Amazon Neptune
ユーザーガイド (API バージョン 2017-11-29)

Neptune Gremlin 実装の相違点

Gremlin の Amazon Neptune 実装と TinkerPop 実装の間には、重要な違いがいくつかあります。

注記

Gremlin コンソールと Amazon Neptune における実装の違いの具体的な例については、クイックスタートの「Gremlin を使用したグラフへのアクセス」セクションを参照してください。

実装の違いのリストを次に示します。

バインド済み変数

トラバーサルオブジェクト g は事前にバインドされています。graph オブジェクトはサポートされていません。

TinkerPop 列挙

Neptune では、列挙値の完全修飾クラス名はサポートしていません。たとえば、Groovy リクエストでは org.apache.tinkerpop.gremlin.structure.VertexProperty.Cardinality.single ではなく single を使用する必要があります。

列挙型は、パラメータタイプによって決定されます。

次の表は、使用できる列挙値と関連する TinkerPop の完全修飾名を示しています。

Java コード

Neptune は、サポートされている Gremlin API 以外の、任意の Java または Java ライブラリ呼び出しにより定義されるメソッドへの呼び出しをサポートしていません。たとえば、java.lang.*Date()、および g.V().tryNext().orElseGet() は許可されていません。

日付および時間

Neptune には、Gremlin Groovy バリアントで送信されるクエリの日時を指定する datetime メソッドがあります。これには、Gremlin コンソール、HTTP REST API を使用するテキスト文字列、Groovy を使用する他のシリアル化が含まれます。日付と時刻の値は、datetime() 関数で指定される必要があります。

重要

これは、テキスト文字列として Gremlin クエリを送信するメソッドのみに適用されます。Gremlin 言語バリアント (GLV) を使用している場合は、その言語のネイティブな日付のクラスと関数を使用する必要があります。詳細については、ベストプラクティスのセクション「GLV 時刻データのネイティブの日付と時刻の使用」を参照してください。

この datetime( ) 関数は、ISO-8601 に準拠した日時 (ミリ秒での精度) の文字列値を取ります。たとえば、datetime('2018-01-01T00:00:00') と指定します。

ISO-8601 日時形式の例は次のとおりです。

  • YYYY-MM-DD

  • YYYY-MM-DDTHH:mm

  • YYYY-MM-DDTHH:mm:SS

  • YYYY-MM-DDTHH:mm:SS.ssss

  • YYYY-MM-DDTHH:mm:SSZ

スクリプトの実行

すべてのクエリは、トラバーサルオブジェクト g で始まる必要があります。

複数のトラバーサルは、セミコロン (;) または改行文字 (\n) で区切って発行されます。最後のもの以外の各ステートメントは、next() ステップの実行で終わる必要があります。最終的なトラバーサルデータのみが返されます。

セッション

Neptune はセッションレスです。コンソール session 引数をサポートしていません。違いについては、「TinkerPop セッションリファレンス」を参照してください。

トランザクション

Neptune は、各 Gremlin トラバーサルの開始時に新しいトランザクションを開き、トラバーサルが正常に完了したときにトランザクションを閉じます。エラーが発生すると、トランザクションはロールバックされます。

セミコロン (;) または改行文字 (\n) で区切られた複数のステートメントは、単一のトランザクションに含まれています。最後のもの以外の各ステートメントは、next() ステップの実行で終わる必要があります。最終的なトラバーサルデータのみが返されます。

tx.commit() および tx.rollback() を使用した手動トランザクションロジックはサポートされていません。

頂点およびエッジ ID

Neptune Gremlin 頂点およびエッジ ID は、タイプ String である必要があります。頂点またはエッジの追加時に ID を指定しない場合、UUID が生成されて文字列に変換されます。たとえば、"48af8178-50ce-971a-fc41-8c9a954cea62" です。

注記

つまり、ユーザーが指定した ID はサポートされますが、通常の使用ではオプションとなります。ただし、Neptune Load コマンドでは、すべての ID が Neptune CSV 形式の ~id フィールドを使用して指定されることが必要です。

ユーザーが指定する ID

ユーザーが指定した ID は、以下の規定により Neptune Gremlin で許可されます。

  • 指定 ID はオプションです。

  • 頂点とエッジのみがサポートされています。

  • タイプ String のみがサポートされます。

カスタム ID で新しい頂点を作成するには、id キーワードで property ステップを使用します。g.addV().property(id, 'customid')

注記

id キーワードを引用符で囲むことはできません。

すべての頂点 ID およびすべてのエッジ ID は、一意である必要があります。ただし、Neptune では、頂点とエッジで同じ ID を持つことができます。

g.addV() を使用して新しい頂点を作成しようとする場合、すでにその ID を持つ頂点が存在すると、オペレーションは失敗します。この例外として、頂点に新しいラベルを指定するとオペレーションは成功しますが、新しいラベルおよび既存の頂点に指定されたすべての追加のプロパティが追加されます。Nothing は上書きされます。新しい頂点は作成されません。頂点 ID は変更せず、一意のままになります。

たとえば、次の Gremlin コンソールコマンドは成功します。

gremlin> g.addV('label1').property(id, 'customid') gremlin> g.addV('label2').property(id, 'customid') gremlin> g.V('customid').label() ==>label1::label2

頂点プロパティ ID

頂点プロパティ ID は自動的に生成され、クエリを実行したときに、正または負の数値で表示されます。

頂点プロパティの濃度

Neptune は、セット濃度と単一濃度をサポートしています。指定されていない場合は、セット濃度が選択されます。つまり、プロパティ値を設定した場合、値のセットにすでに表示されていない場合にのみ、プロパティに新しい値が追加されます。これは、セットの Gremlin 列挙の値です。

List はサポートされていません。プロパティ濃度の詳細については、Gremlin JavaDoc にある「頂点」 トピックを参照してください。

頂点プロパティの更新

値のセットに追加の値を追加せずにプロパティ値を更新するには、property ステップで single 濃度を指定します。

g.V('exampleid01').property(single, 'age', 25)

注記

これにより、既存のプロパティの値はすべて削除されます。

ラベル

Neptune は、頂点の複数のラベルをサポートしています。ラベルを作成する際、:: で区切ることで複数のラベルを指定できます。たとえば、g.addV("Label1::Label2::Label3") は頂点に 3 つの異なるラベルを追加します。hasLabel ステップでは、この頂点を hasLabel("Label1")hasLabel("Label2")、および hasLabel("Label3") の 3 つのラベルのいずれかと一致させます。

重要

:: 区切り記号は、この使用のみに予約されます。hasLabel ステップで複数のラベルを指定することはできません。たとえば、hasLabel("Label1::Label2") はいずれにも一致しません。

変数

Neptune は、Gremlin 変数をサポートせず、bindings プロパティもサポートしていません。

タイムアウト

Gremlin コンソールコマンド :remote config timeout は、ローカルタイムアウトのみを設定します。Neptune にリモートクエリタイムアウトを設定するには、neptune_query_timeout パラメータを使用します。詳細については、「Amazon Neptune DB パラメータグループ」を参照してください。

エスケープ文字

Neptune は、Apache Groovy 言語ドキュメントの 特殊文字のエスケープ セクションで説明されているすべてのエスケープ文字を解決します。

Groovy の制限

Neptune は、g 以外で始まる Groovy コマンドをサポートしていません。これには、算術 (1+1 など)、システム呼び出し (System.nanoTime() など)、および変数の定義 (1+1 など) が含まれます。

重要

Neptune では、完全修飾クラス名はサポートしていません。たとえば、Groovy リクエストでは org.apache.tinkerpop.gremlin.structure.VertexProperty.Cardinality.single ではなく single を使用する必要があります。

シリアル化

Neptune は、リクエストされた MIME タイプに基づいて、以下のシリアル化をサポートしています。

MIME タイプ シリアル化 設定

application/vnd.gremlin-v1.0+gryo

GryoMessageSerializerV1d0 ioRegistries: [org.apache.tinkerpop.gremlin.tinkergraph.structure.TinkerIoRegistryV1d0]

application/vnd.gremlin-v1.0+gryo-stringd

GryoMessageSerializerV1d0 serializeResultToString: true}
application/vnd.gremlin-v3.0+gryo GryoMessageSerializerV3d0 ioRegistries: [org.apache.tinkerpop.gremlin.tinkergraph.structure.TinkerIoRegistryV3d0]

application/vnd.gremlin-v3.0+gryo-stringd

GryoMessageSerializerV3d0 serializeResultToString: true

application/vnd.gremlin-v1.0+json

GraphSONMessageSerializerGremlinV1d0 ioRegistries: [org.apache.tinkerpop.gremlin.tinkergraph.structure.TinkerIoRegistryV1d0]

application/vnd.gremlin-v2.0+json

GraphSONMessageSerializerGremlinV2d0 ioRegistries: [org.apache.tinkerpop.gremlin.tinkergraph.structure.TinkerIoRegistryV2d0]

application/vnd.gremlin-v3.0+json

GraphSONMessageSerializerV3d0

application/json

GraphSONMessageSerializerV3d0 ioRegistries: [org.apache.tinkerpop.gremlin.tinkergraph.structure.TinkerIoRegistryV3d0]

application/vnd.graphbinary-v1.0

GraphBinaryMessageSerializerV1

Lambda ステップ

Neptune では Lambda ステップはサポートされません。

サポートされていない Gremlin メソッド

Neptune は、以下の Gremlin メソッドをサポートしていません。

  • org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversal.program(org.apache.tinkerpop.gremlin.process.computer.VertexProgram)

  • org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversal.sideEffect(java.util.function.Consumer)

  • org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversal.from(org.apache.tinkerpop.gremlin.structure.Vertex)

  • org.apache.tinkerpop.gremlin.process.traversal.dsl.graph.GraphTraversal.to(org.apache.tinkerpop.gremlin.structure.Vertex)

たとえば、以下のトラバーサルは許可されません。g.V().addE('something').from(g.V().next()).to(g.V().next())

サポートされていない Gremlin ステプ

Neptune は、以下の Gremlin ステップをサポートしていません。

  • Gremlin io( ) ステップは、Neptuneではサポートされていません。たとえば、クエリ g.io("graph.xml").read().iterate() は Neptune では機能しません。.

その他の機能

Gremlin の Neptune 実装には、graph オブジェクトは表示されません。次のセクションでは、graph 機能のうちサポートされるものとサポートされないものについて説明します。

Gremlin グラフでサポートされている機能

以下は、Neptune Gremlinグラフによって実装される一連の機能です。これらの機能は、graph.features() コマンドで返されるものと同じです。

グラフ機能 有効
Transactions true
ThreadedTransactions false
Computer false
Persistence true
ConcurrentAccess true
可変機能 有効
Variables false
SerializableValues false
UniformListValues false
BooleanArrayValues false
DoubleArrayValues false
IntegerArrayValues false
StringArrayValues false
BooleanValues false
ByteValues false
DoubleValues false
FloatValues false
IntegerValues false
LongValues false
MapValues false
MixedListValues false
StringValues false
ByteArrayValues false
FloatArrayValues false
LongArrayValues false
頂点の機能 有効
MetaProperties false
DuplicateMultiProperties false
AddVertices true
RemoveVertices true
MultiProperties true
UserSuppliedIds true
AddProperty true
RemoveProperty true
NumericIds false
StringIds true
UuidIds false
CustomIds false
AnyIds false
頂点プロパティ機能 有効
UserSuppliedIds false
AddProperty true
RemoveProperty true
NumericIds true
StringIds true
UuidIds false
CustomIds false
AnyIds false
Properties true
SerializableValues false
UniformListValues false
BooleanArrayValues false
DoubleArrayValues false
IntegerArrayValues false
StringArrayValues false
BooleanValues true
ByteValues true
DoubleValues true
FloatValues true
IntegerValues true
LongValues true
MapValues false
MixedListValues false
StringValues true
ByteArrayValues false
FloatArrayValues false
LongArrayValues false
エッジ機能 有効
AddEdges true
RemoveEdges true
UserSuppliedIds true
AddProperty true
RemoveProperty true
NumericIds false
StringIds true
UuidIds false
CustomIds false
AnyIds false
エッジプロパティ機能 有効
Properties true
SerializableValues false
UniformListValues false
BooleanArrayValues false
DoubleArrayValues false
IntegerArrayValues false
StringArrayValues false
BooleanValues true
ByteValues true
DoubleValues true
FloatValues true
IntegerValues true
LongValues true
MapValues false
MixedListValues false
StringValues true
ByteArrayValues false
FloatArrayValues false
LongArrayValues false

このページの内容: