールに最大 10 個の wildcard パスを含めることができます。

  • days_since_create: 常に "numeric": [">=" , 30] に設定されます。

  • action: 常に ARCHIVE に設定されます。

Example

LiveEvents 」という名前のコンテナに、4 つのサブフォルダ FootballBaseballBasketballAwardsShow があるとします。LiveEvents フォルダに割り当てられたオブジェクトのライフサイクルポリシーは、次のようになります。

{ "rules": [ { "definition": { "path": [ {"prefix": "Football/"}, {"prefix": "Baseball/"} ], "days_since_create": [ {"numeric": [">" , 28]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ { "prefix": "AwardsShow/" } ], "days_since_create": [ {"numeric": [">=" , 15]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ { "prefix": "" } ], "days_since_create": [ {"numeric": [">" , 40]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ { "wildcard": "Football/*.ts" } ], "days_since_create": [ {"numeric": [">" , 20]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ {"wildcard": "Football/index*.m3u8"} ], "seconds_since_create": [ {"numeric": [">" , 15]} ] }, "action": "EXPIRE" }, { "definition": { "path": [ {"prefix": "Program/"} ], "days_since_create": [ {"numeric": [">=" , 30]} ] }, "action": "ARCHIVE" } ] }

前述のポリシーでは、以下を指定します。

  • 最初のルールでは、AWS Elemental MediaStore にLiveEvents/FootballfolderLiveEvents/Baseballフォルダが 28 日以上経過した後に作成されます。

  • 2 つ目のルールでは、LiveEvents/AwardsShow フォルダに 15 日以上保存されているオブジェクトが削除されるようにサービスに指示します。

  • 3 つ目のルールでは、LiveEvents コンテナ内のどこかに 40 日以上保存されているオブジェクトが削除されるように指定します。このルールは、 LiveEvents コンテナに直接保存されているオブジェクト、コンテナの 4 つのサブフォルダのいずれかに保存されているオブジェクトに適用されます。

  • 4 番目のルールでは、Football フォルダ内でパターン *.ts に一致するオブジェクトを 20 日経過したら削除するようにサービスに指示します。

  • 5 番目のルールは、サービスにFootballパターンに一致するフォルダindex*.m3u8彼らは15秒よりも古い後。MediaStore は、コンテナに配置されてから 16 秒後にこれらのファイルを削除します。

  • 6 番目のルールは、30 日経過後に Program フォルダ内のオブジェクトを IA ストレージクラスに移動するようにサービスに指示します。

オブジェクトライフサイクルポリシーの例の詳細については、「オブジェクトのライフサイクルポリシーの例」を参照してください。